実現しよう!大場〜熱海間の基幹バス路線

函南町地域公共交通会議は、経費と時間の無駄を省き、問題解決に向けた具体的かつ積極的な審議を!

これからの函南町の地域公共交通の計画が今、決まろうとしています。
私たちの生活に大きく関わるこの問題に注目し、これからの時代に合った地域公共交通を実現しましょう。

私たちのビジョン

・熱函道路の途中にバス停のある大場〜熱海間の基幹バス路線の実現。
・そのバス停から各家庭に続く、コミュニティーバス、オンデマンド型乗合タクシーなどの実現。
・これらの実現により、自家用車を持たないで快適に暮らせる生活環境の実現。

実現のため函南町地域公共交通会議に求めること

1.会議資料について
・詳しい資料は、年に一度の配布でよい。
・各委員には、配布済みの資料は会議に持参をお願いするべきである。
・資料は、数枚程度で十分である。

2.会議の進行について
・司会は、議論のポイントを明確にして、会議を円滑に進行してもらいたい。
・全委員に発言を求めないと、ただ出席しているだけでは意味がない。
・委員一人ひとり、自らの責任を果たす意味でも、積極的に意見を述べる機会を与えるべきである。

3.今後の地域公共交通会議のあり方(議論のポイント)
・国が示す方針や考えを基に、函南町としてのグランドビジョン(イメージ図)を早急に示してもらいたい。
・具体的には、

 ①基幹路線(骨格)の決定
 大場~役場~熟函(交通接続場所)~来宮~熱海

 ②廃止路線と代替交通手段の検討
 赤字路線・赤字補填路線

 ③重複する交通手段の統廃合を含めた見直し・改善
 コミュニティバス、スクールバス、福祉タクシー、湯とびあバスなど

 ④公共交通空白地域の交通手段の検討
 デマンド型乗合ククシー、自家用有償輸送、ボランティア輸送

などの議論を通じ、地域住民のニーズ応えるだけでなく、それが観光客の増加や町の発展につながる持続可能な地域公共交通計画を立案していく責任がある。

 

0_資料の送付について
1_主な修正点
2_計画編
3_資料編
4_山口委員意見書
5_自家用有償運送緩和(概要)

地域公共交通の改善

1+

「実現しよう!大場〜熱海間の基幹バス路線」への21件のフィードバック

  1. 「公共による基幹ルートバスと地域住民によるフィーダー交通」という提案は、まさに人口減少と超高齢化社会を前提とした国の施策方向そのものです。
    加えて、新型コロナウィルス感染拡大を契機に広がるテレワークが社会に根付き人口都心集中も変わっていくと、地方部での地域公共交通の重要性は一層増すと思います。
    是非、実現に向けた有意義な議論を期待します。
    山口委員、頑張って下さい!

    1+
    1. 都心から1時間程度の場所で自然に囲まれた過ごしやすい自宅でテレワーク。

      理想の働き方のひとつとして、あちこちで目にするようになりました。

      それってダイヤランドのことじゃありませんか!

      2+
    2. 菊池さま

      激励ありがとうございます。
      皆んなで力を合わせて実現したいと思っています。
      お力添えをお願い致します。

      1+
  2. このシステムだと回数券1枚料金より運賃が高くなるはずですよね。
    管理費払ってる人間は回数券購入できるので(しかも有効期限ないから、買ってたまに来る時だけ使用でも有効)、賛成したら損だと思います。

    0
  3. 伊豆箱根バスは、数年前、熱海の営業所を廃止したため、大場の本社から熱海路線のバスを回送で熱函道路を走らせています。
    その一部は、路線バスとしても運行しています。 
    主な運行経路は、
    大場→役場→平井下→来宮駅→熱海駅
    熱海駅→来宮駅→平井下→役場→大場
    です。
    この路線バス
    熱函道路のファミリーマートやきみち食堂の辺りにバス停を作ってもらえれば、そのバスをダイヤランドの住民だけでなく、丹那方面の方々も利用ができるようになります。
    これには、伊豆箱根バス、町に新たなコストは殆どかかりません。

