疑問の残る函南町議会の異様な議事進行

2019年10月3日、函南町議会は「軽井沢地区におけるメガソーラー建設計画に対する反対決議」を全員の賛成で可決しました。
そのこと自体は歓迎すべきことです。

しかし、その過程で疑問の残る議事進行がありました。
わずか5分たらずので出来事ですので、まずはその様子を記録した動画をご覧ください。

中野議長
提案理由の説明を終わります。これより質疑に入ります。質疑はありませんか?
質疑なしとみとめます。これを持って質疑を終了します。
これより討論を行います。討論はありませんか?
2番、古村議員。

古村議員
2番、古村です。軽井沢地区におけるメガソーラー建設計画に対する反対決議につきまして、賛成討論を行います。
本年、初めからの町長、副町長、そして行政部門、議会の努力により条例を作成していただき、またこの議会中には2件の請願を検討いただき、本日、軽井沢メガソーラーへの反対決議を議決できることに大変感謝申し上げます。
特に仁科町長は軽井沢メガソーラーに対して不同意を貫き本9月議会でも特にできることは何でもやる、署名もやる、署名は既に2万通近く集まっておりますが、更に署名も強く推進していただき、また、工事も監視する、県の環境アセスを引き伸ばす策もやる、また10月1日には業者に条例の附則に則り届け出を求める約束をいただき、また実際に10月1日に届け出のあったことの新聞報道も確認できました。

しかしながら、10月1日施行のメガソーラー関連条例におきましては、行政部門の法的解釈とわたくしを含む「メガソーラーを考える会」9月21日に・・・。

仁菅議会事務局長
$*#@#・・・。

中野議長
古村議員、古村議員、古村議員

古村議員
はい?

中野議長
あの賛成討論は、決議案に対する賛成の理由、意見を述べる場ですので。

古村議員
わかりました。

中野議長
今の発言は、な、無しにしますので、注意します。

古村議員
9月21日の集会では100人程度と思われたところに200人以上の住民が集まっていただき盛大となりました。

仁菅議会事務局長
@#$*#・・・。

古村議員
我々の法的解釈では、軽井沢のメガソーラーを止めるためには3点あります。
第一に工事着工日が10月1日以降であれば現状の条例のまま全て適用できる。

仁菅議会事務局長
@#$*#・・・。

中野議長
古村議員

古村議員
はい。

中野議長
あの、先ほど注意しましたが、発言が討論の範囲を超えています。
会議規則第54条第2項により発言を禁止します。

古村議員
すみません。会議規則第52条に則り、地方自治法に則り、討論はできると考えております。
討論を続けます。
第2に、条例第9条第1項、第3項により事業者に不同意を伝えることができ、その先にFIT法により業者のIDを止めることができます。

中野議長
古村議員、3回目の注意です。

加藤議員
議長、じゃあ、動議。

中野議長
はい、加藤議員。

加藤議員
あの、議長の制止にも関わらず、自分の持論を述べるために続けるというのは、私は議長運営上、いやあの、議事運営上、誠に遺憾だと思います。
動議の発議をいたします。

中野議長
いまの動議に対して賛成者。

長澤議員
賛成。

(6〜7名の賛成)

中野議長
はい、じゃあ発言を禁止します。動議成立。
加藤議員。

加藤議員
あの、議長。

中野議長
はい、14番・・・。

加藤議員
あの、動議は通していただきましたけど、議会運営委員会を開催を求めます。

中野議長
はい、じゃあ暫時休憩します。

それでは議会運営委員会の皆さまはお集まりください。

議会運営委員会
委員長 加藤常夫(清風会)
副委員長 植松淳史(自由かんなみ)
委員 市川政明(清風会)
委員 土屋学(一心会)
委員 長澤務(清風会)
委員 大庭桃子(日本共産党)

 

【疑問1】なぜ発言の途中で止めるのか?

動画を見ていただければわかるように、古村議員の発言はまだほんの序盤です。
これから何を発言しようとしているのか、その趣旨はまだ殆どわかりません。
辛うじてわかるのは「条例の法的解釈」に関して何か言おうとし掛けたのかな?と言ったところ。
この程度で止めていては誰も何も言えなくなってしまうでしょう。
函南町議会では事前に提出した台本以外は読んではいけないのでしょうか?

