復命書でわかった、函南町の本音!

町の「不同意」は反対の意味ではないと伝えていた。
県が残した決定的証拠

軽井沢メガソーラー計画に「不同意」と言いながら、実際には計画を止めるための根拠を示そうとしない函南町に不信感を持った県の責任者が、町に確認に来たときの資料が公開されました。

その内容は住民には反対のポーズを取りながら、しかしその裏では推進してきたことがはっきりとわかる証拠となるものでした。

○町は、反対・賛成のどちらでもなく地元区の同意があれば、事前協議に同意していた。
(県の作成した「復命書」より)

○不同意の理由は、森林開発許可申請を不許可にしてほしいということではなく・・・
(県の作成した「復命書」より)

確認事項まとめ
○今回お聞きした内容からは、4要件に該当する具体的な内容は、見当たらなかった。
○森林法では、4要件に該当しない場合は、許可しなかればならないとなっている。
○仮に許可する場合は、お聞きした町の意見を踏まえて、許可条件を検討していく。
以上の内容について、県から町に伝達、町からは異論はなかった。
(県の作成した「復命書」より)

 

議会や町民の前では幾度となく下流域の水害の恐れを語っている函南町。
肝心なときだけ、そのことを伝えないのはあまりにも不自然です。

なお、「復命書」とは県が町に確認した内容を上司に報告するとともに事後の紛争に備えて作成した県の文書のことです。

まるで今の函南住民の不安を代弁するかのような内容です。
県はこの時から函南町が不自然な行動をとっていることを察知していたのです。

驚きの本音ちらし

27+

「復命書でわかった、函南町の本音!」への9件のフィードバック

  1. えーっ、、、
    町長らは不同意とか建設反対だとか言ってたくせに住民を騙してたんだ!
    酷すぎます。
    地元議員はそんなこと一言も言わなかったのは、みんなグルなんですね。
    許せない!

    8+
  2. 条例の適用を求める住民の請願を反対しているのは議員は、
    ・清風会
    ・自由かんなみ
    ・公明党
    です。
    この方達は、いったいどの様な方法で建設を阻止することが出来ると思っているのでしょうか?
    何の策も無く、ただただ人任せな考えしか無いのなら、まさに無責任極まりないですよね。
    まあ、そんな方しか町会議員になっていないのかも知れませんが、16人も議員がいて、一人や二人ぐらいは、まともな議員がいることを期待するしか無いですね。

    9+
  3. 本来は函南町が森林開発許可に関わる4要件(災害を防ぐ、水害を防ぐ、水を育む、環境を守る)を率先して報告すべきにも関わらず、逆に県の方から心配され聞かれているという大失態。

    わざとなら犯罪的行為。
    わざとではないないなら無能。

    9+
  4. 函南町のM建設経済部長は、仁科町長の意思に反して、県に対し、林地開発を
    ⚫️不許可にしてほしいわけではない。
    ⚫️開発は賛成でも反対でもない。
    などと回答したのでしょうか?
    なぜ? その理由は?
    もし、これが真実なら、M部長や課長らは罪に問われることになり、当然、懲戒免職にもなると思います。
    また、県も函南町の一部の幹部による虚偽の説明により許可したものなら、許可の取消しをしなければならなくなると思います。
    今後の県や町の対応に注視していく必要がありますね。

    7+
  5. 考える会の方々、色々調べてくださりありがとうございます。

    4要件(災害防止・水害防止・水の確保・環境保全)に該当しないなんて、函南町はよくもそんな恐ろしいことが言えたものです。

    最初は、丹那小や幼稚園に通う子ども達を守りたいという思いでメガソーラー建設に反対してきました。
    数々の被害があった台風19号後の今は、函南町だけでなく駿河湾含め下流域全ての人達の命と生活を脅かす事であり、より多くの人達に知って欲しいことだと強く思っています。

    被害が起きてから、非人道的な函南町や考えなしの議員達のせいだと恨んでも、失った命や生活は戻りません。
    自分達で守るしかない。
    絶対に、阻止しましょう。

    7+
  6. 丹那の主婦さま

    ありがとうございます。

    議員らは、条例を自分達が議会で成立させてから半年以上が経つのに、未だに、条例が適用できる法的根拠が理解出来ないとは、呆れたものです。

    議会や議員が機能しないことがよく分かりました。

    これからは、議員をあてにせず、私達住民が立ち上りましょう。

    6+
  7. 2月10日(月)、函南町役場4階会議室で町長、建設経済部長、都市計画課長との話し合いの場で、
    私達が県に情報公開請求した文書の中に、
    ⚫️函南町の建設経済部長が県の責任者に函南町の考えとして、
    ・ 町は、軽井沢メガソーラー建設は賛成でも反対でもない。
    ・ 不許可にしてほしいわけではない。
    ・ 住民が災害を気にしていますが、それは科学的根拠の無く、漠然と不安を抱いているだけである。
    旨の記載がある文書が公開されました。

