南箱根ダイヤランドNEWSへようこそ!
「南箱根ダイヤランド」は、富士山を望む美しい風景が自慢の別荘地です。
当ウェブサイトでは、ダイヤランド内外の情報を幅広く掲載いたします。
ダイヤランドNEWS

函南町軽井沢地区のメガソーラーは、ブルーキャピタル社が施行し、完成後はトーエネックに売却する計画です。
これと同様にブルー社が施行しトーエネックが売電する予定で既に売却済みの山梨県甲斐市菖蒲沢のメガソーラーの実態をレポートします。

ブロックを置いただけの呆れた調整池

誇らしげにブルー社のホームページに載っているこの巨大メガソーラーは、写真から見て取れるとおりあきらかに調整池が小さ過ぎます。


これで、この巨大メガソーラー群により失われた森林の保水力をコントロールできるとは到底信じられません。

しかもこの調整池はティーロードのコンクリートブロックを積み重ねてできています。
「ティーロード」とは、その名のとおり「T型」の「道(ロード)」用ブロックという意味です。

これを見た専門家は「素人の仕事」と呆れていました。

無許可で敷き詰められた太陽光パネル

これで本当に許可は下りているのでしょうか?
山梨県に問い合わせてみると更にデタラメな工事の実態があきらかとなりました。

既に洗掘されパイプの根元が出ている鋼管

このような巨大な林地開発行為を行うためには、その手順として防災工事を先行するのが常識です。
ところが県の職員がこの杜撰な調整池のチェックに訪れた時には既に太陽光パネルを敷き詰められていました。
許可無く勝手に工事を進めていたわけです。

現在、この調整池は行政から作り直しを求められています。
この危険な状態は一刻も早く改善すべきですが、工事をやり直している形跡は一切ありませんでした。

事業者もまるで機能しない調整池だとわかっているから、直すつもりも無いのでしょう。
この急傾斜地にこの低クオリティの調整池ですから、もし仮に水が集まったら逆に危険でさえあります。
つまり、この巨大メガソーラーには実質的に調整池が無いも同然なのです。

もはや開発行為自体の許可取消を行うべき事案ではないでしょうか。

トーエネックの担当者は「知らなかった」

林地開発許可時には、元々このような設計ではなかったはずです。
設計書どおりではない、でたらめなこの実態をトーネックはどのように考えているのでしょうか。
担当者に電話で問い合わせてみたところ、山梨県から連絡が来るまでこの現状を知らなかったという回答でした。
既に所有者であり安全を守る責任のあるトーエネックはこの実態を把握さえしていませんでした。
それで住民の安全が守れると言うのでしょうか?

方法書説明会(8)「住民の理解は後回し」

2021年6月30日、函南町の住民らと面会した川勝知事は軽井沢地区で進むメガソーラー建設計画について「住民の理解なしに進めるのは間違い。伊豆半島全体の問題ととらえている」と答えました。

続きを読む

北海道から九州まで、全国30団体の運動がスクラム

続きを読む


区民の会

コロナ感染症の状況が悪化しているため、残念ながら急遽中止となりました。

20210807移動販売会

この度、区民の会は(株)共益商会とリサイクル資源回収の契約を結びました。
2021年7月1日より 段ボール/古紙、アルミ缶の3品目について、回収収益は区民の会・会計に計上され、広くダイヤランドの環境向上の為に遣わせて頂きます。

つきましては、従来とは異なり『アルミ缶とスチール缶の分別』が必要となります。

それぞれ指定されたコンテナーに分別の上、必ずレジ袋等から出して直に入れて下さい。
ご協力の程、くれぐれも宜しくお願い致します。

(回収日)
段ボール/古紙;毎週月曜日
アルミ缶;毎週木曜日

※尚、古紙回収に対しては、函南町からリサイクル奨励金が交付されます。

ダイヤランド内で保護した飼猫の一時預かりさんを探しています。

続きを読む


カテゴリー一覧