函南町「法令に従い軽井沢メガソーラー事業に条例を適用していきます」

昨年10月に函南町から、条例に基づく届け出を求められているにも関わらず、現在なお、未提出のトーネック、ブルーキャピタル。


▲「条例の適用対象とならない」「同条例の本則は適用されないものと解釈」

事業者の身勝手な解釈に、函南町の回答はいずれもNO!

情報公開請求で入手した書類の中に、町が事業者に対し条例に基づく届けを求めると共に、条例の適用を受ける旨の回答をしている文書が見つかりました。

令和元年10月1日施行の函南町自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例(以下「本条例」といいます。)の解釈につきましては、令和2年1月22日付け函都第45号の文書にて回答をしておりま すが、貴社が函南町軽井沢地内で計画をされている事業(以下「本事業」 といいます。)について、本条例施行日以降に変更が生じる場合、その変更に係る部分については、本条例第9条第2項及び第3項の規定は適用されるものと考えております。これは、条例に関する一般的な考え方でもある、施行と同時に、現実の事象に対し法規範としての効力を発揮し、その効力は、条例施行の時点以後の事象に対して生ずるという考えに沿ったものであるため、本条例施行日以降の本事業の変更については、本条例の適用を受けるという解釈をしております。

また、本条例第9条第3項の同意の判断を行うために本条例第9条第1項の届出を要求する根拠が不明とのご指摘ですが、上記のとおり本事業については、本条例第9条第2項及び第3項の規定は適用されると判断しておりますので、当町としては、本事業に変更が生じた際に、本条例附則の経過措置により求めた本条例第9条第1項の届出がないことには、当初の本事業の計画から変更となる内容を知り得ないため、本条例第9条第3項に基づく同意の判断に関する審査が遅滞することや判断ができないおそれがあると認識しております。
いずれにしましても、本事業については、令和元年7月8日付けで林地開発行為についての許可を得ており、当初の事業計画は定まっていると思慮されますので、至急、本条例附則の経過措置に基づく届出についてご対応いただきますようお願いします。

 

函南町は昨年10月に条例施行後、両社に「届出」を4回も繰り返し求めていますが、両社は条例の解釈を理由に届出を拒んでいます。

トーエネック社やブルーキャピタル社はコンプライアンスを遵守していると言えるのでしょうか?

皆様方のご意見をお伺いしたいと思いますので、ぜひ、コメントを頂きますようお願い致します。

20191224トーエネックからの照会
20200414トーエネックへの回答
20200414ブルー社への回答

7+

「函南町「法令に従い軽井沢メガソーラー事業に条例を適用していきます」」への15件のフィードバック

  1. 函南町とトーエネックやブルー社とのやり取りの内容がよく分かりますね。
    しかし中部電力グループともあろうトーエネックが行政から届出を4回も求められておきながら、それに応じていないって、これ問題ですよね。
    先日の新聞記事に中部電力の社長がトーエネックに対してコンプライアンスを遵守するよう指導すると公表されていましたから、届出は近々出すのでは?
    そうでないと中部電力の社長自らコンプライアンス違反になるんじゃないですか?

    9+
  2. 昨年12月のトーエネックの文書を読みました。
    弊社の条例解釈と同じ解釈を函南町がするなら届出はしてもよい?
    そんなやり取りして今に至るまで届出を出さないって条例違反じゃないですか。
    そんな会社だったんですか。
    ブルー社のことは色々話は聞いていますが、まさかトーエネックがと驚きました。

    3+
  3. 届け出を求められているのだから届け出をすればいい。
    そして町の回答は「不同意」だと土地利用事前協議の段階でわかっていたはず。

    それでそれを無視して林地開発許可を取って条例施行前に工事を強行しようと企てたが環境アセスの対象となって失敗した。

    ブルーに任せっきりで失敗して今更焦っても何も変わらない。

    もう撤退以外の選択肢はないだろう。

    6+
  4. 「届け出」を出さない理由が見当たりませんし、「届け出」を出せば「不同意」になります。
    時間稼ぎをしたところで、(株)中部電力にも(株)トーエネックにもよいことはないと思います。

