函南町の「条例が適用出来ない理由」の間違いを解説

函南町が条例適用出来ないとする理由を整理すると次の2点に集約されます。

1 軽井沢メガソーラーに条例適用すると不遡及の原則に反する。
2 条例を適用すると業者から訴えられる可能性がある。
※ 東京都国立市マンション訴訟で市が訴えられ負けている。


「1 軽井沢メガソーラーに条例適用すると不遡及の原則に反する。」の間違いを解説

条例は「遡及適用」出来ないとする理由や根拠として、函南町は、「東京都国立市マンション訴訟」を挙げています。

この裁判は、マンション建設工事に着手した後に国立市の条例が施行されており、その建設を規制することは遡及適用になるとの事例です。

裁判で示されたのは【不遡及の原則】

・一般に法令の改正等で新たな規制が決められる場合、その規制は工事中(着工済み)の建築物には適用されない。

・建築確認後であっても、工事に着手する前に新たな規制が定められた場合は、これに従わなければならない。

この裁判では、工事の着手がいつか、という点が争点になっていました。
この部分の解釈は建設省が判断基準をだしており、判例でも確定したため、現在は「根切り工事」が工事着手とする解釈が定着しています。

※詳しくは、インターネットで【東京都国立市マンション訴訟】を検索すると、ご覧頂けます。

「東京都国立市マンション訴訟」をグーグルで検索

「2 条例を適用すると業者から訴えられる可能性がある。」の間違いを解説

函南町が、業者から訴えられる理由も根拠もありません。

その主な理由
・条例は適法に制定し施行している。
・条例の適用に違法性が無い。

※条例第10条
・抑制区域内の事業計画には町長は同意しないものとする。と条例で規定されているので、不同意の意思決定に違法性は無い。

・業者が先行投資をした損害は自己判断に基づくもので、自己責任である。

※ ただし、函南町が業者と密約など不正なことをしていたのであれば、その方々は訴えられる可能性はあります。(犯罪の可能性も)

函南町は、条例を制定する前から、
「条例はブルー社には適用できない」「遡及適用になる」「業者から損害賠償で訴えられる」など、まるで業者の代理人かの様な説明や根拠の無い言い訳のような理由ばかり。

そこには、住民の命や財産を守る言葉は無く、あまりにも業者の利益を優先し、住民に不利な条例の解釈しています。

条例を適正に適用しようとしない、その偏った姿勢こそが、行政権の濫用、いやそれ以上の行為ではないかと思います。

いったい、住民の命や声を無視してまで、なぜ、業者を守ろうとするのでしょう。その動機は何なのでしょう?

他の市町では汚職で逮捕されるなど、住民を裏切る事例が、度々、マスコミ報道されていますが、函南町は大丈夫なのか・・・、いずれ、真相が明らかになると思います。

26+

「函南町の「条例が適用出来ない理由」の間違いを解説」への9件のフィードバック

  1. 議員の多くは、町のマインドコントロールで思考能力が停止!
    まるでオウム信者みたいに、町の説明を鵜呑みにする。
    いずれ、真実を受け入れないていけないときが来る。
    そのとき、どんな言い訳をするのでしょうか?
    一日も早く、洗脳されていることに気付かれることを願っています。

    2+
  2. 馬籠議員は、軽井沢メガソーラーを考える会の住民が、バスを借り上げ、この事業主である名古屋に本社を置くトーエネックに話し合いに行く予定を知ったらしく、

    「私も一緒に連れって欲しい」

    と言ってきたらしいです。

    12月8日の軽井沢メガソーラーを考えるシンポジウムを函南町の文化センターで開催した際、

    馬籠議員は、最前列に座り、説明を熱心にメモを取っていました。

    まさか、明日の議会で住民から出された請願を反対することは無いと思いますが、、、

    世の中、あり得ない様なことは、岩城議員の様なこともありますので、みなさん、明日は、馬籠議員と岩城議員に注目しましょう。

    そこで、その方々の真価を見極めることが出来ます。

    1+
  3. 馬籠議員は、住民の命の重さが理解できないようですね。
    条例は、法的に適用できることは町も認めているのに、請願に込めた住民の切なる思いを清風会の議員とともに条例適用はしない立場を明確にしました。
    これで私達もスッキリしました。
    馬籠議員は、
    住民の方々と一緒にバスでトーエネックに私も行きます。
    などと言っていたくせに、呆れました。
    こんな方だとは思いませんでした。
    私は二度と、馬籠議員には投票しません。
    馬籠議員は、住民の命や財産を守る気がないのでしょうか?
    県や国の公明党本部に苦情を言いたいと思います。
    こんな方が公明党函南支部の支部長ですか? 呆れます。

    1+
  4. 町長が説明している条例適用が難しいという理由が、如何に間違っていたか、
    あのとき条例を適用していれば、、
    と後悔する日が来ないことを願うばかり、、、
    いずれ、歴史が明らかにしてくれるでしょう。
    ただ、申し訳ないのは、私には動ける体がなく見守るしかできない、、、
    考える会のみなさんに望みを託します。

    2+
  5. 行政をチェックすべき議会は機能していない。段々函南町が恐くなってきました。こんな町では安心して住めません。他の所で暮らします。

    2+
    1. 函南町に失望さん、さようなら。
      メガソーラーができて、景観が悪くなり資産価値が減ってしまう前に不動産を売ってしまいましょう。
      怖い町は捨てて、他の所の安心して暮らせる町へ移住するのは良いことです。
      もっと良い町はたくさんあります。
      数年しか住んでない訳ではないですが、私も続きたいです。

      1+
  6. 議員は勉強していないのでしょうか。
    これを読んだら、私みたいな主婦でも条例が適用できることが分るのに、議員ともあろうお方が分からないはずはないと思います。
    議員の方は何か条例適用すると困ることがあるのでしょうか。
    それとも、まさか、そんなことも分からない方が議員されているのでしょうか。
    どちらにしても、住民のためを思えば、条例適用に反対する理由はないと思います。
    みなさん如何でしょうか?

    5+
  7. 前川部長が遡及問題の事例として上げていた国立のマンション訴訟が、実は工事前なら問題にならないことの判例でもあったのですね。

    しかもこの判例では損害賠償額は大幅に減額された上、最終的にはその賠償金は事業者が国立市に寄付までしています。

    そういうことを正確に伝えないで、ただ雰囲気だけで遡及問題があるかのように説明する町の幹部は信用できません。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。