函南メガソーラー、沼津市長も懸念

「山間部の森林の育成が海の環境に多大な影響を与える」(沼津市長)

既に反対を表明している伊豆の国市長に続き、沼津市の頼重秀一市長も函南町メガソーラー計画に懸念を表明しました。

建設予定地は狩野川の支流柿沢川の最上流。海の環境に多大な影響を与える可能性が高く、沼津、三島、伊豆の国市などの市内にも災害リスクを高めます。

朝日新聞(2019年12月26日版)

伊東市では建設中のメガソーラーの影響で海の汚染が報告されています。

大雨の後、濁水に染まった八幡野港 2019.5.21
アトリエロッキー空撮事業部 撮影

漁業者らが申し立てた建設差し止めの仮処分が却下

函南メガソーラー、伊豆の国市長が反対

14+

「函南メガソーラー、沼津市長も懸念」への2件のフィードバック

  1. 色々な方がこの計画を知ることが一番大事だなということがよくわかりました。こちらのHPが非常に役立っています。また、口コミで周辺の肩に話すことも大事。これからも周りの方に話していきます。

    0

学生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。