【疑問2】何の「動議」に賛成しているのか?

言うまでもないことですが、そもそも「動議」とは会議中に予定外の議題を出すことです。
それ以上でも以下でもなく、ただ予定外の議題を出すこと。
ここではその議題すら出ていません。ただ「議長、じゃあ、動議」と言っているだけです。

函南町議会では「動議」と言えば、発言を止める合図にでもなているのでしょうか?
もっと奇妙なのは、それに賛成者が少なからずいることでです。何に賛成したのでしょうか?
しかも賛成が過半数を超えたかどうかすら確認できません。

そして「はい、じゃあ発言を禁止します」と、阿吽の呼吸で当然のように会議を進行する議長。これが日常的な函南町議会の風景なのでしょうか?
これを異常な議会だと感じるのは私だけでしょうか?

【疑問3】なぜここまで条例の議論を避けるのか?

軽井沢メガソーラー建設計画に反対する以上、つぎに考えるべきことはどうやってこの計画を止めるかです。
そのためには条例の議論は避けて通れません。少なくとも無関係な話ではないでしょう。
それにも関わらず、ここまで異常なまでに条例の議論を避ける態度に私は大いなる疑問を抱かずにはいられません。

結果的に約1時間もの中断後、議会は再開され古村議員の謝罪と発言の取消がなされました。
その時間があれば十分、古村議員の意見は聞けたでしょう。聞いた上で反対なら反対の意見を言えばいいし、それが本来の討論です。

結局は、町民のわからない密室での話し合いを行い、しかもその結論は記録の残らない発言の取消。

なぜそれを公の場で行いわないのか、否、行えないのか?
これが民主的な議事進行と言えるでしょうか?

議会運営委員会の副委員長である植松議員は自身のブログの中で、この一連の出来事を「トラブル発生」とまるで他人事のように皮肉っています。
それどころか「発言の取消で済ませた程度で、処分もなく意外にあっさり」と、この処分がまるで大したことでないかのように述べています。

住民の意見を代弁した古村議員の発言はそんなに軽いものでしょうか?

繰り返しますが、植松議員は議会運営委員会の副委員長です。その程度の認識で議会を運営しているのでしょうか?
私は住民としてこの発言を容認することはできません。

議会最終日 初めての賛成討論(植松あつしブログ)

(文責:吉原英文)

「疑問の残る函南町議会の異様な議事進行」への27件のフィードバック

  1. 函南町議会は腐り果てている!
    メガソーラーは最初から絶対作るって静岡県の許可の元に函南町と業者の間ですでに決定事項なのだから
    条例の適用なんかできるわけがないだろう。議論すら無理でしたね…。
    函南町民は条例の適用を待っていても全くの無駄ですよ。
    速やかに次の手を打たないと工事はすぐにでも開始されるでしょう!
    町長のリコールと議会の解散を。
    株式会社トーエネック
    株式会社ブルーキャピタルマネジメント
    対して工事差し止めの集団訴訟をしましょう!

  2. 古村氏の発言はいわば「動議」の一種だと言えるだろう。
    そう考えると、一方の「動議」は議会運営委員会ぐるみで封じ込め、もう一方はその内容すら聞かないで賛成。

    「あれを放置したら今後も同じようなことが許されて議会が成り立たないだろう」

    この植松氏のブログの文言を借りるなら、それは、どちらに対して言うべき言葉だろうか。

  3. 中野議長
    植松議員
    加藤議員
    は少なくとも次の選挙で、落としましょう。
    こんな連中に函南町の運命を任せられない! 直ぐに議員辞職しろ。
    住民は怒っているぞ!

