仁科町長の加藤議員に対する答弁記録

2019年6月13日(木) 函南町議会

仁科町長の加藤議員に対する答弁記録

この条例には、直接掛からないメガソーラーですけれども、スピード感を持って今まで遅れていることも話させて頂きます。

今まで函南町は、ヒューマンヒルズの中にもメガソーラーとまでは言いませんけども、太陽光発電施設がありました。そこにおいては、町は指導要綱の中で対応していますと、いう風に言い切ってきましたし、また、それによって色々な経緯がありますけれども断念した結果があります。

そしてその間、今後、伊東市、伊豆市あるいは富士宮市、それぞれ違った中でメガソーラーの進出の事業に対するいろんな情報が入りました。
伊東でも、ご案内のとおり、伊豆市でも、富士宮の場合、富士山文化遺産、景観というものが先にしていましたが、自然災害なものがあっての条例ではなかったかと思います。

昨年4月以降、35の自治体に県が中心になって、このメガソーラーに対する考え方を県中心として考えで頂きたい。規制を中心としたり、あるいは日本のエネルギーの供給率が6パーセントという経産省からの数値も出ておりますけど、私自身は、エネルギーは多種多様、多岐にわたるもので、再生化エネルギーは重要視していかなければならないという立場も認識をしております。

今までの伊東市、伊豆市の既存の条例では、事業者が行政訴訟あるいは当事者同士の訴訟まで発展してしまっている。いわゆる、しっかりした規制と止めるだけのものが備われない、私自身は、12月4日に県のガイドラインが出てきたときに、それでは少し他の事例からいくと甘いという考え方に立ちまして、ペナルティなり、それなりの強いものを載せてもらいたいと、その後づっと顧問弁護士さんと事務方と協議をさせてきました。

しかしながら結果的には、個人の家の放置も、それについて撤去だとか、代執行だとか、そういうものもできない過大な条例のペナルティーとなるのは如何なものかという結論に達して、勧告とか、それから撤去とかについては、うちの方が重たいには重たいんですけどもも歯止めにかけるというところまでは、どうしても条例では、条例の弱さといいますか、法令の既存の民法上の法律とか、そういうものと照らし合わせると、中々、条例はそれより先にいかないというのが現実でありまして、今回は、新規条例を提供している訳ですけども、このメガソーラーにつきましては、法で机上の計算の中で、県が仮に法に照らして許認可で降りてきましたとしても、私どもは、住民の生活、特に、安心安全のですね不安の払拭がない限り、町の姿勢としては貫いていきたいと思いますし、また、法令が押し寄せてきた結果、住民とのせめぎあいの中には、場合によっては、住民パワーもあるかも知れませんし、そういう町と地域住民と一体となった活動とか行動が必要になってくるのかなあ、それに加えまして、平成10年8月の大災害には、この地域の事業地の最終流末は柿沢川になります。

柿沢川につきましては、4名の亡くなった方と負傷した人がいます。
そして、圧倒的に流域の畑毛や新田や伊豆の国市の長崎、奈古谷、それから大仙区、そういう方々のところにも柿田川治水組合として水の治水上の組合が、住民の自発的に50年以上の歴史を持って、今も国や県に河川整備や治水上の要望を上げていることは承知のとおりだと思います。

中々、そういう方々から合意とか、水の恐怖、水害、払拭は出来ませんし、そういうもものを前面に立って、不同意としたわけでありまして、力関係で及ばない部分もあるかも知れませんが、住民の生活を守るということを前面に出して、私どもは進んでいきたいとという風に考えております。

是非ともご理解頂き、また皆さま方のご理解とご協力を頂きたいと思います。

以上

20190613町長の答弁

「仁科町長の加藤議員に対する答弁記録」への2件のフィードバック

  1. 加藤議員質問
    町長の答弁で、曖昧な部分があります。

    それは、
    町の姿勢としては貫いていきたいと思いますし、
    との答弁内容ですが、
    何を、貫いていきたいのでしょうか?
    ○○を貫いて
    その目的語は? そこが重要なポイントだと思いますが、、。

    まあ、不同意の意見を県に報告したという文脈から、軽井沢のメガソーラー計画は、町は「反対の立場」を貫く、という意味だと、函南町民としては受け止めたいところです。

    町長は、多分、そこを言い忘れたものとは思いますが、是非、函南町民に、はっきりと軽井沢のメガソーラー計画に反対し、住民と一緒に力を合わせて計画を阻止すると、表明して頂けることを、有権者の一人として期待しています。

  2. この度の函南町議会を傍聴し、軽井沢のメガソーラー計画の是非について、
    次のことが明らかになったと思います。

    ● 町長は反対。
    ● 函南町も反対。
    ● 議員も反対。
    ● 住民の大半は反対。
    ※ メガソーラー推進派は、極一部の利益関係者のみ。

    函南町は、この様に「一枚岩」であることを知り、嬉しくなりました。
    町長、議会、住民一体となって、町長の強いリーダーシップのもと、
    必ず、軽井沢のメガソーラー設置計画は阻止できると確信しました。

    皆さま、
    今まで町長の「情報発信不足」から、様々な誤解が広がってしまった
    ようですが、決して、町長の本意ではないと思います。

    私達は、
    ① 軽井沢や丹那の方々、その下流域の住民の方々が抱く災害への不安解消。
    ② この豊かな景観や自然環境を守り、住民も、観光客も、安全で安心して
    暮らせる魅力ある函南町を守ること。
    ③ 住民にとって「住みやすい」、観光客にとって「住みたくなる」町づくり
    に貢献すること。
    が目的です。

    私達は、仁科町長や函南町を応援します。その協力は惜しみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。