なぜ、町は住民の生命・財産よりも業者の利益を守ろうとするのか?

田中建設部長の答弁とその解説

2020年9月3日、函南町議会で大庭桃子議員が行った一般質問「軽井沢のメガソーラーの行方はどうなるのか」に対する答弁を解説します。

【答弁①】

「再エネ条例の適用にかかる着手日の捉え方についてお答えします。
『函南町自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例』の適用に付きましては、昨年の議会でも回答しておりますとおり、全面的に条例を適用することにつきましては事業者に対し条例を遡って適用することにつながり、行政権の濫用と判断される恐れがあるため適用することは難しいと考えております。」

結論
条例を遡っての適用にはなりません。従って行政権の濫用にはなりません。

根拠
最高裁判例より明らかです。
工事着手前に施行された法律や条例は全面的に適用されます。

解説
条例の文言で判断が分かれることは、よくあることです。
それ故、条例の文言の解釈や運用権は、その条例を制定した自治体にあります。

ただし、それは無制限に許されるものではありません。
もし、無制限に許されてしまうと、時の権力者の独断で、ある者には条例を適用し、ある者には条例を適用しないという不平等が生じ、憲法に定められた法の下の平等に反する行為が行われてしまうからです。

それでは、自治体に許される条例の解釈や運用の範囲はどのようなものでしょうか。

最も重要なのは、法律や条例の冒頭に必ず規定されている、法律や条例の目的です。

この目的から逸脱した法律や条例の解釈や運用は違法行為 ( 行政権の濫用 ) となります。
それでは、本件条例の目的を見てみましょう。
条例には「災害の防止」や「住民の安全を守る」ことが主たる目的として規定されています。
事業者のことは何も規定されていません。

条例の目的に沿って解釈し、条例を適用しなければなりません。
そして、その条例の目的に沿った解釈運用である限り、行政権の濫用にはならないのです。
ご理解頂けましたでしょうか。

以上の理由からも明らかなとおり、田中部長の答弁には法的根拠が無いばかりか、函南町は、最初から軽井沢メガソーラー建設の事業者に条例を適用したくないという意図を持って、1年以上、現在に至るまで、その様な根拠無き答弁を繰り返し、議員や住民を騙していると言っても過言ではないでしょう。

【答弁②】

「しかしながら、条例施行日において、『既に、法令の規定に基づく許認可の申請もしくは届出を行っている場合』『既に、稼働中の発電設備』であっても施行日以降の変更の届け出やそれに伴う町長の同意、稼働状況等に関する報告、事業の廃止等の届け出については、条例が適用できるものとなっています。」

結論
条例適用に関して意図的に理解し難いように答弁しています。

解説
上記の答弁は、一見、条例の部分適用を述べているように見えますが、下線部の説明は、全く別次元のものを、わざと並列して挙げ、意図的に理解し難いように答弁しています。

県のモデルガイドラインには、太陽光発電事業を行うために必要な許認可として27の関係法令が示されています。
現在、取得している許認可は、その内、たった一つ「林地開発許可」だけです。

条例の施行前に、『既に、稼働中の発電設備(発電事業を始めた事業者)』に対する答弁部分は不十分ながら正しいです。(ブルー社は当然該当しませんが)

しかし、『既に、法令の規定に基づく許認可の申請もしくは届出を行っている場合』についての答弁は間違っています。

ブルー社は行政機関 (本件では東部農林事務所)に平成30年10月31日に林地開発許可申請書を提出し、即日、受付がなされました。
「受付」とは、申請書類の内容を点検したり審査することではなく、単に申請書を受け取ったに過ぎません。
許認可は、必要な書類を基に審査する訳ですから、不十分な段階では審査はできません。
申請されたからといって、全て許可や認可される訳ではありません。
当然、不許可になることもあります。

私たちは、ブルー社の提出した申請書類を情報公開請求により入手して点検しました。やはり、何度も補正や補足が繰り返されており、審査まで数か月かかり、受付から許可されるまで一年近くかかっています。