    地域公共交通の選択肢が多いほど、函南町の山間部(約3000人)にとって
    地域公共交通の選択肢が増えますから利便性が向上します。
    また、観光客にも利用することができますから費用対効果が高いものと思います。
    限られた財源の中で、より利便性を向上させるためには、固定観念に縛られず、新たな発想が必要です。

    幸い、国交省も約十年に旅客運送法を改正し、様々な規制緩和をして頂いたお陰で、ボランティア輸送やスクールバスにも一般の客が利用できるようにもなりました。 

    私は国交省が示しているオプションが、この地域にとって、どの様な組み合わせがベストマッチするのか?
    考えています。
    皆様方からのご意見を踏まえ、より良きアイデアを会議で伝えていこうと考えています。
    ただ、町の財源も無尽蔵にあるわけではありません。
    勿論、管理会社も同様だと思います。

    今まで、福祉タクシー、ゆうとぴあバス、スクールバス、回送バス、ダイヤランドバスなど、それぞれがバラバラに運行しているため無駄が多く、そこを一元的に見直せば経費を増やさずに、より利便性が向上するのではないかと思って取り組んでいます。

    ご理解、ご支援、よろしくお願いします。

    4+
  4. 山口さん、他皆さんへ、
    地域公共交通の検討ありがとうございます。
    以下は私が今年3月4日に締め切られた 函南町の地域公共交通に関するパブコメとして町に提出した資料です。
    ★★
    山口さんの提唱される幹線ルートに接続される丹那地区、ダイヤランド地区のサブのルート案を4つ示しています。
    ⑴乗り合いタクシー、⑵ミニバス、⑶ボランティア運転手と白ナンバー車による移動手段、⑷自動運転車
    です。まだ素案ですが、今後検討を進めることが出来たらと思います。
    茨城県の常陸太田市の事例が函南町にも類似すると思われますので、今後の検討の参考にして頂ければと思います。

    iken-sheet地域公共交通パブコメ古村改訂B.pdf

    1+
  5. すず さま

    コメントありがとう御座います。
    少し、誤解されているようですので少し長くなりますが、私の考えなどを説明させて頂きます。

    私は、ダイヤランドバスの利便性向上と実質運賃の改善に取り組んでいます。
    現在の運賃は、確かに環境整備費を払っている契約者は回数券を安く購入できます。
    その理由は、その管理費から年間約600万円もの赤字補填しているからで、実質運賃は高額になります。

    しかし函南町の畑毛路線は、町の税金で(年間600万円)赤字補填しています。

    同じ納税者であるにも関わらず、畑毛地域は税金で支払われ、私達ダイヤランド住民は、私達の管理費で赤字補填している訳です。

    私は、この様な現状について理不尽だと考えています。

    ダイヤランドバスは、路線バスなのですから、当然、誰もが利用できる訳ですから町が税金ですべきで、今の運賃より高額にしようとは、私は全く思っていないことを、まずご理解頂ければと思います。

    伊豆箱根バスは、1日に2便、大場駅から熱海駅の間、路線バスを走らせています。それ以外に回送バスも沢山走らせています。  

    このバスを利用できれば、ダイヤランドの住民だけでなく山間部で暮らす住民の利便性は向上します。

    そのためには、バス停が必要です。

    現状は、大場駅から役場、そして平井下バス停を最後に来宮駅まで熱函道にバス停はありません。

    私は熱函道路のファミリーマートやきみち食堂の辺りにバス停を作ってもらえれば、そのバスも利用できるようになりますので、その実現に取り組んいるところです。

    このバスは路線バスですから、乗車距離に応じた運賃は当然必要です。 

    バス会社の立場とすれば、乗客が一人でも増えれば利益になりますし、回送では経費だけかかります。

    バス会社にとっては、バス停を作る経費だけで済みますから、この提案を拒否する理由がありません。 

    また、複数の市や町をつなぐ赤字の路線バスには、国からの補助金がありますので、バス会社は路線を維持できるわけです。

    長くなりましたが、私の取り組みは、無駄な経費を見直し、如何に地域公共交通の利便性を高め、それが住民だけでなく、観光客の利便性向上にもつながり、それが町の発展にも寄与するとの考えで取り組んでいます。

