令和2年度 第1回 函南町地域公共交通会議 議事録

日時:令和2年7月29日(水)午後1時30分~
場所:函南町役場2階大会議室

注目ポイント
・函南町の観光資源は、自然豊かな環境と富士山の眺望。
・熱函道路にバス停ができれば中山間地域に住む約3000人が利用可能になる。
・規制緩和によってスクールバスの一般乗降が可能。すぐにできる対応。
・畑毛路線は補助金600万円。一方、ダイヤランドは住民が600万円を負担。この不公平の解消が必要。

20200729函南町地域公共交通会議(議事録)

0

「函南町地域公共交通会議」住民代表委員からの報告

大場〜熱海間のバス路線が基幹公共交通軸として基本計画に明記されました。

2020年7月29日、函南町役場2階の大会議室で地域公共交通会議が開催され函南町地域公共交通網形成計画が採択されました。

“「函南町地域公共交通会議」住民代表委員からの報告” の続きを読む

9+

地域公共交通会議委員からのお願い

下記の内容で、函南町の地域公共交通会議が開催されます。

日時:2020年7月29日13:30から
場所:函南町役場2階大会議室

この会議に向けて、住民代表の山口委員が、傍聴を希望される方および、皆さんからの意見を募集しています。
下記からご連絡をお願いします。

メールフォーム

山口委員からのメッセージ
皆様方の声が行政を動かし、安心して暮らせる地域に改善されていくものと思います。
山間部に暮らす私達の声を町に伝え、公共交通の改善を訴えない限り、今まで同様、町は平地の地域ばかり優先して、私達が住む山間部は何ひとつ改善されません。
よろしくお願いします。
 

実現しよう!大場〜熱海間の基幹バス路線

0

実現しよう!大場〜熱海間の基幹バス路線

函南町地域公共交通会議は、経費と時間の無駄を省き、問題解決に向けた具体的かつ積極的な審議を!

これからの函南町の地域公共交通の計画が今、決まろうとしています。
私たちの生活に大きく関わるこの問題に注目し、これからの時代に合った地域公共交通を実現しましょう。

私たちのビジョン

・熱函道路の途中にバス停のある大場〜熱海間の基幹バス路線の実現。
・そのバス停から各家庭に続く、コミュニティーバス、オンデマンド型乗合タクシーなどの実現。
・これらの実現により、自家用車を持たないで快適に暮らせる生活環境の実現。

“実現しよう!大場〜熱海間の基幹バス路線” の続きを読む

1+

「地域公共交通会議の書面開催」に抗議する

函南町地域交通会議(会長:佐野章夫副町長)は、これから未来の函南町の計画を決める重要な会議を十分な議論を行うことなく書面により開催しようとしています。
これは、中山間地の地域公共交通の改善を求める私たちの切なる願いを無視した強行採決に向けた動きです。

函南町役場からの書面
地域公共交通会議

回答文書
地域公共交通会議の開催回答文書

“「地域公共交通会議の書面開催」に抗議する” の続きを読む

2+

パサディナ区で「高齢者福祉自動車」がスタート

福祉自動車の運行開始 住民有志が運転手、函南町中心部を往復

函南町の中心部から離れ、“交通難民”のお年寄りも多い函南パサディナ区(同町)で6日、地元自治会による「高齢者福祉自動車」の運行がスタートした。住民有志が交代で運転手を務め、高齢者を乗せて同区と町の中心部を往復する。高齢運転者による交通事故が全国で相次ぐ中、関係者は「安全で気軽に外出するための助けになれば」と期待する。

福祉自動車の運行開始 住民有志が運転手、函南町中心部を往復(静岡新聞)

0

動き出した「地域公共交通の検討会」

2019年6月28日、ダイヤランドホールにて開催された「地域公共交通の検討会」には40名余りの区民が参加しました。

函南町役場の担当者からこれまでの町の取り組みの説明の後、古村さん(町議会議員)や、山口さん(地域公共交通委員)からの具体的な提案などが行われました。

会場には他の町議会議員やエメラルドタウンの関係者などの顔もあり、これら参加者からも活発に意見が出されました。

「ダイヤランドの地域公共交通検討会に参加して」植松あつし(函南町議会議員)ブログ

1+