和歌山市議会「反対決議案」を可決

住民の同意ないメガソーラー建設反対を決議、和歌山市議会

楠見地区連合自治会が出したメガソーラー事業の反対決議を求める請願を採択。議員発議による「住民の同意を得ない太陽光発電施設の建設に対する反対決議案」と、知事・県議会議長あてに提出する「太陽光発電設備の建設に関する意見書案」を賛成多数で可決し、閉会した。

「和市議会で反対決議 平井の太陽光発電計画」(和歌山放送ニュース)

「メガソーラー建設反対」請願の紹介議員は全議員のうち4人を除く34人。
「計画反対請願、市議会・委員会通過 平井メガソーラー計画」(和歌山放送ニュース)

「和歌山市議会「反対決議案」を可決」への2件のフィードバック

  1. 和歌山は伊豆にとって、昔から、とても縁の深い地域です。
    お互い遠く離れていますが、共通の困難を共に乗り越えることが出来ればと思います。
    力を会わせて頑張りましょう。
    住民パワーで、必ず、克服できます。

  2. ある議員が、請願出されて議決するのは議会の恥じたからなあって言ってるのを知り、それが恥だと思うなら、今まで、なんで反対決議してこなかったんだ!
    住民の命にかかわる問題なのに、よくもまあ、恥だとか言えたもんだ。
    こんな程度の議員に投票してしまった私達が恥だと、つくづく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。