トーエネックとの話し合いのお知らせ

嘘の「住民説明会」を行政に報告するなどの不正が明らかとなり、住民も町議会も反対する軽井沢メガソーラー計画。

企業理念に「地域社会と協調」を掲げるトーエネックは、それでも計画を続けるのか?

“トーエネックとの話し合いのお知らせ” の続きを読む

5+

今、メガソーラーで何が起こっているのか?(後半)

“森林が無かったら地下水は実はできないんです。
緑が豊かな山では35パーセントが地下水になるけども、無い場合にはわずか5パーセントしか地下水にはならない”

[前半はこちら]

■火災で有毒ガスが発生

鎮火後、遮光シートで覆うこと。
というのは、炎の光でやっぱり発電しますからね。
ただ遮光シート覆うとそれが燃えるのでは?と思いますけども。難しいです。

“今、メガソーラーで何が起こっているのか?(後半)” の続きを読む

2+

今、メガソーラーで何が起こっているのか?(前半)

前半を書き起こしました。2020/1/13

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

メガソーラー問題は一部の地域だけの問題ではありません。
いま全国に広がるメガソーラーの問題をやさしく解説。
(奈良県山添村馬尻山で開催された講演より)

“今、メガソーラーで何が起こっているのか?(前半)” の続きを読む

6+

議会で巧妙な虚偽答弁!多くの議員は騙されています。 【解説入り】

佐野章夫(函南町副町長)

①令和元年6月議会【議事録抜粋(解説入り)】
②令和元年9月議会【副町長の答弁】2019.9.4
③令和元年9月議会【議事録抜粋(解説入り)】
④令和元年12月議会【議事録抜粋(解説入り)】2019.12.4

【メガソーラー問題】函南町議会(会議録からの抜粋 その2)

4+

函南メガソーラー、沼津市長も懸念

「山間部の森林の育成が海の環境に多大な影響を与える」(沼津市長)

既に反対を表明している伊豆の国市長に続き、沼津市の頼重秀一市長も函南町メガソーラー計画に懸念を表明しました。

“函南メガソーラー、沼津市長も懸念” の続きを読む

6+

秋元司氏自身が語るブルーキャピタルとの関係

「支援はありがたいが、ブルーキャピタル社が何の事業をしているか知らなかった」秋元司 環境副大臣(当時)

秋元議員はブルー社が政策投資銀行から融資を受けれるよう便宜を図っている。

“秋元司氏自身が語るブルーキャピタルとの関係” の続きを読む

4+

虚偽公文書の作成・行使疑い、函南町長らを告発

処分理由は「非公開」
情報公開請求の回答は、非公開の決定通知書でした。2019/12/28
https://dialand.jp/archives/7884#comment-9279

伊豆日日新聞(2019年12月21日版)

“虚偽公文書の作成・行使疑い、函南町長らを告発” の続きを読む

7+