台風19号の被害から見る考察

軽井沢メガソーラー近隣のソーラー発電所の災害事故と、軽井沢メガソーラーが完成した場合の災害考察。

台風19号で函南町は、静岡県では数少ない災害救助法適用となり、函南町山間部では数多くの土砂崩れが発生した。函南町軽井沢メガソーラー計画で、一番懸念されるのが災害。土砂災害が多い地域に、64haもの広大な山の上の森を切開くのは、災害を誘発することになる。

CS函南町発電所

軽井沢メガソーラー計画近隣の、地質・地形・気候がほぼ同じなソーラー発電所の土砂災害を見て来たが、軽井沢メガソーラー計画は、それら発電所の50~100倍の面積がある。発電所の上の雨水が流れる量も、災害を起こした発電所の50~100倍になるわけで、考えるだけでゾッとする。

丹那奥中野メガソーラー発電所

災害地各所・メガソーラー計画地を見てきて、個人的な見解だが、軽井沢メガソーラーが完成した場合。これまでは豪雨などあれば「災害を起こす可能性が高い」と思っていたが、今は「災害は必ず起きる」に変わっている。

田代メガソーラー問題(続報)

11+

「台風19号の被害から見る考察」への5件のフィードバック

  1. >これまでは豪雨などあれば「災害を起こす可能性が高い」と思っていたが、今は「災害は必ず起きる」に変わっている。

    本当にその通りだと思います。今回のメガソーラー計画は、函南町を滅ぼす愚策中の愚策だと思います。机の上だけでお金のことを考えている方々には、そこに私たちが住んでいること、日々の営みがあること、その営みが先祖から脈々と受け継がれたものであること、など想像が及ばないのでしょう…。

    しかし、町長はじめ、町議員の方々、町役場の方々は、私たちと同じここで生きている人たちです。どうしてその方々が、この愚策中の愚策を密かに推進しているのか…このダイヤランドニュースで真実を知れば知るほど、不思議でなりません。

    1+
  2. 秋元議員の火の粉が、もしかして函南町に飛んで来たりして、、、

    何分、ブ⚫️ー社と、、、。

    1+
  3. 今年の5月頃まで、函南町役場3階にある箱根御山組合の事務所にブルー社の幹部社員がいりびたりでした。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。