以上の理由から、お分かり頂けたと思いますが、函南町のように申請や届出をした時点で、事業は開始していると判断している行政機関は日本には存在しません。

【答弁③】

「また、3月定例会におきまして函南町の条例は届け出日を起点としているが他の市町の条例のどの部分と考え方が類似していると考えるかという一般質問に対しまして工事の着手ではなく法令の許認可等をひとつの起点としている考え方が県内のいくつかの市町と類似していると回答しているものであります。」

結論
函南町の条例には、事業の着手は届出日が起点であると規定した条文はありません。

解説
「函南町の条例は届出日を起点としている」との答弁は、事実に反します。
「工事の着手ではなく法令の許認可等をひとつの起点」との答弁は、極論に基づくものです。

過去の答弁でも明らかなとおり、県のモデルガイドラインに基づいたものとのと説明していますが、県の再エネ課の課長に確認した結果、モデルガイドラインは事業者が届出をする時期を示しただけで、事業着手の時点だとは考えていないことが明らかです。( 函南町独自の考えであることを確認済みです。)

静岡県のみならず全国の市町も、いずれも工事着手の前に条例が施行されていれば適用するとの考えです。
それが証拠に、伊東市をはじめ四万十市などにおいても条例を適用しています。
それにより事業者から自治体は訴えられていません。
理由は簡単です。
最高裁判例が示すとおり、工事着手前に施行された条例の適用を不服として裁判所に訴えても、事業者は勝てないからです。

伊豆半島では、確かに、下田市、東伊豆町、河津町は、事業者が一つ残らず許認可を取得しており、いつでも工事に着手できる段階に至っているなら、条例は適用しないとの考えです。
この考えは、工事に着手していなくても、着手のためのすべての手続きが完了した段階であるが故に、着手と同等にみなすという判断をしているもので合理性や妥当性があるものと思います。

しかし、函南町は、必要とする許認可のただ一つ、それも申請もしくは届出していれば、条例を適用しないとする考えは、全国市町との考えと余りにかけ離れたものと言えることが、ご理解頂けたのではないでしょうか。

※いずれにしても、函南町の答弁や私たちの解説を鵜呑みにするのではなく、皆様方、ご自身が関係機関にお尋ねいただき、どちらの説明が本当かを確認して頂けると真実が明らかになると思います。
いずれの行政機関も、質問に対して誠実かつ親切にお答えして頂けますので、お気軽にお尋ねください。

一般質問「軽井沢のメガソーラーの行方はどうなるのか」
(函南町議会2020年9月3日)
動画はこちら

【提言】町民の命や財産を守るため条例適用を!

4+

「なぜ、町は住民の生命・財産よりも業者の利益を守ろうとするのか?」への13件のフィードバック

  1. 議会の答弁は分かりにくいですよね。
    ダイヤランドニュースは分からやすくて助かります。
    函南町が条例適用しない理由が法的なものでなくて、なんか怪しい理由からなんでしょうね。
    だから条例適用する気がないわけですか。
    いつか歴史が明らかにしてくれるでしょう。しかしそれでは遅いですが。

    2+
  2. 次回の三者会談はどうなっていますか?
    住民側から次回開催は9月上旬で日程調整を求め、副町長は約束したのに、あれからどうなってるのですか?
    次の日程連絡が入っているなら、是非、早めに教えてください。
    よろしくお願いします。