    維持費としての経費がかさみ、かつ、コンプライアンスへの懸念が深まるばかり…。

    「届け出」⇒「不同意」⇒「条例適用」でいいんじゃないんですか。
    九州のこの被害を見てください! (株)中部電力も(株)トーエネックもよく考えてください。

    ブルーはどうでもいいですww  相手にしない。関わらない。

    6+
  5. トーエネックの7月1日の人事異動で、これまで当案件を担当していたエネルギー事業部の部長が代わりました。
    前部長は退職したとのこと。

    新しい部長と電話で話しましたが、現状がまったくわかっていません。
    しかも退職したはずの前部長とこれから引き継ぎを行うとのこと。

    つまり、重要案件の重要局面で、最も重要な責任者が事情のよくわかっていない人に交代したわけです。

    3+
    1. 声を大にしていいます!

      トーエネックさん 一部上場企業として大丈夫ですか??

      中部電力さん  指導するって新聞で読みましたよ!!

      きちんとしたご対応をお願いいたします。

      きちんとした対応=届け出の提出です。

      ブルーにも届け出 提出させてくださいね。住民はブルーには関わりませーん!

      4+
    2. (新)事業部長は、トーエネックの経営企画のグループ長(経営企画副部長)であったと思います。
      その立場なら、当然、ブルー社と100億円を超える大きな契約ですから、知らないはずはありません。
      もし知らなかったのであれば、余程の、、、方でしょうね。
      私は知らない振り、つまりこの件には関わってこなかったとの立場を示し、暗にそれを伝えようとしたのでしょうか?
      しかし、これだけ自らの企業活動に多く住民が反対される状況、つまり社会問題化している訳ですから、まともな企業なら、社長自ら住民に対して謝罪すべきは謝罪し、誠実に住民と安全安心を第一に話し合いうのが通常ではないでしょうか?
      それこそが、まさに中部電力グループの掲げる企業理念(コンプライアンスの遵守)に相応しい対応だと思いますが、どうもトーエネックの経営陣は、住民と誠実に向き合う姿勢は全く無いように思います。
      余程、住民を見下しているのでしょうか? 疑いたくなります。
      中部電力グループとして、この様な対応を黙認や容認することは無いと思います。
      どうぞ適切なご指導をして頂き、住民の不安の払拭、課題の解決に向け、ご尽力頂きますよう、お願い致します。

      1+
  6. 驚くことに、トーエネックさんは同じような質問を何度も何度もしているようです。

    「届け出は本当に必要ですか?」
    「届け出しても条例は適用されないんですよね?」

    何度聞いたって、函南町の答えは同じです。

    「届け出は必要です。」
    「条例は適用します。」

    3+
  7. 町は元々不同意たったのに、それを無視して様々な誤魔化しや悪知恵で林地開発許可を取り、条例ができる前に工事着工を狙ったが失敗。

    その間に条例が施行されちゃって今更「同条例の本則は適用されないものと解釈しております」って、一体どういうずうずうしい解釈をすればそうなるのか?

    1+
  8. ひとつだけ 聞いていいでしょうか。

    >情報公開請求で入手した書類の中に、町が事業者に対し条例に基づく届けを求めると共に、条例の適用を受ける旨の回答をしている文書が見つかりました。

    この「見つかりました」ってどういうことですか。
    町はこれを住民に見せていなかったということですか。

    それはどうして?

    1+
    1. 町と事業者との間でのやり取りですから、その存在を知り、かつ、情報公開請求しなくてはその内容はわかりません。

      0
      1. ありがとうございます。よくわかりました。

        町は次の二つの姿勢だったのですね。
         ①事業者には。「届け出が必要」そして「条例適用する」
         ②住民には、「条例適用できない」→7月21日の三者会談にもつながる重要ポイント!

