方法書説明会(1)「方法書の作り直しを求める」

2020年12月22日、函南町文化センターにて事業者による環境アセス方法書の説明会が開催されました。
住民の多くからこの計画を不安視する意見が出されましたが事業者はその殆どに回答できませんでした。

以下は環境アセスに詳しい住民からの質問です。

事業の情報が書かれていない

日本気象協会の方には申しわけありませんが、非常にできの悪い方法書です。
質問は山のようにありますが、時間の関係もあるので6点だけに絞って意見を申し上げますので、どう対応するつもりかお答え願います。

まず最初に方法書を読ませていただいてますが、そもそもこの事業がどういう事業かということの説明が殆どされていない。
例えば、工事車両が走るルートなどが入ってますけども、一体どれぐらいの台数のクルマが走るのかといった数値が全然出ていません。
造成工事をするという説明はありますが、どの程度の土を動かすのか?土工量も全然書いてありません。

それから以前の住民説明会でもいっぱい意見が出ましたが、皆さん調整池の構造が大丈夫かということを心配されていますけども、そもそもどういう構造の調整池を造るのか、どういう安全性のチェックをして、どういう設計になっているのかということもまったく書いていません。
こんな事業の情報が書かれていないようなことですと、そもそもアセスメントとかこの事業ができた時に、太陽光を造る最中にどういう影響が出そうなのか。その影響の度合いを予測し評価するものにも関わらず何をするのかわからないものですから、そもそも方法書としての体を成していないと言う風に思います。

実際に前回の説明会でもさんざん安全だということおっしゃっているわけですから、調整池とか排水路とか全てちゃんと設計しておられるでしょうから、それをちゃんと開示をしてその上でどういう予測をしなきゃいけないのかと、どういう範囲をどんな方法でやらなきゃいけないのかと、いうことについて意見を求めるべきだと思います。
それが1点目です。

水害に関する項目なし

それから2つめは評価項目、検討項目についてですが、これも先日の説明会で住民の皆さんが凄く心配していたのは水害です。浸水被害です。にも関わらず、そもそも項目として水害が取り上げられていないというのはあり得ないです。
当然、前回の説明会でも話が出ていますし、話されていると思いますがこのあたりは大雨が降る度に浸水被害が発生したりしている。そういう過去の被害状況もまったく記載されていません。誠にピントのずれた対応で、水環境に関しては水の濁りだけしか検討しないこれもありえない話だと思います。

どんな水害が起こりうるのか。当然、林地開発許可も出ているわけですから、ある強度の水、雨に対してこういう風に安全だということまでは計算されているだろうと思いますが、例えばそれが本当にその水が流せるのかという現況調査であるとか、あるいは「想定外」という言葉がよくありますが、想定外の雨が降って、あるいは調整池がオーバーフローするような状態になったときに、どんな被害が起こるのかと、そういうことを予測評価するのが環境アセスメントですから、当然そこまで含めて水害、浸水被害について予測評価をぜひしていただきたいというのが2点目です。

調整池直下の活断層、その安全策は?

それから3点目も、これも地元のみなさんが凄く心配されているのが土地の安定性、いわゆる土砂災害が起こらないのかということの心配です。資料の中には表記されていますが、今日はご説明で一切触れられていませんが、この区域の中に活断層が何本も通っているということはご承知だと思います。その活断層の真上に調整池の堤体が造られる計画になっています。
そんな危険な計画をしているにも関わらずそのことにまったく触れられていないというのは、これもありえない話だと思います。

更に安定性の話で言うと、ここはいわゆる東海地震、南海トラフの東海地震の区域に入っています。これも30年以内に起こる確率が70パーセントから80パーセントと言われている、マグニチュード8クラスです。その大地震が起こったときに本当に堤体が大丈夫なのか?

環境アセスとは何か?

環境アセスというのは先ほども申し上げたようには最悪なことが起こった時にどんな被害が起こるのか、予想されるのかということがアセスメントの役割ですから、それこそ満水時にマグネチュード8クラスの地震が起こった時にあの軟弱なスコリア層のしかも活断層の上に巨大な調整池が造られる。それが保つのかどうか、万が一、それこそズレたときに一体どういう被害がそこで起こってしまうのか、それを明らかにするのが環境アセスメントの重要な役割だと思いますので、それも当然ぜひお願いしたいという風に思っています。

わずか3キロの調査範囲

それから調査範囲の話で先ほど3キロという話ですが、何で3キロなのかよくわかりませんが、そもそも調査範囲というのは先ほども申し上げたように環境アセスメントというのはどんな被害が起こるかということを予測することですから、項目によって当然、調査範囲もみんな違います。