    4+
  3. 私も次の三者会談の日が気掛かりです。前回行けなかったので次回は必ず傍聴にいきたいので。

    3+
  4. 皆様方
    三者会談のお問い合わせコメント
    ありがとうございます。

    まず、結論からお伝えします。

    函南町は、次回の三者会談の日程調整は全くしておりません。

    今日、県森林保全課に確認した結果、
    函南町は、私を含め誰にも連絡は入って降りません。

    県に確認した結果、
    函南町から三者会談の日程調整は一切ありません。
    との回答でした。

    函南町は、真実を明らかにして、軽井沢メガソーラー建設を本気で止める気が全く無いことが、このことからもご理解して頂けるものと思います。

    ブルー社は水面下で環境アセスをやるために町内で動きまわっています。

    当然、トーエネックも承知していると思います。100億円以上の資金を出している立場ですから。

    ブルーやトーエネック社は、来年の夏か遅くとも冬には工事に着手する計画ではないかと推察します。

    函南町が、条例を適用する考えが無い以上、建設阻止するために残された法的手段は、
    ・ 条例不適用「町長の不作為」に対す
     る義務付け行政訴訟
    ・ ブルー社に対する工事差止め訴訟
    など
    伊東市同様、法廷闘争しかありません。

    法廷闘争の準備は整いつつあります。

    しかし、裁判をするかどうか、それを最後に決めるのは、町民の皆様方自身です。

    私は、軽井沢の山に巨大なメガソーラーが建設されれば、函南町や住民の皆様方が取り返しのつかない甚大な被害に遭うおそれがあるとの危機意識から、1年以上、必死に取り組んできました。

    しかし函南町の行く末は、やはり皆様方自身が決めることです。
    私が決めることではありません。

    私に出来ることは、ここまでです。

    他に建設を止める方法があるなら、それに挑戦されるのも良いと思います。

    中野議長がリーダーシップを発揮し、議会の意思として条例適用を仁科町長に要求し、町長の判断を改めさせることが出来れば建設を止めることは可能だと思います。

    中野議長に期待するばかり。
    函南町を救って頂ければ、それにこしたことはありません。

    私は、決して好き好んで裁判闘争を望んでいるわけではありません。 
    くれぐれも、誤解なきようお願い申し上げます。

    最後に、
    函南町の行く末や町民皆様方の安全と幸福を心から祈っております。

    7+
  5. 補足

    今後の展開と対応シュミレーション

    ① ブルーやトーエネック社が、条例に
    基づく届出をせずに工事に着手した
    場合
    → 条例届出違反(無届出)となります。
    → 条例違反で経産省に告発します。
    → 事業者には条例を遵守しなかった
      場合はFIT法によりFIT( 売電権 )の
    認定取り消し対象になります。

    ② ブルーやトーエネック社が、条例
      に基づく届出をした場合
    → 条例により町長は、
     ・ 同意か不同意の判断しなければ
       なりません。
     ・ もし、同意も不同意もせず放置
       したなら、町長の不作為による
       条例違反が成立します。
     ・ 町長が同意した場合は条例違反
       になります。
       【理由】
       建設予定地は、条例で「抑制地
       域」に指定されているため条例
       により町長は同意をすることは
       できません。
       ※ 町長には「不同意」の選択
         肢しか無いのです。

    ブルーやトーエネック社が、町長の同意なく工事に着手した場合、
    → 条例違反になります。
     【理由】
      函南町の条例に、町内で太陽光発
      電事業をしようとするときは町長
      の同意を得なければならない旨規
      定されています。
      ※ 町長の同意無く工事は出来ま
        せん。
        もし行えば条例違反になりま
        す。

    事業者にとって、この条例が最大のネックになっている理由をご理解頂けましたでしょうか。

    伊東市や四国の四万十市では、函南町と同じ状況下、条例を適用して建設を阻止しています。
    条例適用して、事業者から訴えられた事例はありません。

    以前
    悪質な事業者が反対住民に対して賠償を求めるスラップ訴訟
    《嫌がらせ訴訟》
    を起こした事例はありますが、裁判で住民側が勝訴しています。
    さらに、裁判所は、事業者に対して、住民側に賠償金を支払うよう命じる判決をしています。

    8+
  6. 山口様
    ご説明とてもわかりやすいです。ありがとうございます。
    補足の説明を見る限りでは、既に工事は不可(無理に着工したとしても)と読めます。

    これに対するリスクはなにになるでしょうか?
    例えば②で町長が同意することも考えられるのでしょうか?
     ・「今までの訴えられるかもしれない」を理由にして同意してしまう。
     ・あるいは同意そのものが条例違反になるので絶対に同意ができないか → これなら良いのですが
     ・それでも同意してしまえば、業者は工事できてしまうのか(町長の責任は問えるが工事は止められない)?

