「4〜3億円程度が町負担」とは何だったのか?

ついに光回線が来春に実現することとなり大変に嬉しく思います。
ご協力いただいた地域の皆さま、役場の皆さま、多くの皆さまに感謝いたします。

ただ、今ここで、どうしてもひとつ忘れてはならないことがあります。

この歓喜のタイミングであれば、決して個人的な恨みうんぬんで言っているのではないということがわかっていただけると思いますのであえて苦言を呈します。

この光回線の実現に関する平成29年2月15日時点で町から回答は以下のようなものでした。

光回線事業者へ整備が可能かどうか確認しました。
整備する場合は、函南町の山間部(974局)を一斉に整備する必要があるため、費用負担(4〜3億円程度が町負担)等について協議が必要となるとのことでした。
また、NTT以外の事業者が行うことも考えられるので、事業者、受益者との協議も必要となります。

光通信網の整備(他)函南町からの回答と、それに対する区民の会の見解

この文面に出てくる「4〜3億円程度が町負担」について、当時から疑念がありました。
住民を諦めさせるためにあえて多めに言っているのではないのかと・・・。

そして今回わかった実際にかかる費用は、全体で約1億7千万円、その内、町の負担は約6000万円。

「4〜3億円」ではなく「6000万円」、誤差というのはあまりにも大き過ぎませんか?

私は区長という立場上、あまり役場を批判するようなことは言わない方がいいと、多くの人からアドバイスをいただいているので、普段はなるべく我慢をしてます。

しかしそれでも、単なる個人的な感情での怒りではなく、批判すべきことはきちんと批判すべきだと思います。だから今回ばかりは、はっきり言わせてもらいます。

役場の皆さん、住民を諦めさせることを目的とした安易な言い訳、誤魔化しは止めましょう。
間違いが悪いのではありません、議論を止めるような発言が良くないと言っているのです。

反論、異論があって何が悪い?ケンカと議論はぜんぜん別物です。
大いに議論を闘わせて万人の納得のいく結論を導き出せばいいではありませんか!

それが民主主義です。健全な社会です。

立ち上がった軽井沢区に声援を!

事業者が十数回の説明会を開催し、住民の同意を得たはずの軽井沢区で、住民の皆さんが今回、明確に反対を表明されました。

これまでの事業者の説明が十分ではなかったことは明らかです。
この計画の大前提が崩れました。

仮にどのような「安全な計画」であったとしても、その大前提はお互いの信頼関係です。

それ無くして「20年間、しっかり管理します」とか。「その後は責任を持って撤去します」とか、そんな言葉に何の意味があるでしょうか。

行政は「オトナの事情」で、いまだに明確に反対を表明していません。

しかし、私たち住民はなんの遠慮もいりません。
これからもしっかりと反対の活動を続けていきましょう。

オトナの事情の話

 

オトナの事情の話

大規模メガソーラーのような大きな事業には、さまざまな利権が発生します。
開発事業者だけではなく、その工事を請け負う地元企業にとっても大きな仕事です。

そして地元企業がそういった大きな仕事を請けるためには、地元の議員さんなどに協力を得ることもまた普通にあることです。
また、選挙などになれば今度は議員さんに協力するといった持ちつ持たれつの関係にあります。

それが行き過ぎると汚職の問題などにも発展しますが、そんなオーバーな話ではなく一般的な常識の範疇で忖度する程度のことはどこにでもある話です。

例えばメガソーラーの建築を制限するような条例を作ろうとなったとき、お世話になった業者にだけは迷惑のかからない抜け道のある条文にするといったような忖度が考えられます。

しかし、もし地元住民の建築反対の声が大きく上がり、とても忖度できないような状態になったら、そんなことは言ってられません。それこそ汚職事件に発展したり、そこまで行かなくても疑惑の目を向けられることになってしまいますから。

大抵の場合、そういう時のために、ちゃんと抜け道を塞ぐ策も考えられています。
そして「はじめからそうするつもりでしたよ」と言う顔をすれば問題は大きくならなくて済みます。

人に疑いを持って生きることはつまらないことですが、だからと言って何も疑わないのは愚かなことです。

オトナの事情で止むにやまれず、やらねばならないことはあります。

私たちは、それをただ直接的に責めるのではなく、そうできないしっかりとした監視の目を持つことによって健全な社会を作っていきましょう。

皆さんに助けられて幸せ者です

人に何かを頼むのが苦手な性分で、大抵のことは誰かに頼む労力より、自分でさっさと済ませた方が楽だし早いと思ってウン十年間生きてきました。

ところが、やむを得ない理由で意に反して会長になってから、随分と多くの人たちに助けられているなぁとつくづく感じています。

こちらから頼まなくとも「私がやりましょう」「やっておきました」と多くの方が言ってくださいます。

まぁ「頼りない会長だから助けてやらなきゃ」という同情もあるのでしょう。

でも、それだって私の個性、すなわち能力ですからね!
その能力を遺憾なく発揮して、今後とも助けられながらてやっていきたいと思います。

メガソーラーに関する区長会での発言案

昨日(6/13)の函南町議会では軽井沢地区のメガソーラーに関するはっきりとした町の「不同意」が示されました。
本日の区長会では仁科町長から今回の条例制定に関する説明が行われる予定です。
そして、私たちは町政に同調して更なる住民としての反対の意志を表明する必要があります。