    その件に関して、町長は軽井沢メガソーラー建設は災害や水害のおそれがあるため不同意、つまり反対していると言われていますが、建設経済部長は、町長の意思に反して県に町の考えとして勝手に伝えたのか質問したところ、

    ⚫️ 建設経済部長は、
    ・ 私は、不許可にしてほしいわけではないなどとは言っていません。
    ・ その件は、調べて回答します。
    との返答を頂きました。

    今日(2/12)、函南町役場「副町長室」で、
    ・副町長
    ・建設経済部長
    ・都市計画課長
    とお会いして、二日前、建設経済部長が約束して頂いた回答は何時頂けるのか質問すると、
    ⚫️ 建設経済部長は、
    ・ 県と町と皆さん方と三者で話し合いの場を持ちましょう。
    ・ そこで真実を明らかにしましょう。
    との提案がありました。

    私達は、その提案を快諾するとともに、「県や町が良ければ、マスコミの面前で、ガラス張りで議論をして真実を明らかにしましょう。」と提案しました。

    副町長らは、県さえ良ければマスコミを交えることを承諾して頂けました。

    私達は、是非とも2月中には開催して欲しいと思っています。

    日程が決まり次第ダイヤランドニュースなどを通じて、皆さま方に、出来るだけ早くお伝しますので、よろしくお願い致します。

    9+
  8. 昨日(2/12)、県が情報公開した文書「復命書」は、函南町も持っていたことが分かりました。

    私達は、今まで何度も函南町に情報公開請求してきましたが、その文書の存在は全く教えてもらえず、存在自体、知ることができなかったものでした。

    その文書が表に出れば大問題になることは函南町も分かっていたから、隠していたのでしょう。

    まあ、函南町に聞けば、その文書は情報公開請求されなかったから、、、
    と言い訳するでしょうが。
    しかし、そうなら、なぜ、県は公開したのでしょうか?

    私達は、函南町にも県にも同じ情報公開請求しているのに、県は公開し、函南町は公開してこなかったわけですから。

    函南町にとっては不都合な真実ですらから、さすがに隠したい文書ですよね。

    しかし、県にとっては不都合が無い、それに、これだけ社会的関心が大きいことから、県民に正しい情報を伝える必要があると判断されたからこそ、一切、黒塗りなどせず、文書を公開して頂けたものと思います。

    軽井沢メガソーラー建設計画に関して、なぜ、函南町は平成30年4月以降に事業計画の詳細を把握しておきながら、町民に知らせようとしなかったのでしょうか?

    函南町は、軽井沢メガソーラー建設計画に関して情報公開しなかった理由は、
    「事業者の不利益になるから」
    「事業者の財産権も守らないといけない」
    などの理由を議会で答弁をしています。
    残念ながら住民側の立場、つまり住民の権利などを無視した答弁でした。

    情報公開法や町の条例公開条例では、
    「住民の生命や財産に危害が及ぶおそれのある情報」
    は、事業者にとって不利益であっても、その情報は、
    「公開できる」。
    旨、規定されています。

    函南町は、なぜ、情報公開法や情報公開条例を無視してまで、住民の生命や財産より事業者の利益を優先したのでしょうか?

    さらに、函南町は、太陽光発電条例は軽井沢メガソーラー事業には適用しないと頑な姿勢を貫いています。

    函南町は、法律や条例、判例をも無視した判断をしてまで、なぜ、事業者を必死に守ろうとするのでしょうか?

    今の函南町は、住民を守ることより、事業者の利益を守ることしか考えていないことが、数々の証拠から明らとなりました。

    いずれ様々な疑惑の真相は、静岡県警察が究明してくれるものと思います。

    12+
  9. 予想どおり逃げましたね。
    そもそも県が嘘を付く必要がないから最初から前川部長が嘘を言っていたというか、町長以下みんなが一緒になって嘘を付いているわけですね。
    業者に函南町が乗っ取られているみたいで怖いです。
    警察は何をしているのでしょうか?
    まさか、三島警察署長が函南町民だから町長に手心を、、、。
    もしそんなことがあれば、静岡県警の大不祥事になりますからね。
    まあ、そんなことが無いことを祈っています。

    3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。