光回線に関する森町長の見解

2018年3月11日、丹那農村環境改善センターにて「森町長を囲む会」が開催されました。
その中で多くの時間を割いて光回線の実現に関する見解が述べられました。

森延彦(函南町長)の発言の要点

光回線ケーブルに関しまして、先日の議会で答弁したことを中心に骨子だけ簡潔に申し上げます。

■地域格差の問題

これだけの情報化社会が進んでいる中で通信環境の整備の遅れというのは地域格差に結び付く問題だと私は認識しています。
同じ函南町に住みながら十分な通信環境を享受できないというのは忌々しき事態だと理解しています。

「町長と語る会」「ブロック懇談会」など様々なかたちで要望がよせられていることは承知しています。
しかし、これは民間事業者がやると言わないとこれはできない事業です。
先ほど説明のありました(事業者負担分の)3分の2を出す業者が来ない限り、町と県が残りを出しても実現できない事業であることをまずご理解いただきたいと思います。

既にNTT西日本とTOKAIに打診をしていますが、採算性の問題で難色を示すのは言うまでもありません。
それは通信網を整備したらそれでアクセス(契約)して貰えるのかということす。向こうも事業者ですので赤字を覚悟で先行投資はしないということです。

■協議会の設立

その解決のため、町に協議会を作り佐野総務部部長をリーダーとして大勢の方に参加していただきました。
そして、10の自治会の人たちからこの3月に要望書を提出していただきました。
この種の要望というのは陳情ではなく、まさに要望です。
「ぜひやってくれ」という熱い要望が通じるということが重要です。

これは町にだけではなく、通信事業者に対してもこれだけの需要があることを汲み取って欲しいと要望することが必要です。

■町の人口の1割の問題

丹那小学校区の人口は函南町の約1割を占めています。
その1割の人たちが不便を被っているというのは忌々しき事態ですので一刻も早く解消する必要があります。
さきほど伊豆の国市の話がありましたが、私たちにとってありがたいのはかなり近くまで光ケーブルが来ているということです。
そこをどうやって延伸していただくかというのがこれから大きな勝負だと思っているところです。

■スピード感を持って

それから、静岡県の情報通信計画では光回線を県全体で網羅しようということで進んでいます。
県の補助金を得るためには基本計画を30年度の秋ぐらいまでに作らないとその次の予算の採択にはなりません。
そういった意味でもスピード感を持ってやらなければなりません。

私も全面的に支援することの覚悟はできてます。
「地元の方々の強い要望」「町の姿勢」「県・国の支援」「通信事業者への働きかけ」
これら4つの要素が不可欠です。
ぜひ私としても努力はお約束しますが、住民の皆さんの更なる支援をお願いいたします。

投稿者: 広報部

広報部会

「光回線に関する森町長の見解」への3件のフィードバック

  1.   すばらしい町長を囲む会が実施できたと思います。光回線の問題のみならず丹那小学校区(丹那区、ダイヤランド区、エメラルド区、他7区)の抱える問題を皆さんが同席して議論できた初めての?会合では無かったかと思います。会合の最初に石川議員から以下の説明がありました。。。約半世紀前にダイヤランドが出来る前に、熱函道路建設のために切り崩した土砂を埋める場所を提供したり、道路建設のために大型トラックが通れる道を作るために丹那の人々が土地を提供したり、また同時に水田の構造改善事業を行い今の30アールぐらいの真四角な田畑の形に整理されたわけです。丹那の人々は自分たちの土地をそういう用途に替えることに協力したという歴史があったわけで結果としてダイヤランドの誘致にもつながったようです。そういう歴史を経て、今の丹那盆地、ダイヤランドの姿があるわけです。
      光回線についてもダイヤランドだけで無く、丹那小学校区全体の声を上げて、一緒に議論し、進める事の重要性を確認できました。光回線のみならず、丹那地区の方が子どもための公園整備の話しも出されました。町長も前向きに検討する旨の回答がありましたが、これらもぜひ丹那地区の子どもさんとダイヤランド地区の高齢者が一緒に集い楽しめる公園を整備すべきだと強く思いました。
      以下は当日の私の説明(吉原さんの説明を補足する光回線の説明)の資料です。pcやスマホを余り使わない高齢者の皆さんも、これからのIoTの時代には光回線等の高速インターネットが必須になることを説明したつもりですので。。。ぜひ森町長には頑張って頂きましょう!!!
      https://photos.app.goo.gl/fiP5LWMPwop6qtyI2

  2. 先の投稿を一部修正します。
    元:これらもぜひ丹那地区の子どもさんとダイヤランド地区の高齢者が一緒に集い楽しめる公園を整備すべきだと強く思いました。
    訂正:これらもぜひ丹那小学校地区全体の子どもさんと高齢者が一緒に集い楽しめる公園を整備すべきだと強く思いました。

  3. 更に石川議員から以下の情報を入手しました。熱函道路が出来た昭和48年ごろに、当時ダイヤランドは水道に困っており、井戸水を掘る作業も失敗し、丹那盆地の現在の農村環境改善センターの上方にある県水(静岡県の給水関連部門?)から太い専用の水道管を引いてもらい、現在の第1警備室の所までは落水の力(パスカルの力?)で水が来て、それから先は電動ポンプでその給水を押し上げる形になったと言う事です。。。。よってダイヤランドの給水は近隣と異なり少しお値段が高いようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。