「野猫へのエサやりに関して」への4件のフィードバック

  1. 野良猫の餌やりについてですが、函南地区エメラルドタウン在住の初老の女性方が、ダイヤランド区内で餌やりをしているので非常に迷惑をしています。
    猫の虐待問題もありましたが、エメラルドタウンの住民の方には、非常識な方が多く大変困っております。
    エメラルドタウン側でも、犯人はほぼ特定されていると思いますが、管理組合や理事が動かないので、少しは具体的に動いていただきたい。

  2. エメラルドタウンには非常識な住民が多く困っていらっしゃるとの事ですが、無責任に犬や猫を捨てていくのはむしろダイヤランド利用者なのではないかと思うのですが… そして捨てられた犬猫を、伊豆の国市のボランティアの方が保護してくださったと聞いたことがあります。老人に餌やりをやめさせることも大事ですが、これ以上野良猫を増やさない努力をしていかないと、いつまでたっても解決されない問題だと思いますよ。

    1. 野良猫が増えている原因は、餌やりによる繁殖が主です。
      確かに捨て猫や捨て犬がいるのも事実ですけど、彼らは、急に自然に放させれ生きていけると思いますでしょうか?
      大抵の場合は、ペットは自然に放たれると、食料を摂取することができずに餓死にしてしています。
      ということはですよ、生き続けて、繁殖を繰り返しているということは、誰かが餌やりしているということなんですよ。それが今回の問題点なんじゃないんですかね?
      実際に近隣に無責任な方が餌やりして、猫缶をそのまま放置するので処分するのは近隣住民です。
      猫缶目当てにカラスや野生動物も集まってきますし、夏場は腐敗臭がします。少し下にイノシシの件もありますけど、餌があればこうやって寄ってきますよ。
      猫が可哀想だからと、言うので同情するのはわかりますけど、無責任な方が餌やり止めない限り、最終的には保健所行きとか駆除対象になると思いますが?
      本当にそれが良い手段なのか、と、思いますけど。

      そう言った事を、知っていて放置している管理組合に迷惑している状況です。

      1. 匿名希望様のおっしゃるとおりですね‼︎餌やりが居なくなれば、猫は餓死して繁盛しなくなります。
        5年程前からボランティアの方がダイヤランド内の野良猫繁殖地にて不妊去勢手術を行なってくれていました。昨年からはダイヤランド在住の有志がボランティアに方法を教えてもらいダイヤランド内と周辺の主要道路の繁殖地にて不妊去勢手術を行なっています。費用はフリーマーケットの売り上げと、寄付と、時には有志の自腹でまかなっています。手術が完了した猫は耳にカットが入っているので一目でわかります。この野良猫を捕まえ不妊去勢手術をし術後耳にカットを入れて生息地に戻す方法をTNRと言います。今のところ、この方法がいちばん有効だと考えています。現にゴミステーション34と谷下地区の野良猫は激減しました。世の中が殺処分に批判的な昨今、保健所はなかなか猫の引き取りをしてくれませんし、また野猫と家猫の区別が明確にはつけられないので、野猫と判断して駆除をしても犯罪扱いされ200万円以下の罰金をかせられる事もあるそうです。本当は餌やりが自費で不妊去勢手術を行うべきだと私は思いますが、みなさん何にも考えずに餌をばら撒き良いことをした気分になっているのでしょう。
        TNRの活動はすぐに結果が出ない上、逆に手術をすることが虐待ではないのかという意見もあって、時には心が折れそうになります。そんな中、匿名希望様のように何らかの関心をよせてくださる方がいてくれるだけで、とても心強いです。これからも引き続き、厳しいご意見よろしくお願いします。

ダイヤランド猫の会メンバー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。