  4. 古村高(南箱根ダイヤランドに居住する現函南町町会議員かつダイヤランド区民)です。まず吉原さん(南箱根ダイヤランドに居住するダイヤランド区民、同区長かつこのHPの管理者)に感謝します。 この場を借りていくつか説明させて下さい。

    まず最初に10/4 AMの議会で賛成討論を行い議場でみなさんに伝えたかったことを以下に要約します。

    ・まずは軽井沢メガソーラー建設(*0)反対の意見(不同意、反対決議)を表明してくれたみなさん=行政、町長、副町長、議会に感謝の意を表した。
    その後以下の3点を申し上げたかった。
    案1.10/1施行の条例*1において、業者の申請日(昨年末)ではなく、工事着手日(今後環境アセス終了後で来年になる模様)を起点とすれば現条例*1で建設*0を止めることが出来る。
    案2.そうでないとしても、条例附則2項にのっとり条例9条第1項の届け出を業者(ブルー社)に求めることが出来、かつ第3項で町長は不同意を業者に伝えることができる。かつそのことにより、国の経産省のIDを止めることにつなげる事が出来る。
    案3.案1,2が実現できない場合は、条例改定を12月議会を待たずに臨時議会を開催してでも行う必要がある。

    10/4AMの議場では残念ながら上記案1,2の途中までしか発言できませんでしたが、案3までが前日までに準備していた原稿内容です。

    議場での賛成討論で条例に触れることは出来ない、また触れた場合は発言を止めることになるという事前の注意が複数有ったことは事実ですが、9/10の特別委員会を始め、いくつかの場面で条例の議論を提案してきましたが、すべて発言を止められてきており、この9月議会は最後の発言機会で有り、議場の混乱につながり、2時間にわたり議会を止め関連する皆さんにご迷惑をかけたことは事実で有り謝罪しますが、ここに記録させて頂きたいと思います。 

    *0:http://www.bcm-co.jp/project/renewable/plant_list/sp-high-pressure/kannami.php

    *1:https://www.town.kannami.shizuoka.jp/gyosei/machizukuri-toshi/joureiseitei.html

    意見をいただけるみなさん:
    なるべく実名で記入でお願いします。

    1910070650書き込み。

  5. 追加で説明します。
    21.議会途中休止で加藤議員の動議により、議院運営委員会が開催されましたが、そこでは、(私の想像以上に)私の発言を理解頂き「古村はルールを無視して発言したが、その背景として、条例のことを議論していたかった気持ちは解ると」いう意見も出て、その後議会が再開され、議会事務局のアドバイスにより私自らが発言を取り消す決定をし、そのことを議場でお願いし、認められました。今回の行為は議員辞職に相当する内容だったかもしれませんが、私はまだ議員を辞職せず、このままなんとかみなさん(町長以下全ての行政の方々、町会議員の方)と議論を進めて行きたく、軽井沢MSを考える会の方々、私を支援頂けるみなさんもご理解を頂きたくお願いします。1910070901

  6. >「初めてなので」という言い訳は、知らなかったと言いたいからなのか?でも明らかに脱線しているのがわかるのと、事前に議題から外れないように説明を受けていたのになぜ?と考えると私としてはかなり悪質な印象です。

    「議会最終日 初めての賛成討論」(植松あつし 函南町議のブログ)より

    これは、植松あつし議員が自身のブログの中で発言している内容です。
    おそらく彼はこの発言の何が問題なのか、今でも分かっていないでしょう。
    それどころかこの発言を自画自賛しているのではないかとさえ読み取れます。

    函南町議会のローカルルールが、民主主義本来の基本から大きく逸脱していることが分かっていないのです。

    彼はこれに限らずブログの中で「一年生議員」「先輩議員」などという言葉をよく使います。
    同じ政党や派閥の中であれば、内輪の話として通用することかも知れません。
    しかし当然ながら、一議員間に身分の差などありません。それは議長であれ、何であれ。

    少数意見の尊重。全員が納得いくまでの討議。まずはそれが民主主義の基本です。

    時間的制約のため、やむを得ず多数決で結論を出すこともあります。
    しかしそれでもまずは全員が納得いくことを目指し十分な議論をした上であることが大前提です。

    今回、古村議員も十分な議論がされていないと感じたから、その話題を発言したのでしょう。
    つまりどこかに強引な議会の進行があったということです。
    議会運営委員会はそれを反省すべきです。

