栃木県鹿沼市でメガソーラーに反対する新団体が結成

メガソーラー問題は全国に広がっています。

栃木県の鹿沼市と日光市にまたがる前日光県立自然公園内に計画されているメガソーラー計画にふたつの市民団体が組織を結成。

結成を記念した「市民のつどい」には、福田昭夫衆院議員、佐藤信市長、県議、両市の市議ら約130人が参加しました。

佐藤市長は「先の台風19号で被害が出たように山の管理、保水管理は大切」と反対の立場であいさつしました。

「横根高原メガソーラー建設反対 2団体が新たな組織結成 鹿沼」(下野新聞)

9+

「栃木県鹿沼市でメガソーラーに反対する新団体が結成」への1件のフィードバック

  1. 鹿沼市が羨ましい。
    私達の函南町の町長らは、表面面だけの反対で、本音は軽井沢メガソーラー建設をやりたいんです。
    だから反対運動をされている住民の方への協力はしません。
    反対運動の集会に参加を求められても拒否し、今まで一度も反対運動に参加していません。
    鹿沼市とまるで違います。
    反対運動に協力するどころか、陰で誹謗中傷したり、反対運動の妨害をしたりしているということも聞いています。
    酷い。

    3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。