連載(6)遅れた事業計画、遅らせた条例制定

私は条例の4番、これを「幻の条例案」と呼んでいます。
書き換えられた条例案は、これが函南町の正規の条例です。

メガソーラーの条例というのは条例本文と施行規則の2つがセットとなっている。
ですから函南町のホームページを見ると条例本文と施行規則がダウンロードできるようになっています。
私は昨日確認しましたが、町はよほど慌てていたのでしょうか。条例の本文はこの5番のまさに函南町が作った条例そのものですが、施行規則の方は「幻の条例案」のものがそのまま残っています。
条例の本文と施行規則がまったく食い違ったカタチで掲載されています。
まだ函南町は気がついていませんね。

ブルーキャピタルの事業計画を見ますと今年の3月の時点で林地開発の許可が下りると見込んでいました。
もし、3月の前に許可が下りると4月辺りから工事に取り掛かります。
工事にとりかかった後、函南町は6月に条例を制定して10月1日から施行します。

施行した時点でもう工事が始まっていますから工事そのものが阻止できません。
つまり函南町でもしメガソーラーをやらせたかったら条例は3月に作ってはダメなんです。
6月に作らなければなりません。施行を10月まで引っ張らないと工事が止まってしまいます。

工事ができるようにするためには条例はなるべく遅いほうがいいのです。
しかも6月ぐらいが丁度いい・・・、というのが私の推測です。
そういう風に誰かが考えたのではないかな、と思います。

それで実際はどうだったかというと、林地開発の許可が7月8日になりました。
これはブルーキャピタルにとっては少しまずい事態です。
さらに「環境評価アセス」の条例が動き出しました。この環境アセスを通過しないと今度は工事ができない事態になりました。

2019年6月7日時点のブルーキャピタルのホームページより

ですからブルーキャピタルはとにかく3月の手前で林地開発の許可が欲しかったのです。
でも実際にはそうはならなかった。許可は7月までかかってしまった。
それで自分たちの事業が条例に引っかかってしまったということです。

当然、工事はできません。今は工事できない状態です。

この状態であれば、私の言った「幻の条例案」であれば「着工する60日前に事業者の方は届け出ること」ですから、もう町長が何を考えようが条例は適用されてしまいます。
そうなれば当然、ブルーキャピタルは工事ができないということになります。

ですからブルーキャピタルに工事をやってもらうためには「幻の条例案」ではダメなんですね。
なんとか条例の表現を変えなければいけない。
それで条例案の5番が登場したと私は想像します。

これは非常に微妙な表現ですから、「遡及できない」と説明できるような、できないような。
私はできないと思っていますけれど、誰かができそうだと言っているわけですね。

そうすると環境アセスの手続きが終了すれば工事が開始できるということになってしまいます。
ただ何度も言いますが、私は条例の5であっても適用できると考えています。
その詳しい話はこの後の山口さんが説明いたします。

(つづく)

(1)集落の水路を排水路として使う危険な計画
(2)常套句は「地元の同意は必要ありません」
(3)町の事前協議の結果は「不同意」
(4)「条例適用は難しい」なぜ?
(5)不自然に条例から消えた文言「着工の60日前」
(6)遅れた事業計画、遅らせた条例制定

連載(5)不自然に条例から消えた文言「着工の60日前」

情報公開請求で函南町のメガソーラーの条例が成立するまでの議事録を町から頂きました。この日付の書かれた議事録が私の手元に届いた資料になります。

この中で「企画会議」というのが出てきます。
町長が主催して最終的な大事なことを決める最高決定機関です。
これが4月22日と5月13日に行われています。

さらに今回は条例を作る流れとして、ちょっと耳慣れない言葉ですが「例規委員会」という委員会が町で作られています。
この会議で最終的に揉んで議会に上程するという流れです。

5月13日の企画会議の議事録には議会原案完成という記述があります。
最終的には「例規委員会」を経て6月の議会に上程されたということです。

私がいただいた議事録の中には5種類の条例案がでてきます。
一番最初は、4月22日の企画会議に出された条例案。メガソーラーを規制する条例だと議事録の中に書かれています。
それから4月25日にパブリックコメントを行うための条例案が出てきます。よく見ると微妙に調整されて書き換えられている部分がありましたが大筋は変わっていません。