    1. 議会運営委員会で古村議員は清風会の加藤議員達に恫喝された後、事務局長から古村議員に発言を取り消せば処分は軽くなると促され、しぶしぶ再開した議場で発言を取り消したという話を知り合いから聞きました。
      それは事実でしょうか?
      もし、それが事実なら大変なことです。
      議会運営委員会に出席した議員は、函南町民に真実を伝える義務があります。
      是非、真実を伝えてください。
      それが出来ないなら、真実だと認めたものと判断します。
      今後、関係した議員の責任を問いたいと思います。

      1. そうですね、当事者どうしが納得していればそれでいいというものではありません。
        町議会議員は間接民主主義で選出されているわけですから、有権者に何があったかを報告する義務があります。

        その結果「ああなるほど、確かに古村議員は発言を取り消されて当然だね」となるのならそれはそれで良し。
        ただ私はとてもそうなるとは思えない。

        賛成と反対に意見が分かれるという可能性は大いにありえるけど、「発言してはいけない」なんて議会運営を支持する人がそんなに居るとは思えない。
        真実が知りたいですね。

  7. 住民から不信感を抱かれた議会
    議長は住民に対して説明する義務があります。
    説明責任を果たさない場合は議長の解任請求しなければなりませんね。
    この議長、今までにも住民に嘘を付いたり、議員を恫喝したり、色々な噂のある人物ですから。
    潔く辞職した方が良いでしょうね。

  8. 植松議員のブログを見て疑問を感じました。
    ブログに、
    議運ではその議員に対する対応を諮りましたが、本人の意見を聴取して発言の取消で済ませた程度で、処分もなく意外にあっさり。

    この内容から、
    古村議員は、議会運営委員会から発言を取り消すよう求められた事実があることを知りました。
    議会運営委員会は、なぜ古村議員に発言の取り消しを求める必要があったのでしょうか?
    理由を知りたいものです。

    また、処分もなく意外にあっさり、、

    この記載にも理解が出来ない部分があります。
    古村議員の発言が処分の対象?
    植松議員は、
    議員を処分できる場合は、どの様な場合に出来ると理解しているのでしょうか?

    処分をする法的根拠を知ったうえでブログを書いたとは思いますが?
    是非、その根拠を示して頂きたいものです。

  9. 議長、議会運営委員会の議員は、
    函南町議会議員政治倫理条例
    第1条(目的)
    民主的な町政、、、の違反

    第3条(政治倫理基準)
    3項
    、、地位を利用して、、強制し、又は圧力をかける行為をしてはならない、、、
    の違反

    が認められますので、同4条(審査請求)対象事案だと思います。

    第2条(議員の責務)
    2項
    議員は、、疑惑を持たれたときは、その疑惑を解明し、責任を明らかにしなければならない。

    と規定されていることから、議員には、法的義務があります。

    この問題を有耶無耶にするようでは、議員としても、議会としても、存在意義は無くなるものと思います。

    議会が健全に機能することを期待しています。

  10. 16名の議員のこれまでの言動を一覧にして、町民が一目瞭然わかりやすい様にしたら如何でしょうか。

    正直、あまりに稚拙な函南議会に失望の連続ですが、改革の大チャンスでもあります。

  11. 議会は、今や町長と同じく住民の味方ではないと思います。
    その理由は、
    ⚫️ 昨年春頃から軽井沢メガソーラー建設計画を知っておきながら、町も議会も議員も今に至るまで1年以上放置し、そのメガソーラーの情報を住民には一切伝えてこなかったこと。
    ⚫️ 建設を知った住民から請願が出されるまで、議会が自ら反対決議をしなかったこと。
    ⚫️ 議会で軽井沢メガソーラーに条例の適用を求める請願を否決したこと。
    ⚫️ 議会で議論もろくにしないばかりか、条例適用を求める議員の発言を禁止したこと。
    ⚫️ 町長も議会も、反対の姿勢を示すものの建設を止める方法を住民に示さないこと。

