【光回線の実現に向けて】廣田県議会議員からの報告

県内のカバー率は98.3%
補助金制度の期限切れの可能性もあることから、来年度の予算化を目指す必要がある

廣田議員から選挙運動中の約束どおり、光回線に関する報告をいただきました。


廣田直美(県議会議員)からの報告

新町長の誕生で、今までの意向との差などを確実に確認したく、お時間が掛かり申し訳ありませんでした。
県と町の意向並びに調査をしました。

県内の光ファイバ世帯カバー率は29年末で98.3%となっています。
函南町の丹那学校区地域の空白地域は、情報通信網は重要な社会インフラという観点で、解消を進めなければいけないと、改めて感じました。

いわゆる、過疎地域に整備が進んだのは、補助制度の活用をどのように進めたのかの違いだと思います。
平成30年度も県から多くの地域に補助金を拠出する予定となっています。

県の本補助金制度もいつ期限切れになるか不透明な部分があることから、来年度の町、県の予算化を目指す必要があると思っています。

事業者の意向調査はしていませんが、何よりも多くの世帯の加入が大きな鍵を握っています。いち早く整備を進めるためにも、多くの世帯に加入して頂く意思表明を積極的に展開して頂くようお願い申し上げます。

もう、ご存じの内容かと思いますが、報告させて頂きます。

投稿者: 広報部

広報部会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。