こういったことを踏まえ、本日の区長会では仁科町長からの説明のあと、以下の発言を行う予定です。
ご意見がありましたらご遠慮なくコメントしてください。

1.全資料の開示

 事業者からの事業計画や、函南町が県に提出した資料など、住民にはまったくその内容がわかりません。
 それでは必要以上に心配したり、逆に心配すべき重大なことに気が付かない可能性があります。
 事前協議で事業者から提出された全資料および函南町がこれまで作成してきた申請資料類を開示してください。

2.住民説明会の実施

 ダイヤランド区は景観被害の当事者であると同時に、丹那小学校にも多くの子供たちが通学しいます。
 その意味からも、ダイヤランド区で住民説明会は開いてもらわなければ困ります。
 ダイヤランドで住民説明会を開くことを事業者に指導してください。

3.町長は反対なのか?

 函南町は県に対して「不同意」の意向を示したことから、今回のメガソーラー計画には基本的には反対の立場であると理解でます。
 しかしまだ町長の口からハッキリと「私は反対である」という言葉が無いのが不安です。
 今ここで仁科さん自身がこの計画に反対であることを表明してください。

20190614仁科町長へのお願い

↓函南町からの回答
20190624函南町回答

民生・児童委員の推薦に関する結論

「民生・児童委員の推薦」について、現行委員や委員経験者を初め多くの人々の声を聞き、ネットや書籍で調べ、熟考に熟考を重ねました。

その結果、特に積極的には推薦はしないという結論にいたりました。
ただし、募集はします。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

民生・児童委員の推薦に関する私の意見

この結論について、本日の役員会で説明をし、賛同者4名、反対ゼロ、棄権2名となりましたので実行にうつします。

民生・児童委員の立候補者を募集します

 

MCA無線機操作説明会

今日は函南町役場でMCA無線機の操作を習いました。

基本的には見た目も使い方もケイタイ電話と良く似ているけど、ちょっとだけ違うからよけいにややこしい。

「ケイタイが使えないような災害時にも強い」ということらしい・・・。

本当か?案外ケイタイも繋がるよ、最近のは。・・・と思いつつ、いざというとき使えなくて泣くのもいやなので真面目に練習しました。

MCA無線取扱説明書

mcAccess eが災害時に強いワケ

TODOリスト

・敬老会関係
 ・名簿データに関する打ち合わせ。
 ・IP電話の転送設定。
 ・案内書の修正。
 ・案内書の印刷発注。

・地域公共交通関係
 ・日時の最終確認。
 ・来賓者への連絡および出欠確認。
 ・会場準備の手配。

・区民の会メーリングリスト関係
 ・ポスト投函分のユーザーの追加。

・地区懇談会関係
 ・日時の確認。
 ・来賓者への連絡および出欠確認。
 ・会場準備の手配。

・民生・児童委員関係
 ・公募方法の検討と実施。
 ・現在の委員の意志確認。
 ・推薦者の報告(6/28まで)

・自治会活動保険関係
 ・保険申込書の記入(押印)
 ・保険申込書の提出(5/31まで)

・その他
 ・コニュニティースクールに関する取り組みの検討。
 ・函南町タウンウォッチングに関する取り組みの検討。
 ・MCA無線関係(5/29、6/2)
 ・函南町都市計画マスタープラン(パンフレット)の告知。

民生・児童委員懇談会

今日は、民生・児童委員の皆さんにお集まりいただき、日頃の活動や苦労話など多岐に渡ったお話をお聞きしました。

「100年の歴史」と言えば聞こえはいいけれど、要は100年前の古い制度自体に多くの問題があり、一朝一夕に解決できないまでも、少しづつでも改善していかねばいずれは自分自身の首を絞めかねません。

例えば、これだけ行政と密接な関係があり、福祉に必須の役割を担っているにもかかわらず、それが無報酬というのはおかしい。少なくとも最低賃金以上の報酬は払うべきではないでしょうか。

なり手が少ないのではなく、条件が悪すぎるのです。

民生・児童委員と自治会である区民の会はあくまで別組織ではあるものの、それの目指すべきものに共通点は多い。これからもそれぞれの立場を尊重した上で、協力関係を深めていきたいと思います。

民生委員・児童委員の推薦

 

ダイヤランドに5Gが必要なワケ

まずは総務省が公開している5Gに関する動画をご覧ください。

自動運転、遠隔医療、自動精算の無人店舗など。
これらは今、ダイヤランドが抱えている問題とまさにリンクしている内容です。
早くこんな未来が来るといいですね。

ロボットシャトル
今までに無い自由な交通を。