    今の動きを見ると、工事が出来ることを確信しているように見えるので心配です。

    5+
    1. 一住民さま

      コメントありがとうございます。
      正確に説明しますと、
      ・ 昨年7月8日に知事から林地開発
        許可がされていますから、ブルー
        社は、環境アセス条例に基づく調
        査手続きが終了すれば、函南町の
        条例を無視して工事に着手するこ
        とは可能です。
        ただし、FIT法には、
        「事業者は条例を遵守しなければ
         ならない。」
        「条例を遵守しない場合はFITのID
        (売電権)の認定を取り消す」
         旨の規定があり、事業者側が条
         例に従わざるを得ないので
         す。
         売電権が取り消されたら、いく
         ら発電しても経営が成り立ちま
         せん。 
      ・ 太陽光発電条例は、罰則もなけれ
        ば事業を規制する強制力はないの
        です。 
        所詮、努力義務の範疇ですから、
        事業者は無視できますので、条例
        適用しても条例には権利を制限す
        る権限がありませんから訴えられ
        るわけがないのです。
        これは、
        例えるな、議会で建設反対決議を
        しても訴えられないのと、ある意
        味同じだと思います。

        事業者が訴えるとすれば、FIT法に
        より認定を取り消しす経産省で
        す。
      ・ 町長が今後、どの様な対応するか
        によりますが、いずれにしても、
        事業者が住民の生命や財産に甚大
        な被害を及ぼすおそれがある工事
        は認めるわけにはいきませんか
        ら、事業者に対する工事差止め訴
        訟は不可欠だと思います。
      ・ 事業者は、1年事業が遅れると約
        12億円の利益を失うわけですから
        必死です。
        トーエネックの親会社の社長は、
        今年の株主総会でトーエネックに
        は法令遵守、コンプライアンスを
        遵守するよう指導していくと株主
        に約束し、マスコミに公表したの
        ですから、中部電力の真価が問わ
        れることにもなると思います。

        まさか、中部電力が関西電力のよ
        うな不正は行わないとは思います
        が、今後の対応を見ていかない
        と、全面的には信用はできませ
        ん。

      6+
      1. 山口様
        ご説明ありがとうございます。

        いろいろ説明いただきましたが不安なのが以下の点です。

        「条例を無視しても着工できるが無視した場合は売電権を取り消すことができる。」
        ここで町長(あるいは議会というか町)が条例を適用しないのではないかと感じます。
        これが先に質問したリスクの部分ですが、この点はいかがでしょうか?

