「意見書の書き方説明会」が開催されました

意見書を出しましょう!

2021年1月24日、ダイヤランドホールにて「意見書の書き方説明会」が開催されまいた。
この様子はライブ配信されネットからも多くの方が視聴されました。

意見書は下記のメールフォームからもお送りいただけます。
この危険なメガソーラー計画を止めるため、あなたのご意見をぜひお寄せ下さい。

意見フォーム

意見書の書き方説明会

0

「周辺首長に協力依頼していく」(仁科町長)

「このブルーキャピタルマネジメントとトーエネックの大規模なメガソーラーについては、ボーリング調査も寒々しいモニタリングの結果です。調整池も地表から深さもある、その土質の問題も非常に不十分」(仁科町長)

静岡新聞(2021年1月20日版)
+2

「メガソーラー反対住民が町に要望」(NHK)

函南町に建設が計画されている大規模太陽光発電所をめぐり、土砂災害のおそれなどから反対する住民らが、事業者がこれまでに示している環境影響評価の方法は不十分だなどとして、改善を促すよう町に求めました。

仁科町長は下流域の市町の首長の元に足を運び、環境アセスの意見書を出して頂けるよう行動すると積極的な姿勢を示しました。

「メガソーラー反対住民が町に要望」(NHK)

0

意見書の書き方説明会


環境アセスの実施経験者が解説します!

日時:2021年1月24日(日)10:00〜12:00
場所:ダイヤランドホール

ダイヤランド以外の方も歓迎!

20210124ダイヤランド勉強会資料(配布用)

危険なメガソーラー建設を進める事業者の環境アセスが始まりました。
その説明会では数々の重大な問題を住民が意見したにも関わらず、事業者はまともに回答することができませんでした。

事業者の住人軽視は明らかですが、その事業者も県知事の意見は無視できません。
皆さんの意見書は事業者が纏め事業者の見解を付け県に提出されます。
そして、その内容は県の環境評価審査会で検討されます。

県知事はこの計画に反対を表明しています。
住民からの効果的な意見書をより多く提出しこの危険な計画を止めましょう!

事業者が作成した方法書はこちら

こちらからも意見を送れます。
意見フォーム

+3

「一人でも多くの方の意見書をいただきたい」植松 淳史(函南町議会議員)

この業者は既成事実としての説明会を実施した上で、その際のちゃんと説明を重ねよという住民との話を無視し、相互理解をせぬまま事業を進めるべく、環境アセスメントに入ろうとしています。これは、静岡県の出した林地開発許可の付帯条件にある「住民の理解を得る」というのに反しています。

+3

「函南町が大好きな皆さんへ」土屋 学(函南町議会議員)

ぜひ皆さんのお力をお貸しください。
小さな声でも構いません。
経営者、代表の皆さん、企業や組織・団体としての重く強いご意見をお寄せください。

0

「環境アセス意見提出のお願い」古村高(函南町議会議員)

業者は2022年4月以降に予定される新たな省令で認定済のIDが取り消される前にこの問題のあるメガソーラー建設にむけ急激に動き出しました。昨年10月以降説明会を3回、さらに環境アセス説明会も2度行い、また関連する環境アセス方法書の縦覧も今現在行っています。

0

「方法書縦覧が始まってしまいました」大庭桃子(函南町議会議員)

住民無視で強引な手法
2月4日まで反対の意見書をどんどんあげましょう!

「新かんなみ」(2021年1月10日、日本共産党函南町委員会)

注意:方法書の縦覧は2021年1月21日まで。

「軽井沢のメガソーラーの方法書縦覧が始まってしまいました」大庭桃子(函南町議会議員)

+1