    そのことをご理解頂き、ご支援、ご協力を賜われればと思いますので、よろしくお願い致します。

    3+
    1. すずさんの意見は、現在はダイヤランドから函南駅に行くのに片道500円だけど、上記の案ではダイヤランド内の移動と基幹バスの両方で500円以上の運賃がかかるから損ではないかという意味だと思います。

      ただそれは公平な補助金への是正などによって解消できる範囲内だと思います。

      具体的にはダイヤランド内は無料のコミュニティバスが走り、基幹バスの停留所から先は普通のバスのイメージです。
      それで運賃は概ね今と変わらないと思います。

      これにプラス、自家用車の維持費や高齢者の運転リスクの削減、便数増加の可能性など、ダイヤランド全体で得るものは大きいと思います。

      もちろんそれをただ願うだけではく、実現するための努力は必要です。

      4+
  6. ファミリーマート、きみち食堂にバス停が出来れば良いですね。
    あとはそこまでの接続をどれだけ便利にできるかを工夫できればと思います。
    また、希望としてはバス停の近傍に駐車スペースがあればありがたいです。

    数日出かけたい時に、現状では有料の駐車場を利用せざるを得ないのですが、バス停付近に駐車場があればそこに駐車してバスを利用できます。
    函南駅はせせらぎ駐車場さんはとても使いやすく良心的だと思いますが、町の駐車場は非常に高額になります。
    また、熱海駅も高額になります。
    話がずれてしまいますが、函南駅の町の駐車場の料金も見直してもらいたいです。
    (1日上限料金を決めるとか)

    1+
    1. 匿名さま

      コメントありがとう御座います。
      私は函南町の地域公共交通会議の委員として山間部に住む方々にとって少しでも良くなればとの思いで取り組んいます。
      しかし、地域公共交通会議の委員の大半が平場の方々ですから、山間部の私達のことより、自分達が住む平場のことしか考えていない委員も多いのが実情です。
      私は、函南町が良くなるためには、この山間部が住みやすい環境にすることにより、移住者が増え、そして多くの観光客を招きいれることが可能となり、それが町の発展につながる訳です。
      函南町の山間部は、日本屈指の観光地でありながら、その価値を正しく理解出来ていない町幹部が多く、また旧態依然な考えしか持っておらず、私自身、完全アウェーの中、孤軍奮闘しているところです。

      大人しくしていては、いつになっても私達の暮らしは良くなりません。

      本来、町会議員が住民のために積極的にやるべきことですが、その方達は役目を果たしていない以上、私達住民が声を挙げるしかありません。

      お力添えのほど、よろしくお願い致します。

      詳しくは、地域公共交通会議の議事録をダイヤランドニュースで公開していますので、ご覧頂ければと思います。

      3+
  7. 現在、大場・熱海間のバスは一日2便の他に回送はどの位の頻度で走っているのでしょうか?
    ファミリーマートの辺りにバス停が出来るとうれしい事とは思いますが、バスの便数が増える事が大切かと。

    1+
    1. 住人さま

      コメントありがとうございます。
      回送は何台かは、まだ把握できていません。熱海路線で運行する全てのバスですから、相当、多いと思います。
      現在、朝夕2便以外は回送ですが、私も1便でも多く熱函道に停まって欲しいと思っていますので、その実現に向けて取り組んいるところです。
      実現さすためには、皆様方、一人ひとりの声が大事です。
      今はまだ大して必要に思われていない方であっても、いずれマイカーの運転が難しくなる年齢になるのですから、皆んなで力を合わせて実現しましょう。
      お力添えをお願い致します。

      3+
  8. 伊豆箱根バスの回送に着目されるのは流石ですね。
    それなら、バス会社も回送で走らせていても経費がいるだけですが、熱函道にバス停を作り乗降客が増えれば収入になりますからね。
    住民もバス会社もお互いウィンウィンの関係になり、とても良いアイデアだと思います。
    時々、東京方面に行きますので、実現すると助かります。
    頑張ってください。
    よろしくお願いします。