        函南町のこの矛盾した姿勢はどこからきているのでしょうか。なぞが深まるばかりです。

        情報公開請求をしてくださってありがとうございました。

        1+
  9. 一昨日、函南町都市計画課の江田課長と電話で確認した主な内容をお伝え致します。
    山口
    先日、トーエネックやブルー社からの函南町より条例適用に関する質問(照会)があり、それに対し次の様な回答をしていることが、情報公開請求により判明しました。
    ※ 条例施行後に変更する場合は、
    条例9条2項 (変更届出義務)
    条例9条3項 (町長の同意が必要)
    との規定は適用する。
    旨の内容でした。

    江田課長に対し、
    トーエネックやブルー社が知りたいのは、函南町に条例に基づき届出をした場合、
    条例9条3項
    (町長の同意を得なければならない)
    条例10条
    (抑制区域の事業は町長は不同意)
    である旨、規定されていますが、この条文の規定を適用しない。
    という回答を求めているのではないのですか?

    トーエネックやブルー社は、
    この条文を適用しないことを文書で確約して欲しいものと思います。
    しかし、函南町は「ご飯論法」で問われている質問には答えず、変更の場合は、、、
    などと、故意に肝心な部分を外して、関係の無い回答をしています。
    なぜ、その様な回答をするのか教えてください。

    江田都市計画課長
    確かに、トーエネックやブルー社からは、未だに届出を受けていません。
    変更届というものは、届出が前提であり、届出を出していないのに変更届はあり得ませんからね。

    山口
    それでは、なぜ、トーエネックやブルー社に、あの様な回答をしたのですか。

    江田課長
    届出の後に変更があった場合はという意味です。

    山口
    トーエネックやブルー社は、函南町の質問に答えていないことから、再度、同様の質問(照会)をしていますね。
    なぜ、函南町は質問に正しく答えようとしないのですか。

    江田課長
    、、、。

    以上が主なやり取りでした。

    補足説明
    函南町としては、トーエネックやブルー社が求めるような条例解釈を文書で回答すれば、それが違法な条例解釈の証拠となりますから、住民側から裁判を起こされたら負ける可能性が高いため、苦肉の策として、あの様な無意味な回答文書を作成しトーエネックやブルー社に回答しているものと推察します。
    裁判になれば、今まで議会答弁や住民に説明していた条例解釈が、如何に法的に整合性の無い違法なものか、明らかになります。

    トーエネックやブルー社は、優秀な顧問弁護士がいると思いますから、本音では、本件は条例適用されるという認識だと思います。

    しかし、そうなれば事業は撤退せざるを得なくなりますから、そうなれば大きな利益を失うことになりますから、それを避けるために、函南町に「条例の適用しない」旨の約束を函南町に文書でしてもらいたいのだと思います。
    その様な事情から、函南町から確約をしてもらうまでは届出は出さないという強行な姿勢に現れているのだと思います。

    話は変わりますが、
    トーエネックは、中部電力の重要な子会社ですから、法令遵守はもとより、コンプライアンスを遵守する会社だと信じていました。

    しかし、最近、トーエネックが住民側との約束を平気で破るなど、極めて信義誠実に反する、明確なコンプライアンス違反がありました。

    住民の信頼を裏切る行為は、中部電力グループの経営理念に反する行為だと思います。
    この件について、その詳細を中部電力本社に伝え、社長に報告するとともに親会社として対応するよう求めていますが、その後、まだ中部電力から具体的な対応の説明や報告は受けていません。
    中部電力の株主総会で社長が、トーエネックにコンプライアンスを遵守するよう指導すると公表されました。

    中部電力の指導の下、住民側との約束を破り、住民の信頼を裏切ったことについてトーエネックは真摯に深く反省し、住民の信頼回復に誠実に取り組んで頂けるよう、心から願っています。

                   

    7+
  10. ブルー社はともかく、トーエネックはまだ届出を出していないんですか?
    中部電力の社長がトーエネックを指導するって言っておきながら指導できてないんじゃないですか?
    私も、中部電力の株を持っている一人として看過できないです。
    やはり、中部電力も関西電力のような闇があるのでしょうか?
    私も、トーエネックや中部電力の対応を注視しています。
    考える会の皆様方、頑張ってください。

    4+
  11. 追伸
    経産省に知り合いがおりますので、メガソーラーの件を話しておきます。

    4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。