Daiichi-TV「FRONT zero」

函南町に計画されているメガソーラーの建設について反対する地元住民らが今日、集会を開きました。

メガソーラー建設は東京の事業者が進めているもので、函南町の軽井沢地区およそ65ヘクタールの土地に10万枚以上のパネルを設置する計画です。

今日の集会には反対住民らおよそ180人が集まり、リーダーが経緯の報告をした上で「住民に必要ないものは作らせない」として今後も署名活動などを行っていくことを確認しました。

「Daiichi-TV「FRONT zero」」への8件のフィードバック

  1. ブルーキャピタルの社長が住民でもないのに会場に勝手に入っていたってホントですか?
    それって、犯罪にならないのかしら?
    来てるなら、せめて住民に謝罪でもすればまだしも、黙って帰るなんて、ありえない。信じられない。

  2. 町長も議会も、これ以上住民を馬鹿にしないでほしい!

    私利私欲にまみれて、こそこそ計画を進めようとしたかもしれないけれど、もう住民は騙されない。

    丹那の話だからみんなが騒ぎ前に何とかなると思ったのかもしれませんが、柿沢川の下流域にある仁田を含めた函南町の町が影響を受ける話ですよね!
    絶対受け入れられない。

  3. 函南町の皆さま方へ

    新聞やテレビで拝見しました。
    大変ですね。
    私達も今まで大変なことがありましたが、函南町と議会と住民がひとつになれれば阻止できます。
    私達の経験から、
    ブルーキャピタル社は、約束を守りませんので、函南町の皆さま方は、くれぐれも騙されないよう、お気をつけください。
    伊豆はひとつです。力を合せて頑張りましょう。

  4. 「来るな」と言われたから、黙ってこそこそ参加してたって、子供でもあるまいし。きちんとした信用できる企業であればこんなお粗末な対応とりません。

    「企業の利益も守る必要があります」町が繰り返してきた答弁。住民説明もしない。こそこそ反対集会に潜伏。住民を不安に貶めるブルーキャピタルのやり方。影に隠れてお金儲け企む三菱系大企業トーエネック。

    これでも町は企業の利益守ると言うのですか?

    町も今もって住民に何も知らせない。
    ブルーキャピタル、トーエネック、町、それぞれがきちんとした説明を函南町民にするべきと思います。

    皆さんはどの様に思いますか?

  5. 函南町は軽井沢メガソーラーは認めない立場だし、住民も認めない立場。
    あとは議会が反対決議すれば、函南町は一枚岩になりますから、絶対に止めれますね。

  6. 伊豆日日新聞にメガソーラー条例を適用は町長次第と書いていましたね。
    条例は10月1日から適用できるらしいから、仁科町長は当然適用するでしょう。

  7. 東京産業株式会社は、三菱グループの企業で、この度、ブルーキャピタル社と中部電力の主力取引先である株式会社トーエネックとを引き合わせ、FITのID売買を仲介したようですね。
    日本を代表する大企業が、ブルーキャピタル社の背中に隠れてコソコソしているのがバレたみたい。
    一流企業としては、(ーー;)、まずいのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。