ブルーキャピタル社「工事は強行しない」と明言

「大半の住民が反対の中で工事は強行しない」(ブルーキャピタルマネジメント兼田取締役)

静岡新聞(2020年11月7日版)

11月4日に開催された住民説明会の中で、住民からの問いに答え開発業者であるブルー社は多くの反対する中では工事は強行しない旨の約束を明言しました。

一方の発電事業者のトーエネックは「住民の理解を得なければ事業は成立しない」としつつも工事の強行に関しては言葉を濁しました。

FIT認定事業者であり、最も多くの責任があるトーネックの煮え切らない態度に住民の不安は増すばかりです。

トーエネックの無責任回答

14+

「ブルーキャピタル社「工事は強行しない」と明言」への13件のフィードバック

  1. 「反対には理由がある。解消できるように努める」という(株)ブルーキャピタルの言葉について、「理由」として何を具体的に捉えているのか、11月17日(火)の説明会で質問をしたいと思います。

    ブルーキャピタルのご担当者様 こちらをご覧になっていたらご用意をお願いいたします。
    できれば、どのように解消するかのプロシージャ―も示していただけると、その点についてまた質問させていただけますので、より有意義な議論になるかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    (株)トーエネックについては、深い疑義を感じている住民が多いので社長がいらしていただくことを望みます。できれば現地の視察もお願いいたします。

    13+
  2. まあ、町長、議会が建設に賛成で、
    被害に遭うおそれのある住民、つまり、柿沢川の下流域(沼津港)の方々の半数以上が賛成しないとダメと違いますか?
    それが常識的な判断基準だと思いますが、皆様方はどう考えますか?
    教えてください。

    5+
    1. 命に関わる問題だから、少なくともその被害を被る可能性のある人たちには100パーセント安心できる対策をとり納得してもらう必要があるでしょう。

      そういった人たちが納得しているのに、関係無い人がいつまでもイチャモンのように何となく嫌だというのは無視していいと思います。

      それがここで言う「大半」という意味だと思います。

      5+
  3. ブルー社は函南町との協議簿の中に以下のように書いています。
    「函南町は水害に悩まされている地域の為、5ha以上で下流地域(狩野川まで)の自治会の同意が必要となる」

    しかしブルー社は自ら必要と書いておきながら、まだこの同意書を取っていません。
    少なくともこれは最低条件と言えるでしょう。

    5+
  4. 大半の住民?
    それは大半の住民だから、被害にあうおそれのある地域の殆どの人が賛成しないと駄目でしょう。
    農業で生計をたてているのに農産物が被害にあったら、その責任を会社に取るという保証をもらわないと賛成なんかできるわけないだろ!
    命も大事ですけど生活も大事ですよ!
    収入を奪われたら生きていけないですよ!
    丹那や軽井沢だけの問題じゃないですよ!

    9+
    1. メガソーラーの建設をするなら、
      町長
      議会
      柿沢側下流域で水害にあうおそれのある全ての地区
      の同意がなければ、絶対に工事は始めないでください。

      5+
  5. 考える会の方
    ありがとうございました。
    ブルー社やトーエネック社の責任者に、住民が反対している以上、工事は強行しない。ということを住民に約束させて頂き、ほんとに安心しました。
    伊東市で問題となっている韓国企業ハンファの様な会社でなくて良かったです。
    ブルー社やトーエネック社の責任者の方、約束は絶対に守ってくださいね。
    住民を裏切らないでくださいね。

    5+
  6. ブルーの方が住民が反対している状況で工事を強行しません。て、直ぐに約束しましたよね。
    トーエネックは中々約束しませんでしたよね。
    これって、ブルーは約束をいつでも破るつもりだから簡単に約束したんじゃないですか?
    トーエネックは真面目な会社だから、守れないかもしれない約束はしずらくて曖昧な返事になったんじゃないですか?
    考える会の方にお願いです。
    次回の住民説明会のとき、しっかりと約束させてください。
    よろしくお願いします。

    5+
    1. わたしも最初はトーエネックはちゃんとした会社だと思っていましたが裏で条例逃れを企んでいることを知りとても信用できなくなりました。

      4+
    2. 同感です。
      口約束は単なる口約束だと思っている会社は簡単に約束するでしょう。その意味では(株)トーエネックの対応のほうが正直かもしれません。
      ただ、この記事がこうやって残っていることの意義はあると思います。裁判等で使えるかもしれません。

      町は心配せずに条例適用してもらっていいと思います。函南町はもっと「反対しているけれども中止になっていない。このままでは建設されてしまう」ことを住民に知らせる義務があると思います。広報「かんなみ」に全くそのあたりがないこと等 不信感を持っています。

      10+
  7. ブルーは約束を守るような会社じゃないですよ。
    函南町のみなさん、騙されないように。

    7+
  8. 約束?
     ふざけるな! と言ってやりたい。
    地元住民を散々騙したくせに!
    嘘の書類を作るは、地元住民の一部に利権をエサに地元の同意を取り付けようとしたり、そのお陰で地元住民は長年仲良く暮らしてきたのに、その人間関係までも無茶苦茶にされてしまった。
    そのことについて嘘を付いた事実すら認め謝ろうともしない。
    そんな会社を許せるわけがありません。
    町民のみなさん、騙されないでください。そんな会社ですから。

    5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。