令和2年度 第1回 函南町地域公共交通会議 議事録

日時:令和2年7月29日(水)午後1時30分~
場所:函南町役場2階大会議室

注目ポイント
・函南町の観光資源は、自然豊かな環境と富士山の眺望。
・熱函道路にバス停ができれば中山間地域に住む約3000人が利用可能になる。
・規制緩和によってスクールバスの一般乗降が可能。すぐにできる対応。
・畑毛路線は補助金600万円。一方、ダイヤランドは住民が600万円を負担。この不公平の解消が必要。

20200729函南町地域公共交通会議(議事録)

0

「令和2年度 第1回 函南町地域公共交通会議 議事録」への3件のフィードバック

  1. 畑毛路線バスに補助金付けたのは前の副町長が畑毛に住んでいるからじゃないですか?
    それって大丈夫なんですか?

    2+
  2. それって行政の私物化?
    税金でしょ。
    議員はそれを追求しないのですか?
    ちゃんと公平公正にしましょうよ。
    函南町は滅茶苦茶じゃないですか!

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。