「山の緑と太陽光発電を考える会」開催される

2019年5月23日ダイヤランドホールにて、函南町に建設予定のメガソーラーに関する説明会が開催されました。

523説明資料
この土地の経緯
ブルーキャピタル社発電計画説明会
雨水調整池

(参加者からのコメント)

昨日ダイヤランドホールで開催された「山の緑と太陽光発電を考える会」
古村議員による説明会に参加してきました。

この会に参加して、

メガソーラー事業を行っているブルーキャピタル社が、昨年から丹那・軽井沢地域の山間部に大規模なメガソーラー計画を進めていること。

メガソーラー設置予定地はダイヤランドから丹那盆地を挟んでほぼ正面にあり、丹那盆地に匹敵する大きさのものであること。

メガソーラーが、ダイヤランドの目の前に広がる場所に設置されてしまうと、眺望が著しく害されるおそれがあること。

火山灰の地質であることから豪雨などで土砂崩れのおそれがあり、丹那小学校や下流域に被害が及ぶ可能性があること。

函南町はメガソーラー規制条例を6月の議会で成立、10月施行予定であること。

ブルーキャピタル社は、昨年から、丹那地域の住民対策(説明会)などをしていたみたいですが、ダイヤランドは「かやの外」扱いしていること。

ブルーキャピタル社は、函南町の条例施行の前に申請を通し、条例の適用を免れようとしているのではないか、伊東市の二の舞にならないか、懸念されること。

メガソーラーの乱開発が進み景観や環境問題、災害問題が社会問題化し、
その問題を改善するため、国は、FIT法(固定価格買取制度)を改正し、全国の市や町もメガソーラー規制条例を成立させていること。

メガソーラー関係企業の倒産が年々増加していること。
など

古村議員の説明後、様々な質問を通じ、情報が共有でき、メガソーラーに関する問題点の理解が深まったと思います。

ブルーキャピタル社は、住民説明会を、丹那や軽井沢など、一部の地域や利害関係者だけでなく、
・景観被害を被るダイヤランド住民
・災害被害を受けるおそれのある下流域住民
に対しての住民説明会を信義誠実に行うべきで、現状では、不誠実ではないかと思いました。

私達の知らない間に、ある日突然、目の前に予想もしなかった大きさのメガソーラーが作られてしまってからでは遅いと思います。

今日、メガソーラーを計画しようとしている現場を自分の目で確かめに行く予定です。

古村議員は、先の町議会議員選挙で公約にメガソーラー反対を掲げられ、その公約に賛同し、投票された有権者の方も多くおられたと思います。

その期待に応えて頂ける限り、私も微力ながら全力で応援させて頂きますので、何卒、よろしくお願い致します。

 

「山の緑と太陽光発電を考える会」のお知らせ

「「山の緑と太陽光発電を考える会」開催される」への8件のフィードバック

  1. 今日、数名の方とメガソーラー設置予定場所に行き、そこからダイヤランドや丹那盆地がどの様に見えるのかを確認してきました。

    軽井沢の墓地の傍にある山道を約1kmほど上ると木や藪が無く少し開けた場所がありました。

    そこから眺めますと、丹那盆地、その先にダイヤランドがほぼ正面に見えました。

    現場で、皆さん方は口々に、
    今、この場所から見えているダイヤランドの景色は、逆に考えれば、ダイヤランドが一面にメガソーラーで覆われたらとイメージしたら、分かりやすいですよね。

    そう考えると、あれだけ広い面積がメガソーラーで覆われてしまうような状況を想像すると、

    ・なんか胸が悪くなるというか、気分悪くなりますよね。

    ・そんな景色になってしまったら観光客は、当然、来なくなるだろうし、ダイヤランドに移住を希望する人もいなくなるでしょうね。

    ・そうなったらダイヤランドの資産価値も下がり、いつかゴースト別荘地になるかも、、、。

    ・山が大規模にメガソーラーで覆われる計画が、私達の知らないところで進んでいたのかと思うと、改めて恐くなってきました。

    と話していました。

    それから、昨日の説明会で、現場は藪に覆われた荒地との説明でしたが、実際は、大きな木も沢山あり、ここが荒放題の山と言うなら、
    ・全国のすべての山は荒地なの?
    ・それって、自然のことじゃない?
    と、説明会での説明に不審の思いを口にしていました。

