「条例は適用できない」は誤り(日本共産党の見解)

軽井沢区メガソーラーに条例を適用するよう要望する請願に対して「不採択の態度を取ったことは誤りだったことを認め、お詫び申し上げます」(日本共産党函南町委員会「新かんなみ」より)

9月の函南町議会で、日本共産党の大庭議員、田中議員が誤った判断をしたことを認め謝罪しています。

私たちは、この勇気ある謝罪に感謝したいと思います。

メガソーラー建設に反対する日本共産党の見解

メガソーラー建設計画に反対する日本共産党は、議会で反対の立場で一般質問を行い、函南町の自然環境を壊す問題点を明らかにしてきました。

反対運動は町民一丸のものに

また、函南町メガソーラーを考える会、地元軽井沢区、ダイヤランド区の皆さんによる反対運動や区長会の反対賛同など、反対運動は町民一丸のものに発展してきています。
函南町も今年5月、建設反対の立場に立つ「不同意」を決定しています。議会も全会一致で反対を決議しました。

「条例は適用できない」は誤り

しかし、仁科町長は建設計画の抑制を図る条例適用については。「遡及できない」から条例適用はしないとして、町と「反対する区民の会」は条例適用について争っています。
日本共産党は「条例適用はできる」という立場です。町の「遡及できない」理由は、「開発申請時が事業着手」であり、役場の慣例を規定した判断によるものです。
現に、開発申請手続きの途中で、函南町は5月にこの開発に反対して「不同意」の意志を表明し、県に通告しています。
書類申請時が事業着手とすることをもって、事業は許可されているから条例は適用できないとする町の判断は誤りです。

日本共産党の提案

そのため、次のことを提案していくことを考えます。

一、町は当該条例を適用させること。「開発行為はできない」ことを明記する一条を加える修正をし、条例を適用すること。
二、議会は静岡県に当該開発計画は森林法の理念である山地保全の立場から、また、水害の防止の上から「森林法に基づく許可の取り消しを求める意見書」を出していくこと。
日本共産党は住みよい環境を守り、安心・安全のために皆さんと共に頑張ります。

 

「9月議会報告(台風19号、メガソーラー)」おおば桃子のブログ(函南町議会議員) 

「「条例は適用できない」は誤り(日本共産党の見解)」への6件のフィードバック

  1. 台風19号で田代や鬢の沢にあるメガソーラーが崩落事故を起こしていますよね。
    仁科町長や議員は知っているのか疑いたくなります。
    軽井沢に巨大なメガソーラーを作ったら、今回の被害ですまないことは分かっていますよね。
    もし軽井沢メガソーラーを作らせたら条例を適用しなかった仁科町長や議員による人災だと思います。

  2. 11月9日(土)の第34回丹那盆地祭りに行ってきました。
    函南町三大祭り(猫・商工・丹那)の1つだけあってオラッチェの駐車場に車が入れないほどの大盛況でした。
    町長を初め函南町のお偉い方々がわらわら来場されており、
    口々に台風の被害や丹那の酪農の発展を心配していると言っていましたが・・・
    メガソーラーのことは当然一言もなし。人面獣心とはこのことだと思いました。
    オラッチェからはどうもメガソーラーの現場は見えないようで?
    来年以降工事が始まってもオラッチェ来場者は気づかないようですし影響もなさそうです。
    東部農協はメガソーラー建設現場が近いのでメガソーラー反対派かと思いましたが
    違うようですね。
    函南町はメガソーラー建設に向かってむしろ一枚岩になっているようにも思えます。
    反対しているのはダイヤランドと軽井沢地区の住民だけではないでしょうか?
    反対派は飽くまでも話し合いに固執しているようですし・・・
    この際反対派は函南町役場を相手にせず、
    トーエネック社・ブルーキャピタル社に工事差し止めの訴訟を起こすのも1つの手だとも思います。
    業者が諦めればそれで終わるのですから!

  3. 函南野郎様
    軽井沢メガソーラー建設が予定されている場所は、熱函道からオラッチェに向かってくると、正面に見える山から左手にかけて全てです。
    オラッチェから目の前に、山一面、ソーラーパネルが広がる景色になります。
    観光客は来なくなると思います。
    また、ソーラーパネルは太陽光をまともに反射しますので、昼から夕方にかけて、凄く眩しくなります。
    私は他の地域にあるメガソーラーを見に行き、業者がソーラーパネルは反射率が低く、眩しくないと言っていたらしいですが、見事に騙されたと住民が怒ってるいました。

  4. 「オラッチェ&地元農協がメガソーラー反対に協力しない理由」

    オラッチェの社長は、オラッチェ西側にある片野牧場の片野さんです。
    片野さんは、丹那牛乳(函南東部農協)組合長でもあります。

    片野さんは、地元丹那区西方の裏山に、地元住民が猛反対してるにも関わらず、メガではないですが大規模なソーラーパネル設置を強引に進めています。
    なので、ご自身で大規模ソーラーをやろうとしてる手前、軽井沢のメガソーラーに関して「反対」と言えないようです。

    そのせいでオラッチェと農協は、反対の声を上げられない、その話題に触れることすらできないといった空気がずっと流れています。関係者の方々に個人的にお話すると、皆さん口々に「メガソーラーは出来てほしくない」とおっしゃいますが・・・

    先日の台風19号では、丹那区の西方と下丹那では、いたるところで土砂災害が起こりました。送水管破損の影響のない場所でも。
    片野さんソーラーの予定地でも重機で掘り起こしたところで土砂崩れが起きました。幸い、建物や人に被害はありませんでしたが、そのすぐ下には集落があり、建設後の危険性は計り知れません。

    そして、そのソーラー予定地では、オラッチェ牛乳のもととなる牛の、餌の牧草も育てる予定とか。
    万が一破損した場合、危険物質カドニウムの流出した土地になる可能性もあり、函南ブランドの丹那牛乳の危機にもなりかねません。

    片野さんには、どうかご自身のソーラーを今すぐ中止してただいて、大手を振ってオラッチェと農協とともに軽井沢メガソーラーに反対していただきたいです。

  5. 「牛乳は自然からの有り難い贈り物」
    丹那の酪農家は牧草を育む、土から牛の飲む水まで、より質の良い生乳の生産のために 改良する努力をしている。おいしさの原点は、牛への 愛情と、 安心・安全な牛乳への情熱。
    と、丹那牛乳のHPに書いてあります。

    もし、メガソーラーが建設されれば、140年の丹那酪農の歴史が危機にさらされますね。メガソーラーは未来の公害施設とも言われていますから。土も水も大量の除草剤で汚染されます。建設後、安心安全に疑問符がつくかもしれない丹那牛乳を子供達に飲ませたいですか?

    酪農の里オラッチェは、丹那の田園風景があってこそのブランド。今、反対しない人は、建設されてから文句を言っても手遅れです。失った自然は直ぐには戻りません。

    目先の利権より、未来を描ける想像力。
    建設反対の意思と行動を示す事が大切です。

    https://ameblo.jp/11xo22/entry-12450517016.html

  6. オラッチェに人が来なくなり、丹那牛乳のブランド力が落ちて売れなくなる。
    ダイヤランドから出て行く人はいても、来る人はいなくなる。

    それでいいんでしょうか。大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。