仁科町長へ質問状を提出しました

伊豆日日新聞(2019年8月14日版)

「軽井沢メガソーラー建設計画について仁科町長は『10月1日施行の条例適用が難しい』と新聞などで説明しているが、なぜ条例の適用が難しいのか住民はその意味が分からず困惑している」

「条例を遡及できない」という町の見解を具体的に求めた。

仁科町長は「質問を文書で回答する」と応じた。

業者に明確な対応要求を

 

「仁科町長へ質問状を提出しました」への1件のフィードバック

  1. 函南町として
    10月1日施行の条例を遡及的に適用するのは難しい。
    との見解を示しておきながら、それを町の最高責任者である町長が、その理由を即答することも出来ず、
    職員が夏休で、、
    顧問弁護士にお聞きして、、
    それ、どういうこと?

    つまり、町長は条例適用が難しいということを確たる根拠も無く、適用したくないから、そんな無責任な公表をしたのでしょうか?

    もし、そうであるなら、重大問題です。
    町長は、直ちに見解を撤回するべきであり、函南町民に対し、無責任な対応を謝罪すべきではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。