        事業者は、可能と考えているから未だに投資を続けていると思います。
        それがなにか? その「なにか」がリスクでありそこに対策が必要です。

        質問ばかりですみません。今までの状況を読んでいるとわからなくなってしまっています。

        2+
        1. 一住民さま

          補足説明させて頂きます。

          事業者が、
          ・ 届出をせずに工事に着手した
            場合
            → 条例違反です。
              町長が経産省に通報
              しない場合
              住民が条例違反を経産省
              に通報します。
          ・ 届出をした場合に、
            町長が同意するなら、
            → 町長の条例違反が成立
              住民が裁判所に同意の取
              り消しを求めるとともに
              工事の差止め訴訟を行う
              必要があります。
              町長は同意も不同意もし
              なかった場合は、町長の
              不作為を理由に義務付け
              訴訟を行う必要がありま
              す。
          ※ 町長らの秘策?
            条例施行後に計画が変更する
            場合は、届出が必要で、その
            同意・不同意は適正にします
            と公表しています。
            しかし、これは違法行為です。
            変更とは、その前提である条
            例に基づく届出があってのこ
            とです。
            前提の届出による同意無しに
            変更届を同意するという方法
            を考えている可能性がありま
            す。
            もし、その方法で切り抜けよ
            うと考えているなら、町長ら
            は、そこまで小細工してでも
            何としても建設をさせなけれ
            ばならない不都合な真実があ
            ることが、より明確になると
            思います。
            様々な疑惑を解明するのは、
            静岡県警察の使命です。
            住民多くの命や財産の掛かっ
            た重大な事案(疑惑)ですか
            ら、警察の威信に掛けて頑張
            って頂けるものと期待してい
            ます。
            三島警察署長が函南町民との
            ことですが、まさか町長らの
            疑惑捜査に手心を加えるとい
            うことは絶対に無いと、私は
            警察を信じています。
            
          ※ 建設を阻止し疑惑を解明出来
            るかどうかは、函南町民の意
            思や関心、それに行動に掛か
            っています。

            私に出来ることは、皆様方を
            微力ながらサポートすること
            だけです。

            主役は、皆様方、地元の住民
            であり、被害に遭われる可能
            性のある方々だと思います。

            函南町の未来を決めるのは
            皆様方です。
            私ではありません。

          6+
  7. 南箱根地区・軽井沢地区が中心となり
    法廷闘争を行うべきです。
    現状打破にはそれしか方法がありません。
    函南町民には法廷闘争に持ち込む主体性はまずありません。
    私個人としてもできれば1人で業者を訴えたいのですが…
    年に1回行くか行かないか…家から遠い丹那のために仕事をほったらしてまで
    裁判をを行うことはできません。
    しかし南箱根地区・軽井沢地区が法廷闘争始めたならば
    裁判費用はカンパで賄うことをおすすめします。
    私も協力しますし反対署名をしてくれた3万人も協力するでしょう。
    そして必ず町と業者のメガソーラ建設計画を打ち砕きます。
    それでも負けて建設されるかもしれませんが…
    裁判までやればある程度溜飲は下がります。

    5+
    1. 丹那のために?仕事をほったらかしにできない?丹那だけの問題ではありません。函南町全体の問題。函南町民のためでしょ。昨年の台風19号の被害で下流域の人たちは痛感しているはずです。山の被害よりも下流域の被害の方が大きかったです。一年経ったらもう忘れてしまったのですか?建設地の山を大規模な森林が伐採さされれば保水力がなくなり、下流域は台風19号の時より被害がもっと大きくなるでしょう。
      お金さえ払えばいいのですか?他の人の命はどうでもいいのですか?
      私たち住民が安全で安心して暮らせるようにするのが町長や議員たちの務めではないですか?
      町長と議員は条例を適用し事業を中止して安心して暮らせるような函南町にして下さい。

      5+
      1. まったく同感です。
        町長や議員が本気で建設を止める気があれば住民はこんなに悩んだり心配する必要がないわけですから。
        住民の期待に応えられない町長や議員は次の選挙で辞めてもらいましょう。
        でないと函南町で安心して暮らせません。

        8+
  8. 函南町民や周辺市町の住民に被害を及ぼす計画を進めているのは誰ですか?
    それは、
    中部電力グループのトーエネック社と怪しげな会社ですよね。
    その計画を止めようとしないのは誰ですか?
    それは、
    仁科町長や町の幹部職員達ですよね。
    もし将来、被害が発生したら誰が賠償責任があるのですか?
    それは、
    事業者であるトーエネックですが、親会社にも責任がありますよね。
    それからブルー社、それに条例適用を拒んで建設を本気で阻止しようとしなかった仁科町長や佐野副町長、それに関係した町幹部職員ですよね。
    このことは、
    町民だけでなく、裁判官や警察官、知事や県職員、議員、経産省の職員の方々、覚えておいてください。
    私達はいつまでも絶対に忘れません。未来の被害者より

    4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。