このパブリックコメントとは函南町の住民の方に新しい条例を作ります、皆さんご意見をお寄せくださいというものです。
さらに5月13日の企画会議で、この会議としては最終的な条例案が出てきます。
さらに例規委員会で条例案4と5の条例案が作られました。

特徴的なのは条例の第9条。
どこの市町にも一番ポイントとなる条文「着工の60日前に届出」しなさいという文言が入っています。

この文言は先発している伊豆半島のほとんどの条例に入っています。
「着工する60日前に事業者の方は届け出てください」「必要な書類はこれこれです」という条文が入っています。

その条文が条例案の2番〜4番に出てきます。
そして条例の5番になると、この「着工の60日前」という文言が削除されて違う表現に変わっています。

5月29日の例規委員会が終わって出てきたとときにはこの「着工の60日前」という文言が消えています。
5月17日の例規委員会のときはこの「着工の60日前」という文言は残っています。
この大きな変化は何かということですね。

この例規委員会を挟んで5月27日には企画会議で「不同意」を町が決定しています。そういう同意か不同意かを企画会議を含めて事業の対策会議ですったもんだをしているその横で並行して条例がこのように大きく書き換えられているのが事実です。

パブリックコメントは4月の25日から5月27日まで。正に函南町が「不同意」を決定する日までが町民から意見を求める期間です。

町民から意見を集めていますよ。町は不同意ですよ。とゴタゴタしているそのときに条例がひっくり返っている。私は「ひっくり返っている」という言い方をしますが、条例が大きく変わっています。

5月29日の例規委員会で条文は大きく変わりました。これが変わることで何が言えるか・・・。

町議会で質問する加藤議員

6月13日の議会で加藤議員の質問に対して、町長と建設経済部長は「軽井沢メガソーラーにはこの条例が適用できない」と答弁しています。
じゃあ「着工の60日前」の文言が残っていたらどうだったかというと、もう自動的にブルーの工事はストップします。
でもこの29日の例規委員会で書き換えられた条例はちょっと微妙な表現になっています。

「でも適用できるぞ」という話は、私の後の山口さんがしっかり話をしてくださいます。

(つづく)

(1)集落の水路を排水路として使う危険な計画
(2)常套句は「地元の同意は必要ありません」
(3)町の事前協議の結果は「不同意」
(4)「条例適用は難しい」なぜ?
(5)不自然に条例から消えた文言「着工の60日前」
NEXT→ (6)遅れた事業計画、遅らせた条例制定

ノラ猫対策セミナー

猫が嫌いな方も、猫が好きな方も、野良猫が減ることを願っています。
野良猫の被害を減らす効果的な方法を学び、
解決の糸口を見つけましょう!

日時:2019年9月14日(土)13時30分〜15時
講師:動物ノート 飯島浩美
場所:南箱根ダイヤランドホール
参加費無料

お申込先:ダイヤランド猫の会090-4220-2027(ヨシハラ)

巨大メガソーラー建設計画

静岡県、函南町軽井沢の巨大メガソーラー(太陽光発電)建設計画。

丹那盆地に匹敵する面積(約65ha)に10万枚を超えるソーラーパネルを貼る計画地の直下には丹那の集落や小学校があり、柿田川の下流は柿沢台・畑毛地区、さらに下れば間宮・仁田・新田・塚本地区があります。

連載(4)「条例適用は難しい」なぜ?

伊豆日日新聞(2019年8月14日版)

今回、私が町から頂いた資料の中で一番疑問に思ったのは、町はなぜメガソーラ条例の適用を明確に言ってくれないのかという、その一点です。
それで私はメガソーラーの条例を作るプロセスについて情報公開請求をしました。

伊豆半島ではいろんな市、町で函南町より遥かに早い段階で条例が作られています。
2017年の改正FIT法という法律に合わせてそれぞれの市、町はすぐに条例を作りました。

それまでの一番の問題は森林法という法律でした。静岡県が函南町に対して林地開発の許可をした法律ですが、これは技術的な条件をクリアしたら必ず許可しなければならないという法律です。そのため全国的にメガソーラーが乱立してしまいました。それではまずいということで、国の方で改正FIT法という法律を2017年に作りました。

この法律の趣旨は、今までは設備を認定する法律であったのが、事業の認定という方向に舵を切りました。
ですから、内容としてはとにかく安定的な発電事業をやりなさいよということ。設備だけではダメで、しっかり発電事業もやりなさいということです。その裏には実は悪質な事業者を排除するというのが大きな目的のひとつにもなっていました。