    など

    町長や議長らの本音は、メガソーラー建設を進める気はあっても、止める気は全く無いことがよく分かります。

    余程、業者と癒着しているんだと思います。
    推進派の町長や議員には、住民の命など全く気にもならないのでしょうね。

    私達はとんでもない方を選んでしまったものです。
    ただ、選んだのは私達ですが、その政治家をリコールできる権利も私達にはあります。
    今後、どの様に説得しても条例適用を拒否するなら、リコールしかないと思います。

  12. 1910070650(昨日朝)の書き込みを訂正させて下さい。
    >意見をいただけるみなさん:
    >なるべく実名で記入でお願いします。→ 匿名でも構いません。
     賛否両論、アドバイス等よろしくお願いします。

    先に書き込みの有った情報ですが以下の内容を更に追加情報として
    お知らせします。
    31. 元田農(田方農業高校)校長の渡辺さんによる
    10/1施行の条例の詳しい説明。9/21の集会vol.3での録画になります。
    https://youtu.be/U-2EpByWpaA 
    少し長いですが、現状の条例が最後に変更された経緯も分かりますので。
    また渡辺さんの前に説明したメガソーラーを考える会、
    山口さんの動画はこちらです。約20分です。
    https://youtu.be/Cj9Wy6F5ON0 
    巨大メガソーラーの問題点、条例を適用できれば、
    経産省のIDを止めることが出来る事を
    理解頂けると思います。

    32.軽井沢メガソーラー関係の新聞情報のまとめです。
    https://dialand.jp/?p=6853

    1910080807 書き込み

  13. 昨日のみなさんの書き込みで、コメントさせて下さい。
    >発言を禁止する議長より: 
    >2019年10月7日 4:02 PM
    以前にも書きましたが、私はどこでも「恫喝」はされていません。あくまで「注意を受けた」という事です。
    また私は「しぶしぶ」発言を取り消したのではなく、あの時点では議会運営委員会での、あるいみ私のルール破りの発言に対する穏便な取り計らいだなーと受取り、すでに2時間近く議場を混乱させていたこともあり、自分からすすんで発言を取り消しましたので、その点ご理解下さい。

    >匿名より:
    >2019年10月7日 7:53 PM
    >古村議員は、議会運営委員会から発言を取り消すよう求められた事実があることを知りました。
    、、、と書かれていますが、正確には議会運営委員会での私とのやり取りではそのような事実は有りませんでした。あくまで私の意見を聞き、状況を正確に把握し、かつ私の行為に理解を示してくれる発言もありましたので。 
    その後議場に戻り、さあどうしたらいいんだ、、、と考える私に、発言を取り消すようにというアドバイスが事務局より入り、あくまで、自身の行為として、先の発言を取り消す発言を行いました。

    今我々が軽井沢メガソーラー阻止のためにすることは、反対するみなさん(町長、議会、議員、行政、メガソーラーを考える会)が一枚岩となり進むことだと思っていますのでよろしくお願いします。

    1910080859 

  14. ご自分の発言に信念も無ければ、住民を守る意思も薄弱な方ですね。
    呆れます。
    議員の責任を果たせないなら、辞めた方が住民のためです。

  15. 古村議員は
    自分からすすんで発言を取り消しました
    、、、と書き込みしていますが、
    だったら何で進んで取り消すような発言を議会でしたのですか?
    あなたは何をしたいのですか?
    意味が分かりません。

  16. 議会後の夜、議員仲間と飲み会
    楽しくやっていたらしいですね。
    住民は泣いていますよ。

  17. 町長も町長なら、議員も議員、、
    それを黙ってみている大人たち、、
    こんなことで、函南町はどうなっちゃうのか心配です。

  18. 古村議員、お疲れ様です。

    もしかしたら前に書かれた方々が何を言っているかお分かりになっていないのではないですか?
    あなたを信じていたのに、あまりの結果、あまりの発言に落胆した声ですよ。

    実際はどうなのかわかりませんが、今までの経緯を読む限りでは、良いように丸め込まれているように見えるのです。

    一枚岩とは何をいっているのでしょうか?
    よろしくとはなにをよろしくなのか。
    どのように考えたら、推進派と反対に向けて一枚岩になれると思えるのですか?
    議会での発言も、事前にダメだと言われていたことになにも対策を考えずに臨んだのでしょうか?
    作戦もなく臨んだら結果が見えているではないですか。
    こんなことで止められると思いますか?

