なぜ嘘をつく必要があるのか?

トーエネック「届出については、函南町と調整しており、まだ届出は出しておりません」

都市計画課長「調整など、全くしていません」

住民「どちらかが嘘を付いているのですね」

副町長「文書で頂ければ文書でお答え致します。この場でお答えはできません」

[詳しくはこちら]

2+

トーエネックからの回答と解説

函南町と「条例は適用しない」旨の話し合いが行われていることが明らかに。

2020年1月24日、軽井沢公民館にて(株)トーエネックと住民の話し合いが行われました。
前回の質問に対する回答がありましたが、それは住民の不安を払拭するにはほど遠い、不誠実で不十分なものでした。

“トーエネックからの回答と解説” の続きを読む

6+

トーエネックとの話し合いのお知らせ

嘘の「住民説明会」を行政に報告するなどの不正が明らかとなり、住民も町議会も反対する軽井沢メガソーラー計画。

企業理念に「地域社会と協調」を掲げるトーエネックは、それでも計画を続けるのか?

“トーエネックとの話し合いのお知らせ” の続きを読む

5+

今、メガソーラーで何が起こっているのか?(後半)

“森林が無かったら地下水は実はできないんです。
緑が豊かな山では35パーセントが地下水になるけども、無い場合にはわずか5パーセントしか地下水にはならない”

[前半はこちら]

■火災で有毒ガスが発生

鎮火後、遮光シートで覆うこと。
というのは、炎の光でやっぱり発電しますからね。
ただ遮光シート覆うとそれが燃えるのでは?と思いますけども。難しいです。

“今、メガソーラーで何が起こっているのか?(後半)” の続きを読む

2+

「環境美化指導員」「廃棄物減量等推進員」募集

函南町から以下のとおり依頼がきましたのでお知らせします。


「函南町環境美化指導員」及び「函南町廃棄物減量等推進員」の推薦について(依頼)

日ごろより、町環境衛生事業に多大なるご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
さて貴自治会からご推薦を受け、町が委託しました「函南町環境美化」及び「函南町廃棄物減量等推進員」の任期が、令和2年3月31日付けで満了となります。
つきましては、来年度より活動していただける各委員の方を、別紙「函南町環境美化指導員推薦書」及び「函南町廃棄物減量等推進員推薦書」により、ご推薦いただきますようお願いいたします。

 

自薦および他薦のご連絡をお待ちしています。
詳細は下記の添付ファイルをご覧ください。

20200115函南町環境衛生

(ダイヤランド区長 吉原)

0