    つくづく自分の目で現場を確かめることの大切さを感じました。

    やはり、この地にメガソーラーを作らせてしまったら大変なことになると再認識するとともに、この実態を一人でも多くの方に早く知って頂き、そして計画の阻止に向け、みんなで力を合せないと、取り返しのつかない結果になるのではないかとの危機感を持ちました。

    今後も、正しい情報を皆さま方にお伝えできるよう頑張りたいと思います。

    ご支援ご協力のほど、よろしくお願い致します。

  2. 山口さん、ご苦労様です。
     僕もメガソーラー建設予定地の恐らく同じ場所からダイヤランドや市街地を眺めたわけですが、林道で見える場所はそこ一カ所だけでした。古村さんが説明会で配布された御山組合の説明に「今日まで植林されたことがなく放置された状態で、現在は2㍍を超す「笹」が生い茂る荒廃した遊休土地である」と書かれていますが、実際は巨木が立ち並び、視界が開けるところが一カ所だけで全く違いますね。又他の所では「この土地がこのまま荒廃したままですと大雨がふったときに非常に危険で有り、それよりはメガソーラーでしっかり調整池を作り云々」とも書かれていますが、この説明文は御山組合の公式な文書なのでしょうか。それとも個人的なものなのか出所を明らかにして欲しいと思います。
     いずれにしろダイヤランドからあるいは町中からも箱根方面を眺めると、その下の尾根上の所に巨大な人工建造物が見えてしまうことは間違いありません。景観の大幅な変化は避けられません。
     以前函南駅北側のヒューマンヒルズで住宅地北側斜面にメガソーラー計画が出されたときは、景観を損なう、反射光で健康被害の危険性ありなどと地元の区が反対運動を展開し、計画を撤回させたことがあると聞きましたが、自然豊かな土地の景観はそれだけで価値があると思います。
     また説明会でも発言しましたが、建設予定地から下に流れる丹那沢の下流部の丹那幼稚園・丹那小学校周辺は函南町ハザードマップによれば特別警戒区域及び警戒区域になっていて、崖崩れの危険性の高いところです。太陽光パネル10万余の設置により保水能力を失った傾斜地に大雨が増えれば調整池を乗り越えて水が溢れないか心配です。また調整池は土砂で埋まる可能性がありますが、事業者への浚渫の義務づけなどはどうなっているのでしょうか。
     20年後まで東電に売電するとのことですが、それ以前に倒産したり事業撤退したりした場合、原状回復する費用をきちんとこの会社が担保できるのか、出来なければそのまま廃墟として放置か、町財政で原状回復費用を負担するなんてことになりかねませんが、その点もどうなっているんでしょう。
     ダイヤランドにとっては「百害あって一利なし」の計画だなぁと思っています。

  3. 古村さんは、メガソーラー建設予定地はスコリアの土壌だから水の浸透が早く大水の心配はないと発言されていますが、言うまでも無く富士山はスコリアの塊ですが、あちらこちらで大規模な崩壊が起こっています。それはスコリアが脆いからです。
    そうした問題を科学的に分析している日本大学生物資源科学部の笹田 勝寛さんのレポートを添付します。
    「スコリアを母体とする土壌は極めて浸食されやすく脆弱」というのが科学的実証的事実です。

    https://www.nihon-u.ac.jp/risk_management/pdf/rm_171222_3.pdf#search=

  4. 古村議員主催の「山の緑と太陽光発電ゎを考える会説明会」が5月23日にダイヤランドホールで開催されました。
    内容は、
    丹那・軽井沢の山に丹那盆地に匹敵するメガソーラー計画でした。
    説明者である古村議員は、
    ブルーキャピタル社作成の資料やパワーポイントで、メガソーラー計画の利点に重点を置いた説明されていました。
    まるで会社の代理人みたい、、
    との感想の声が出席者から出ていました。
    古村議員は説明会の席で、質問者から、選挙公約でメガソーラー反対を掲げていたのに賛成に考えを変えたのか、との質問に、景観や環境を壊さない、災害を起こさないメガソーラーは賛成ですと答えていました。

    景観や環境を破壊しないでメガソーラーが建設できるのでしょうか?

    災害を起こさないメガソーラーって、全国で災害を起こしているのに?

    だから反対運動が全国で起き、国も県も市や町も法律を改正し、全国各地で規制条例が出来ているのに?

