南箱根ダイヤランドNEWSへようこそ!
「南箱根ダイヤランド」は、富士山を望む美しい風景が自慢の別荘地です。
当ウェブサイトでは、ダイヤランド内外の情報を幅広く掲載いたします。
函南町軽井沢メガソーラー問題
「とびっきり!しずおか」放送内容連載(1)〜(10)カテゴリー「メガソーラー」オンライン署名マスコミ報道まとめメガソーラーなんていらない
ダイヤランドNEWS
静岡新聞(2021年5月2日版)

重要なのはメガソーガー事業者が撤退するか否か

この判決で「条例違反である」と認定されたことはとても重要であり、今後、経産省がFITの認定を取り消す場合の根拠となります。
中田次城(静岡県議会議員)

伊東市では、条例施行前に工事が開始していたか否かで行政と事業者の主張が割れていました。施行日前に工事着工であれば条例が適用できないからです。
今回の判決は条例が適用されていることを認めた上で条例違反が認定されるかたちとなりました。

同市で同規模のメガソーラーを計画していたブルーキャピタル社も条例の適用が大きなきっかけとなり撤退しています。
実際にFIT認定が取り消されなくともその可能性が高まれば事業者は撤退せざるを得ないのです。

環境アセスで事業は止まらない
しかし、その前に条例を適用すれば事業は止まる

函南町もまた「行政権の乱用」を心配し、それを理由に条例の適用を戸惑っています。
しかし、その心配が杞憂に過ぎないことがこの判決により証明されました。
あとは仁科町長が英断を下すだけです。

財産権より生存権の方が優先する

 

1件のコメントあり!

伊東市のメガソーラーを巡る裁判の高裁判決が確定しました。

これにより伊東市の「実質的勝訴」は確定し、伊豆メガソーラーパーク(ハンファエナジー)の撤退はほぼ確実となりました。

先日判明した、ブルーキャピタル社の伊東市から伊豆市への計画地変更も合わせ伊東市の大規模メガソーラー問題は解決に向かう道筋しかなく、同市の長い闘いはまもなくハッピーエンドを迎えることになるでしょう。

判決文はこちら
R3.4.21 控訴審判決 河川占用取消請求事件

2件のコメントあり!

事業を開始している場合、環境アセス条例違反。
事業を開始していない場合、函南町の条例施行後の事業開始なので町の条例が適用される。

どちらとも答えることのできないブルーキャピタル社。

方法書説明会(6)「書き間違いか、虚偽報告か?」

 

コメントしましょう!

これが事業者が届出を拒む理由です。

条例とFIT法の関係を説明いたします。

まずブルーキャピタルに届け出を求めます。
ブルーキャピタルは届けに応じなかったら条例違反ですから、義務として届け出を渋々でも出します。
出てくれば町は「不同意」を通知します。

続きを読む

4件のコメントあり!

区民の会

これは、1地区にお住まいの小島さんからの投稿記事です。

私は60歳の時、この地ダイヤランドに移住してきました、76歳の者です。
函南町市街地に住む友人に、芳しくない噂を聞き、おそらく過去に世間に疎いひと握りの人の言動が不評をかい、悪いことのみ誇張され風評が広がったと思われます。

続きを読む

コメントしましょう!

多くの区民の皆様から180件のご報告を頂きました。
殆どはイノシシによる被害が多く、10年以上前からの被害報告もありますが、ここ数年での被害が激増しております。

続きを読む

コメントしましょう!

カテゴリー一覧