例えば、工事用の車両に関する検討。粉じん等となっていますが、実際に相当量の工事車両トラックが動くわけですから、当然、粉じんだけではなくて、いわゆる二酸化窒素等のNOxや二酸化硫黄等のSOxの検討も当然すべきですし、調査範囲についてもずっと熱海県道11号線ですか、旧道をずっと平井の方に走るわけですから、なんで3キロのところだけしかしないのか。工事車両が走るところをずっと追っかけて調査をして、どこまで行くと影響が通常の例えば騒音、振動の範囲に入ってくるのかと調査しなきゃいけないわけですから、3キロなんてことで距離を決めるのは明らかにおかしいという風に思います。
ずっとトラックが走ると想定されるところは当然調査すべきですし、粉じんだけでは無くて通常の大気汚染というのは、二酸化硫黄等のSOxも含めてやるべきだという風に思います。

調査は濁り水だけ?

それからこれも以前から住民の方からいろいろ意見が出ているはずですが、水環境の話で濁り水しかやらないというのは明らかにおかしいということは先ほど申し上げましたが、濁り水についても3キロしかやらない、それも明らかにおかしい。

以前の説明会でもあったと思いますが台風19号ですか、あのときは駿河湾まで土砂が流出して被害が起こっている。そういう事実があるにも関わらずその予測評価の範囲を3キロできるということはあり得ません。駿河湾まで含めて下流をずっと調査をし予測評価をしていただきたですし、先ほど申し上げたように濁り水だけの話ではなくて、水害についても、あるいは河川沿いの形態なんかの崩壊みたいなことも含めて、調査をして予測評価をしていただきたいという風に思います。

どこまで実行するかは事業者しだい

それから、先ほど評価の方法というところで、ちょっと出していただいていいですか?

アセスの時、よくこういう説明をしたがる方が多いですが「環境への影響が、実行可能な範囲内で・・・」この「実行可能な範囲内」というのはどういいうことかと。誰が実行可能と思うのか。
極端な話、先ほどから心配を皆さんしているという水の話にしても土砂災害の話にしても、事業者側としては「ここまでしかできません。だから実行可能な範囲はここまでで、まあ少なくともできる限り回避、軽減されているからいいでしょう」そんなことで、通用するわけがありません。

特に先ほどから申し上げている水害だとか土壌汚染だとか人の命、健康、財産に関わるようなものについては、影響が回避されない限り計画を止めるか、ちゃんと回避できるような計画に直すか、そうしなければ意味が無いわけですからこの評価の手法というのについても、ものによって評価項目によってきちんと変えていくべきたという風に思っています。

方法書の作り直しを求める

先ほどから非常にできの悪いところの重要なところだけご説明しましたが、そもそも本当にあちこちにおかしなところがある。これはもう方法書の体を成していない。今、申し上げた話、それからたぶん多数の意見書が出ると思いますが、そういう意見書を踏まえてもう一回、方法書を作り直してください。話になりません。
その上で、事業説明会をやり、住民の皆さんからの意見を踏まえて方法書を見直すということをやってください。

説明の中であまりありませんでしたが、方法書について意見書がいっぱい出たとしてもそれをどこまで取り入れるかということを少なくとも原案を作るのは事業者さんですから、我々は一体最終的にどういう調査をするのかということをお聞きした上で無いと意見の言いようがありませんので、もう一度、方法書を作り直して再度、縦覧等の手続きをしてください。

ブルーキャピタル社兼田取締役

方法書説明会(2)「浸水被害は調査対象外」

+3

「方法書説明会(1)「方法書の作り直しを求める」」への2件のフィードバック

  1. この態度
    環境アセスが終わり次第、工事を強行するつもりですよね。
    函南町の町会議員らはこれからどの様な対応をするつもりでしょうか。
    それとも手も足も出ず考える会の方らに頼り続けるつもりですか?
    町会議員らは責任を果たしてくださいよ。

    +4
  2. ブルー社の住民説明会が10月27日から12月23日の間、計5回行われましたが、一度も出席していない議員がいます。
    ・県会議員 廣●議員
    ・函南町
     加●、長●、杉●、、、、
     などの各議員
    この方々は、軽井沢メガソーラー反対と言っていますが、なぜ、参加しないのでしょうか?
    関心が無いのでしょうか?
    それとも、反対の振りをしているだけで、本音は推進派なのでしょうか?

    +4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。