さとこJAPAN「太陽光発電の問題について」

インターネットラジオさとこJAPANに全国の太陽光発電の問題事例を調査している鈎裕之(まがりひろゆき)さんのインタビューを以下のリンクから聞くことができます。

太陽光発電の問題をわかりやすく解説しています。

さとこJAPAN「太陽光発電の問題について」(音声データ)


「さとこJAPAN「太陽光発電の問題について」」への1件のフィードバック

  1. 函南町は景観法に基づき、景観計画や景観条例を制定しています。
    その目的は、函南町の素晴らしい景観や豊かな自然を守り、恵まれた観光資源を活用し、観光客の期待に応えることにより、町が発展し、住民の福祉も充実する。
    悲しいことに、その目的や願いに逆行するメガソーラー計画が、函南町民の知らないうちに進められています。

    これが完成すれば、丹那方面への観光客は激減し、地元経済はもとより、函南町の経済にとっても大きな影響が及ぶことが想定されます。

    さらに、丹那や軽井沢地域は、防災マップで明らかな通り、土砂崩れや土石流の危険区域であることから、丹那盆地に匹敵する規模のメガソーラーが設置されれば、取り返しのつかない、大規模災害が起こるものと思います。

    その被害は下流域に至るまで甚大な被害が及ぶことも、過去の災害事例からも明らかです。

    県の林地開発許可は、近いうちにおりるみたいです。一人でも多くの方々の声が、この計画を止める力になります。

    諦めないで、頑張りましょう。
    私達の未来の子供たちのために、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。