太陽光発電施設を規制する条例 この3年で3倍以上に

太陽光発電施設の建設を規制する内容の条例を設けている市町村が、この3年で3倍以上に増えたことが、NPO法人の調査で分かりました。景観を損ねることなどを懸念する住民の声が背景にあります。

太陽光発電施設を規制する条例 この3年で3倍以上に(NHK)

+4

「太陽光発電施設を規制する条例 この3年で3倍以上に」への1件のフィードバック

  1. 太陽光発電事業をしている会社、名前の知っている会社はありますか?
    大半の会社は、数年前に続々参入してきた怪しい会社ばかりです。
    まるでサラ金業者が国民を喰い物にした時代を思い出します。
    サラ金業者の後ろには、当時、メガバンクが黒幕として融資していました。
    太陽光発電事業者もサラ金業者とある意味似ていると思います。
    共通点は、
    楽して金儲けする。
    相手が不幸になろうが、地獄に落ちようが知ったこっちゃねえ!
    儲かりさえすりゃいい!
    そんな気がします。
    政府が耳障りの良い「脱炭素社会」を掲げ、再生エネルギー事業者に甘い政策に利権の闇が牛耳る悲しい現実があるものと思います。
    今の日本にとって不幸なことは、健全な野党が存在しないからだと思います。
    ある意味、立憲民主党や共産党も闇の世界に加担していると思います。
    このままでは日本の未来は中国の属国になるのか?
    そんな時代には生きていたくはありません。見たくもない!

    +4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。