県に陳情「事業者に適切な指導を」

2019年10月25日、静岡県庁にて難波副知事と面会し、軽井沢メガソーラー建設計画に関する下記の陳情書を手渡しました。

陳情書の内容↓

令和元年10月25日

静岡県知事
川勝平太 様

陳情者 軽井沢区長
住所 (略)
氏名 渡邊一英

陳情者 ダイヤランド区長
住所 (略)
氏名 吉原英文

陳情書

1 林地開発許可条件等の順守状況の検証と適切な指導について

 本年7月8日、知事はブルーキャピタルマネージメント社に対して軽井沢メガソーラー建設に伴う林地開発許可をされた際、許可条件等を付されていますが、その条件等は今に至るも実行されておらず、特に、住民に対する説明が全くされていないのが実情です。
 許可条件等が順守されているか適時検証して頂くとともに、許可条件等を遵守するよう事業者であるブルーキャピタルマネージメント社にご指導の程よろしくお願い致します。

2 県の環境アセス条例の厳格な審査及び指導について

 本年10月12日(台風19号)は東日本の広い範囲に被害を及ぼしましたが、当函南町においても各地で土砂崩れや床上浸水などの被害が全域に及んだことはご承知のとおりです。
 軽井沢メガソーラー建設は、軽井沢の山間部を約65ヘクタールにわたり森林伐採や造成を伴う開発が計画されておりますが、その建設により町民が土砂災害や水害により人命や財産を奪われることがないよう、事業者に対し、函南町の下流域に至るまで広範囲に環境アセス調査をさせ、当該開発行為が災害につながらないことが客観的資料に基づき証明されるよう指導の徹底をお願い申し上げます。

以上

20191025陳情書

「県に陳情「事業者に適切な指導を」」への5件のフィードバック

  1. 今日、灘波副知事に陳情に行った際、函南町の条例や仁科町長から条例を適用出来ないとする理由を記載した回答文書を灘波副知事をはじめマスコミ各社にお渡ししました。
    条例を適用出来ないとする仁科町長の主張が正しいのか、間違っているのか、マスコミ各社も含め、是非、検証してみてください。
    函南町民の命が掛かっています。
    お力添えをお願いしてまいりました。
    副知事や県の幹部の方々には、函南町民の不安を募らせている現状や原因をご理解して頂けたと思います。
    また、副知事からは勇気付けられる有り難いお言葉も頂きました。

  2. 有志一同様のコメントを見てとても力強く感じました。また、いろいろな活動ありがとうございます。
    ただ、知事や副知事、マスコミ、住民が何をいくら言っても、適用の判断権限は町長にあります。そして町長は不同意だが条例の適用は(残念ながら)できないと言っています。普通の神経ではないですがこれを言い続けてこのままこれを貫くのでは無いかと不安です。
    なにか理由があれば(あると思いますが)それを明らかにして止めさせなければ条例の適用はしないのではないかと思っています。

  3. 一住民 様

    ありがとうございます。
    全く同感です。
    幸い、様々な方から貴重な情報を頂いておりますので、いつの日か、明らかになる日が来ると思います。
    情報の詳細をお伝え出来ないのが残念ですが、函南町民の一人ひとりが立ち上がる勇気を持たない限り、建設工事が始まってしまう可能性があります。
    環境アセスの一年が過ぎ工事が着工されてしまうと条例の適用は出来なくなりますので、時間は限られています。
    函南町民の命運は、函南町民の意思によって決まります。

  4. 有志一同の皆様
    ご活動ありがとうございます。いつも感謝しながら拝見しております。

    現状として残念ながら
    「函南町内にメガソーラーが建設されることをご存じない」
    という、函南町民の皆様が多いという印象を持っております。

    そういった意味では、町民や近隣市町村の皆様に対し、
    周知、問題提起をし、皆様に考えていただくきっかけとして、
    マスコミの方々に、現状をお伝えしていただくことが大切だと思います。

    「マスコミ各社にお伝えをした」とのことで、これをきっかけに
    函南町民の皆様ご自身が考え、意見を持ち、ひいては世論が広まっていくことを期待しているところです。

    私も、微力ながら、マスコミの方たちに、この問題を知ってもらうよう
    働きかけをしたいと思います。

    1. 函南町民 様

      ありがとうございます。
      函南町民様のようか方が一人でも多くなり、勇気を出して行動して頂ければ、メガソーラー建設を止めることが出来ます。
      町長や議員に条例を適用せずに、どうやって止める方法があるのか質問してください。
      また、条例を適用出来ない理屈ばかり考えてないで、住民を守るために、どうすれば条例が適用出来るのか考えてくださいと要求してください。。
      そして、町長や議員が答えた内容をブログで公表してください。
      そうすれば、函南町民の多くの方が気付き、町長や議員の意識が変わると思います。
      みんなで力を合わせて建設を止めましょう。
      どうぞ、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。