「平太さんと語ろう」で丹那とメガソーラー問題が話題に

「今日は仁科町長も来ていますが、行政は皆さんのためにやっているわけですから、それを忘れないように」川勝平太(静岡県知事)

2020年11月18日、三島市民文化会館にて川勝知事による「平太さんと語ろう」が開催されました。(動画あり)

全国野菜ソムリエで銀賞に輝いた丹那の神尾かほりさんや、岩田板金の岩田徹也社長による地元消防団の活動。そして理想の移住地としてダイヤランドの名が上げられるなど、ここ丹那の話題が中心の中で、会場からのその丹那で起きているメガソーラー問題に関する知事との対話がありました。

 

11+

「「平太さんと語ろう」で丹那とメガソーラー問題が話題に」への8件のフィードバック

  1. 知事は、
    ・知事として軽井沢メガソーラー建設は反対です。
    ・この問題について県の幹部職員を住民のもとに行かせます。
    ・皆さんは、これからも大きな声を挙げて強く反対してください。
    ・泣き寝入りはなりません。
    ・知事として阻止に微力を尽くすことを約束します。
    と、力強いお言葉や約束をして頂きました。
    今後、知事に会って現状の説明や地元住民の声をお伝えし、県やメガソーラー建設計画に悩む市や町の住民と力を合わせて取り組んでいく考えです。

    皆様方
    私達の活動にご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します!

    16+
  2. 川勝知事

    仁科町長が目の前に座っているのに、

    「今日は仁科町長も来ていますが、行政は皆さんのためにやっているわけですから、それを忘れないように」

    と言われましたね。流石です。

    住民の思いを知事が自ら言ってくれ、嬉しくなりました。

    仁科町長
    いつまでも町民を騙せませんよ!

    8+
      1. 当然わかっています。
        他の市町ともやり取りしているわけですから、その違いが一番わかっているのは県職員です。

        函南町が異質なのは明らかです。
        だから復命書も作成されました。

        1+
  3. 川勝知事の発言

    今日は仁科町長も来ていますが、行政は皆さんのためにやっているわけですから、それを忘れないように。

    仁科町長はどんな気持ちで聞いていたのでしょう?

    仁科町長は裸の大様になっていることに気付いていないの?

    住民から見放された政治家は裸の大様でしかないですよ。
    住民のために政治をしましょう。
    まだ間に合いますから。

    3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。