    3+
    1. 熱函道にバス停を作って欲しい住民 さま
      コメントありがとうございます。

      ダイヤランドのバスに不満を持っている方が多く、私も改善して欲しいと思っていましたが誰も動いてくれませんので、やむなく町の地域公共交通会議の委員に応募し、昨年より地域公共交通会議の委員として、町全体の公共交通の改善に参画することになりました。
      会議では、中山間地に居住する方々が困っている状況を伝え改善を求めていますが、多勢に無勢、私一人の力では何も改善することが出来ないことを今更ながら痛感しているところです。

      中山間地に住む皆様方の一人ひとりが声をあげない限り、改善される可能性は極めて低いと思います。

      私に出来ることは、皆様方に正しい情報をお伝えするのが精一杯です。

      それ以上、期待されても私には、その力はありません。

      人任せにしていては何も良くならないと思います。

      これは軽井沢メガソーラー問題にも言えることです。

      私は、ただの一住民でしかありませんから、、。
      議員の方々には、もっと頑張ってもらいたいものです。
      有権者の期待に応えるために議員となったはずですし、議員報酬を得ているのですから、、。

      9月議会でどの様な議論がなされるのか、町民が関心を持たない限り、函南町は良くならないと思います。

      1+
      1. 次の選挙では山口さんが立候補をして、一住民ではなく議員として函南町をよくするために働いてくださることを強く願っています。

        3+
        1. 匿名さま

          ありがとうございます。
          別のコーナーでもコメントさせて頂いていますが、私は、申し訳ありませんが立候補する気は全くありません。
          私達夫婦が移住してきた目的は、残りの人生を楽しく平穏に暮らすためです。

          移住して約8年の間、地元の様々な方々にお世話になったことを感謝しています。

          その方々が軽井沢メガソーラー問題に困っていることを知り、
          とても見て見ぬふりは出来ない、、
          お世話になった方々への恩返しになれば、、
          との思いから軽井沢メガソーラー問題に取り組むことになりました。
          地域公共交通の問題も山間部に住む高齢者の声も放っておけず、その問題にも関わることになったのが実情です。

          様々なことに首を突っ込むと、当初から想定はしていましたが、
          やはり陰で誹謗中傷されました。時には我慢の限界を超えることもありました。
          心が折れそうになることが何度もありました。 
          そんなとき、地元の方々からの温かい労いの言葉に励まされ、なんとか頑張り続けることが出来ている、それが実情です。

          一連の問題は、私一人の力で解決出来ないことも、私自身が一番分かっております。
          私の本心は、皆んなで力を合わせて問題を克服し、一日も早く、元の平穏な生活に戻りたいだけです。

          その様な理由から立候補する気は全くありません。
          私は1年以上の活動を通じて函南町には素晴らしい若者が沢山いることを知りました。
          その方々に函南町の未来を託したいと思います。
          皆んなで力を合わせて、意欲と志のある若者を盛り上げましょう。
          函南町や町民の幸せのために。

          老兵は死なず
          ただ消え去るのみ
          そんな心境です。

          匿名さまからの有り難いお言葉に心から感謝申し上げます。

          ありがとうございました。

          1+
  9. 山間部の公共交通改善についての要望がある方は、 以下URLから、函南町総務課に出してはいかがでしょうか?

    ・函南町総務課 URL

    https://www.town.kannami.shizuoka.jp/gyosei/kannami-shokai/kakukashokai/soumu.html

    のページの最下部にある「この担当課にメールを送る」をクリック。

    【参考資料】

    ・国交省の地域公共交通確保維持改善事業
    https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/sosei_transport_tk_000041.html

    ・函南町議会だより
    https://www.town.kannami.shizuoka.jp/gikaijoho/gikaidayori/gikaidayori-kannami.html

    ・函南町議会だより No178(2020年8月12日発行) 11ページ
    以下抜粋

    総務建設委員会
    —町の中心市街地を走る拠検討について—

    町の中心市街地を走る拠点循環バスの新規導入については
    地元の自治会や各関係機関との具体的な協議・調整・必要な許可を受けるための手続き等を行う予定であり
    令和3年秋からの運行開始を目標としている。

