告発理由と私たちの願い

12月21日、私達は静岡県警本部に仁科町長以下5名の幹部職員を虚偽公文書作成及び行使の疑いで告発致しました。

告発の理由

・軽井沢メガソーラー建設に関連して様々な疑惑がある中、本件犯罪容疑を認知するに至りました。

・函南町に対しましては、何度も虚偽の公文書を作成した理由を尋ねましたが、その説明を拒否し続けるばかりか、本年11月28日、突然、町職員が懲戒処分されたことを新聞で知りました。

・本件は、まだ「起案日」「決裁日」「公布日」など、何も事実関係が明らかになっていないにもかかわらず、その責任を職員だけに押し付け、まるで、この件の幕引きを図るかの様な町の対応に不信感が増すばかりか、このままでは、私達の知らないところで、町民の権利が侵害されるのでは、、との強い危機感を抱き、警察に真相を究明して頂くしかないとの思いから告発に踏み切ったものです。

私達の願い

・以前の様に、安心して平穏に暮らしていきたい。

・一日も早く、住民を欺かない、住民の期待に応える、信頼される、そんな函南町に戻って欲しい。

願いはただ、それだけです。

函南町軽井沢メガソーラーを考える会

変遷する「条例が適用できない理由」に隠された疑惑

 

+14