    こんなことを議員に対して書き込まなければならないことに疲れました。

  19. 恥ずかしいことですが、伊豆の人は、人の良さは最高とよく言われますが、リーダーシップや挑戦することが苦手だとも言われています。
    それはその通りだと思います。
    歴史を振り返ってみてください。
    平清盛の時代から今日に至るまで、権力者に対しては従順に服従してきた土地柄なんですから。
    自分たちで立ち上がることなど無理なんです。反骨精神などありません。
    他の地域から来られた方は歯痒い思いをされていると思いますが、これが函南町の現実なんです。
    私はそんな函南町民の気質が嫌いで、いつか他の地域で暮らしたいと思っています。

  20. みなさん、コメントありがとうございます。以下追記します。
    ・メールと言えども(SNSやこのHPでも)他人への反対論を展開すると(うまく記述しないと)不明点も多く残り往々にしてお互いを傷つけることが多々あります。そういう場合は私が出向いて、あるいはぜひ私の家に来て頂いて直接議論お願いします。函南町丹那1312番地の217 南箱根ダイヤランドone’shill 93-28です。(丹那1316-447でone’shill入口を検索できます。)電話でも構いません090-8621-9389 です。
    ・自身の保身はいっさい全く考えていません。軽井沢メガソーラーの問題、条例適用に向けて真剣に対処し議会になげかけていきます。(万が一にも議員辞めさせられる状態になるのなら即やめ何の後悔もありません。)
    ・今まで皆さんが調べてくれた法的な根拠を見返し、来週は本件で(横浜の)弁護士に面会します。先に述べた案1,案2の対処方法の確認を行いたいと思います。
    ・一枚岩での結束ーを述べましたが、現在条例への解釈は分かれてますが、町長、議会、町の職員、我々山を守る会メンバーすべてがメガソーラーに反対し建設を止めるという同じ方向を向いていけるよう皆さんのパワーを一つにする方策を探りたいと思います。
    ・次回第4回の集会は11月23日午後@文化センターです。ぜひ皆さん参集頂き条例を再確認し、議論を尽くせればと思います。
    1910120522 記述

  21. 凄い雨が昨夜から降り続いています。
    もし、軽井沢にメガソーラーが出来ていたら、、、
    下流域に被害が無いことを祈っています。
    町長や議員のみなさん、もう一度、軽井沢メガソーラー問題をよく考えてください。
    本気で止めないと、取り返しのつかないことになりますよ。
    あなたの家族も被害に遭うかも、、

  22. どのスレッドに書くべきか迷いましたがこちらに書き込みます。
    10/16時点ですが町からの回答が出ましたね。
    予想通りの回答で、推進派にしてやられて、結果として1ヶ月間という貴重で多くの時間を与えてしまいました。

    古村議員。
    「条例への解釈は分かれてます」と書かれていますが本当にそう思っているのですか?
    解釈は町長もその周りの人間も我々も同じ解釈をしているのですよ。解釈は別れてなどいません。
    また、案1、2の件で弁護士に面会されても、(多分ですが)「条例は適用できます」という回答を貰えるでしょう。
    その回答を持ってどのように対応しますか?

    町(推進派)にどのように伝えても町(推進派)は、(推測ですが)「弁護士による解釈の違いで町としては町の弁護士の意見に従う」という回答ではないですか?

    なんか、失礼ですが古村議員も本気で止める気がないのではないかと感じてしまいます。

    リコールなのか、言葉は知りませんが、住民訴訟なのか、不服の申立なのか、何でも良いので立ち向かって下さい。
    説得とか、説明とか、そんなことが通用しないのはわかりますよね。
    相手は仲間などではないのです。少なくとも相手はそう思っているはずです。

    失礼な物言いになってしまい申し訳ありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。