    私の知りうる限り、誰も古村議員の説明に納得できた人はいなかったのでは?
    逆に、不安や危機意識が醸成されたように思います。

    古村議員は、説明会の内容を公開するお考えのようですから、説明会に行けなかった方々も、是非、ご覧頂き感想を発信して頂ければと思います。

  5. 古村議員は、メガソーラー計画について、よくも悪くも情報発信して頂いたお蔭で、様々な問題点に気付かせて頂きました。
    また、何故、これ程重要なことを函南町は住民に知らせないのか、と行政に対する批判の声も挙がっております。

    不思議なのは、ダイヤランドの住民であり、函南町議員である馬籠議員は、なぜ、メガソーラーの情報を住民に伝えないのか、、
    馬籠議員に対する不信感も高まっています。
    馬籠議員も、是非、住民の不安解消に動いてください。有権者として、期待しています。

  6. 情報です。
    本日6月7日(金)、県の環境アセスメントを所管する部署の担当者に、軽井沢でのメガソーラー計画について質問をした結果、次の回答を得ました。
    改正静岡県環境評価条例H31.3.1施行の条例は、軽井沢でブルーキャピタル社が計画している案件に適用できる。
    理由は、条例の附則で本年2月28日までに林地許可を受けていなければ対象になる。
    との回答を得ました。

    ※ 軽井沢の案件は、今日に至るまで、行政は、地域住民に知らされてこなかったことに、不満や批判、計画に対する反対の声が、地域で大きくなりつつあることを知事に、住民の声として、お伝えてください。
    と頼んでおきました。

  7. 6月4日(火)13時00分から副町長室において、副町長以下責任者の方々から、ブルーキャピタル社が軽井沢でメガソーラー計画している件につき、様々な質問に答えて頂きました。

    詳細は、6月13日、14日の議会や区長会議が終わったら詳細を報告させて頂こうと思っています。

    今回は、私達が質問した主な内容のみ簡単にお伝えします。
    質問
    ① 6月議会でメガソーラー規制条例が出来たら、軽井沢でブルーキャピタル社が計画しているメガソーラーの建設は止めれるのか、止められないのか。

    ② 伊東市の二の舞いにはならないのか。

    ③ 人命に関わる重要問題にもかかわらず町長の考えが伝わってきません。
    住民は不安に思っています。
    町長のお考えを教えてください。

    ④ 丹那小学校の上の山に丹那盆地に匹敵する面積のメガソーラーができると、
    豪雨により大規模で深刻な土砂災害が想定されますが、最悪の事態になった場合、その対策について教えてください。

    ⑤ 何故、これだけ重要なことを「広報かんなみ」や「函南町のホームページ」などの方法で住民に知らせてくれなかったのでしょうか。

    など、住民の方々から、私達に託された質問をさせて頂きました。

    副町長以下の責任者の方々からは、本当に、誠実に、一つひとつの質問に答えて頂きましたことを感謝しております。
    ありがとうございました。

    住民の皆さま方には、後日、詳細をお伝えさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

    参考
    ブルーキャピタル社の申請手続きは、町は、現時点で、まだ同意していないようです。
    また、静岡県環境影響評価条例に基づく、環境アセスメントも終了していないため、町もまだ意見を出していないようで、計画は法的手続きが完了しているわけではないみたいです。

    これからも、少しでも正確な情報をタイムリーにお伝えできるよう微力ながら頑張りたいと思います。

    住民の命にかかわる重要な問題ですから、みんなで考えましょう。
    未来の子供たちのために、、

  8. 色々と大変な問題が発生している様ですね!

    1 先ずもって、町長・町議・行政に携わる 方々は、町民と町土の生命・財産を守る事を最優先に考え行動(人命は、地球より重し)する。
    上記を基本とし、町の発展(活性化)に努める、これが 本来 誠意ある人間の姿で有ろうかと思います。

    2 しかしながら、どうやら その事(基本)が分かっていない様です。

    3 情報操作(メガソーラー建設案件)・選挙公約違反(町議)そして的外れな説明会と、町民(区民)を愚弄するかの様なあり様に関しては、大変な問題を孕んでいる。

    4 その様な事(大問題)が起こっている実状を知らしめてくれた事には、感謝すると共に、出来得る最大限の力(草の根・公権力・政治力・有力者・マスコミ etc.)を結集し、悪しき状態(人為災害の発生リスク大?/メガソーラー案件)を払拭すべく、皆様の力を結集し、改善致したく 強く 思う次第です。

    5 小職も微力ながらお手伝い致したく存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。