改正FIT法

この法律では遵守すべきことがきちっと定められています。
「改定FIT法」はもちろんですが、その「施行規則」、それからもう一つは「事業ガイドライン」。
普通、ガイドラインというのは手引書程度ですが、このガイドラインには「遵守すべきこと」とか「遵守するよう務めなけらばならない」といった文言が沢山でてきます。そして「遵守すべきこと」で定められていることは全てFIT法に絡んでいます。そのため、ガイドラインに書かれていることを守らないと法律的に違反という扱いをされる非常に重たいガイドラインです。

さらにもうひとつ遵守すべきことは「市町の条例」です。これもFIT法にからんでいます。市町の作る条例に違反したらすぐにこのFIT法に違反したということで発電権利も剥奪されるという、非常に巧妙に作られた国の法律なんです。
ですから、伊豆半島の市町もすぐに条例を作りました。

これは市町で作った条例の施行日です。
富士宮市は非常に早かったですね。富士山を抱えてますから非常に早く作りました。
伊豆半島では伊東市が一番早くつくりました。聞きましたら、伊東市の副市長さんが富士宮のご出身の方とのことでした。
その4ヶ月後に下田市、伊豆市が作っています。更に松崎町、河津町も作っています。

条例の施行日

函南町はどうかというと、遅いです。県のモデルガイドラインが出て10ヶ月後で、まだ条例が動いていません。
先ほど申し上げました区長会で情報提供があったときに、住民が反対運動を起こすよとか、防災上に非常に危険だよと認めていたにも関わらず町はなかなか条例を作りませんでした。

私が一番がっかりしたのは、平成30年12月の町長の答弁です。
「函南町は条例を作ることを考えていない」と答弁しています。
県がモデルガイドラインを作ったのが12月です。他の市町はとっくに条例を作っています。

やっと1年6ヶ月後、10月1日に条例が施行されます。
私はこれを非常に不信に思いました。なぜこんなに遅いのかと。
その遅い理由も私なりに考えたことを後ほどお話しいたします。

(つづく)

(1)集落の水路を排水路として使う危険な計画
(2)常套句は「地元の同意は必要ありません」
(3)町の事前協議の結果は「不同意」
(4)「条例適用は難しい」なぜ?
NEXT→ (5)不自然に条例から消えた文言「着工の60日前」

 

連載(3)町の事前協議の結果は「不同意」

このブルーキャピタルですが、電気設備を作るまでがブルーキャピタル。そして、売電はトーエネックということでこの2つの会社で契約が交わされています。ですからブルーキャピタルは施設だけを作って後は手を引いてしまうということが決まっているということです。

“連載(3)町の事前協議の結果は「不同意」” の続きを読む

連載(2)常套句は「地元の同意は必要ありません」

この事業を進めにあたってブルーキャピタルの動きですが、とにかく彼らは綿密に戦略を練って土地の取得から動いていました。

彼らは全国的に事業を行っていますので住民対策が非常に豊富です。
一方で我々は非常に不慣れです。情報も不足しています。完全に「やられてしまったな」という感じです。

“連載(2)常套句は「地元の同意は必要ありません」” の続きを読む

連載(1)集落の水路を排水路として使う危険な計画

2019年8月18日に函南町農村環境改善センターにて開催された「函南町メガソーラーを考える集会Vol.2」の内容を連載で掲載いたします。

皆さん、こんにちは。
私は区長と同じ渡辺です。
軽井沢区は渡辺姓が非常に多いんですね。

私は60数年この軽井沢で生まれ育って生活をしてきたわけですが、静岡県の理科の教員として長く働いてきまして、田方農業高校の校長として退職を迎える最後の年に業者が私の家に訪ねてきまして、ソーラーをやりたいので土地を譲ってくれないかというのが話の発端です。

“連載(1)集落の水路を排水路として使う危険な計画” の続きを読む

条例適用は町長次第

静岡新聞(2019年8月19日版)

同条例が適用されると事業者は事業計画について町長の同意を得ねばならず、不同意になれば固定買い取り制度に基づく売電許可が取り消される可能性もある。

「林地開発と設備の設置、発電事業は別」とし、10月1日の時点で設置工事が始まっていなければ条例の適用は可能との見解。届け出を求めるかどうかについては「(仁科喜世志)町長次第」と述べた。

条例について説明する軽井沢区の渡辺憲章さん