    2+
      1. 山間部の住民さま

        コメントありがとうございます。
        ご心配されるお気持ち、よく分かります。

        市街地の公共交通の改善も必要だとは思いますが、山間部でお住まいの方々の生活を守るため、現在の深刻な地域公共交通の現状を改善することが一番大事なことだと思っています。

        その理由は、国土交通省が示すとおり、日本の中山間地で暮らす方々の生活を守ることを主眼に関係法令を改正し取り組んでいるわけですから。
        具体的には、全国の市町に地域公共交通会議で、地域公共交通の空白地域の解消や改善を求めています。
        また、国交省は、その政策を推進するために大規模な補助金も用意もしています。

        その様な理由から、中山間地の地域公共交通の改善ポイントであることはご理解頂けるものと思います。

        仮に、市街地のみ地域公共交通を改善し、中山間地の改善に取り組まなかった場合、それは国の政策に反するものと思います。

        万が一にも、そうならない様に地域公共交通会議の一員として中山間地の地域公共交通の改善に孤軍奮闘しているところです。

        現状は、楽観できる状況にはありません。
        それは、大半の委員は市街地の方が多いため、中々、中山間地の実情が理解されず、無責任な姿勢に憤りさえ感じることがあります。
        以前にもコメントさせて頂いていますが、中山間地域にお住まいの皆様方一人ひとりが改善を求める声をあげなければ、最悪、地域公共交通から取り残されてしまうことになりかねません。

        どうか、皆様方、声をあげてください。多くの方々が声をあげれば、議員の方々も動いてくれるのではないかと期待します。

        今までの地域公共交通会議で、どの様な議論がなされているか、その資料や議事録はダイヤランドニュースに掲載していますので、ご覧頂けますと幸いです。

        3+
        1. 数日前、函南町総務課 URLを使用して、函南町総務課に問合せし、
          翌日、総務課の担当者と思われる方から回答がありました。
          私一個人と、総務課の担当者の間だけで終わらせるのではなく、
          ダイヤランドニュースをご覧の皆さまにも共有したほうが良いと思い、
          以下、共有いたします。

          ———————————————————–
          ■問合せ概要
          ・公共交通機関(路線バス)がないため、
           高校生の通学、自家用車を運転できない者の通勤、高齢者の買い物等が出来ないため
           山間部に住む人の生活に支障が出ている。

          ・函南町議会だより記載されている
           総務建設委員会 —町の中心市街地を走る拠検討について—
           山間部は無視するのか??

          ・国交省の公共交通に関する補助金を使用し、上記改善のための、函南町の取り組みは??

          ■町からの回答(ほぼ全内容です)
          このたびは町ホームページから山間部の
          公共交通改善について貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。
          ご意見をいただいております市街地部への循環交通導入は、
          地域公共交通網形成計画に基づき実施を検討しているものです。
          山間地域の公共交通空白地域につきましても、
          今回の実証運行による実績等を踏まえながら、
          導入手法等について地域住民の方々とともに検討してまいりたいと考えております。
          また、公共交通の導入に際しては、補助金等の活用について十分に検討を行い、
          地域公共交通会議に諮ってまいります。

          ———————————————————–

          不満、疑問、要望等、意見すれば、回答してくれると思いますし
          町にも、住民の気持ちが伝わるはずですので、
          皆さん、問合せしてみましょう。

          3+
          1. 町民さま

            ありがとうございます。

            町民さまの様に疑問や改善要望を直接して頂く方が一人でも多くなれば必ず改善に向かうと思います。

            参考ですが、
            実証実験をしたのは一部の路線(有力議員の居住地)だけで、丹那方面は行われていません。

            補助金(600万円)路線は、当時の副町長が住む畑毛路線だけが補助金を得ています。

            どう考えても、権力者らの利益が優先されている(権力の濫用)と疑わざるを得ません。

            函南町は、町民に対して公平公正な行政運営を望むばかりです。

            3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。