トーエネック社長へ話し合いを求める手紙

トーエネック

「地域社会と協調し、地域の持続的発展に貢献します」
(トーエネック企業理念より)

発電事業の当事者でありながら、地元住民になんら説明を行おうとしない株式会社トーエネックに対し、軽井沢区とダイヤランド区の区長の連名で話し合いを求める手紙を出しました。

軽井沢メガソーラー計画に関する話し合いの申出について

前略 時下ますますご清栄の段、大慶に存じます。
さて、早速では御座いますが、本年6月に軽井沢地区のメガソーラー計画の中止を求めた際、御社から、この開発を進めるブルーキャピタルマネジメント社に対して、「各種の関係法令を誠実に遵守し、近隣住民のみなさまの安全や周辺地域の環境に配慮を尽くした上で、本案件を遂行するように改めて要請する。」との回答を頂きました。

その後、本年7月8日、静岡県知事から林地開発許可がされた際、「住民等の懸念や不安を真摯に受け止め説明会を開催する」などの条件が付けられましたが、ブルー社は、許可から3ヶ月を過ぎるも説明会を開催しようともせず、住民の不満や批判は高まるばかりです。
その様なブルー社の不誠実な対応に加え、先の台風19号による土砂崩れや水害などの被害を通じ、この計画が進行した場合、函南町や周辺市町を含め、広域に甚大な被害が及ぶおそれがあることを多くの住民が知るに至り、静岡県の川勝知事をはじめ函南町長、議会(全会一致)、大多数の住民ともに建設反対の意思を固めていることは、テレビや新聞などでご承知されているものと思います。

住民がこれほど不安を抱き、建設を反対しているのにも関わらず、御社はFIT法上の事業者でありながら、ブルー社に任せっきりで、その責任を果そうとしない姿勢に、住民は強い不信感や不満を抱き、トーエネック社に対する批判の声が日増しに高まっていることをお伝え致します。

この様な現状を住民はもとより御社も望むところではないと思いますので、これを打開するために、私達住民代表が11月下旬か12月上旬に御社にお伺いし社長様をはじめ責任者の方々と話し合いたいと思っております。
ご多用の折り申し訳ありませんが、11月初旬を目途に、話し合いの日程の連絡をお待ちしております。

 

20191028トーエネック社長への手紙

同封した参考資料
参考資料

レターパック追跡記録

「トーエネック社長へ話し合いを求める手紙」への4件のフィードバック

  1. はっきり言って話し合いは無駄だとおもいます。
    所詮メガソーラーを死んでも作りたい、トーエネック社・ブルーキャピタル社・函南町役場
    と反対派団体では話し合いをしても永遠に平行線です。
    時間ばかり経ってしまい工事開始とともに建設反対派の完全敗北で終了です。
    トーエネック社・ブルーキャピタル社には工事差し止めの訴訟。
    函南町役場には町長と議会のリコール。
    しかないんです。
    函南町民として一人でも訴訟を起こそうか迷っています。
    できれば函南町軽井沢メガソーラを考える会がやって欲しいのですが・・・

  2. 函南野郎 様

    お気持ちは痛いほど分かります。
    私達がリコールや訴訟をするかは、函南町民の意思次第です。

    私達は最後の最後まで話し合いで解決することを望んでいます。

    しかし、函南町民の多くが函南野郎様のような強い意思があるなら、私達も決断致します。

    軽井沢メガソーラーの建設を容認するか、止めさせるかは、函南町民の意思にかかっています。

    台風19号のとき、もし、軽井沢メガソーラーが建設されていたら、この度の災害を遥かに上回る被害が発生していたものと思います。
    大切な家族の命と財産を守るため、函南町民の多くが、一日も早く、そのことに気付かれ、立ち上がることを祈っております。
    手遅れになる前に、、

  3. 有志一同様
    いつもコメントを読むと安心できますが、話し合いで解決というのは現実的でしょうか。
    リコールという方法では無くとも町長が建設を諦めざるを得ない状況にしない限り解決は無いと思います。
    また、何らかの方法で今回は中止に追い込めたとしても、町民としてこのようなTOPを置いておいて良いのかと。
    表面上は「話し合いの結果」かも知れませんが、事実としては戦いではないのですか。
    推進派は逃れようがない状況に追い込まない限り諦めることはないです。
    本来の意味での「話し合いで解決」などあり得ないでしょう。
    もし話し合いがあるとしたら戦いで決着がついた後のことです。
    ここを見ている推進派は我々が話し合いなどと言っている限り安泰だと思っているでしょう。

  4. 一住民 様
    ご指摘ありがとうございます。
    是非、私達と一緒に戦ってください。
    よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。