田代メガソーラー問題(続報5)

2020年3月7日(撮影:鈎裕之)

発電事業者は資本金1円のペーパーカンパニー。

昨年10月の台風による土砂崩れ事故から5ヶ月が経過した今も、復旧は進まず危険な状態のまま発電事業は続いています。
1月時点のカナディアン・ソーラーのプレスリリースには「現在、二次災害防止のた めの工事を実施しており」とありますが、その工事とはブルーシートを掛けるだけのことだったのでしょうか。

また、この復旧および安全対策の工事に関して、地主あるいは事業者のどちらが責任を負うのかのか不透明な状態が続いていますが、ここにきて新たな衝撃の事実がわかりました。
この事故の当事者とも言える発電事業者は、カナディアン・ソーラー自身ではなく、その関係者が作ったと思われる資本金1円のペーパーカンパニーだったのです。

つまり仮にこの会社が倒産したとしても損害は1円。
しかも、この発電施設自体はカナディアン・ソーラーが所有しているためその損害も無し。
始めからこういった事態に備えてリスクヘッジされていたのです。
これでは発電可能な限り、何も対策をしない理由もうなづけます。

函南町役場案内板

一方の地主は、既にご承知のとおり仁科町長と蜜月関係にある箱根御山組合の幹部。
彼らが、自らの責任を問うことも、安全のために身銭を切る覚悟がないことも明らかです。

カナディアン・ソーラー訂正報告書20180725
カナディアン・ソーラー臨時報告書20180725

田代メガソーラー問題(続報4)

11+

「田代メガソーラー問題(続報5)」への3件のフィードバック

  1. 明らかに危険。誰が見ても危険。
    これを放置するなんて正気の沙汰ではないです。
    いい加減な業者はもとより、地元の地主まで知らんぷりなんて…。
    何故住民の方々は黙ったままなのでしょうか?
    言えない理由や風習なんて外からは知る由もありませんが、何もかも失ってしまう前に声を上げるべきです。

    そしてそれは、私も含め全函南町民にも言えることだと思います。
    リアクションしなければ、不同意という反対の皮を被った町に、全て奪われてしまいます。
    これは妄想や極論なんかではありません。紛れもない事実です。

    9+
  2. 函南町の命運は、町長や業者が握っているわけではありません。

    函南町の命運は、私達、函南町民の一人ひとりが握っているのです。

    人任せにしていては、この深刻な危機を克服することは出来ません。

    昔と違って、私達の声は、SNSにより日本中に発信できます。

    手遅れになる前に声をあげてください。みんなで力を合わせて大切な家族を守りましょう。

    7+
  3. >朝日新聞の知り合いの記者が「資本金1円ですよ、信じられますか?」と言って、ある太陽光発電業者の資料を持ってきたことがあります。「信じられないけど、認められているんだよね」と答えた記憶があります。世の中、信じられないことだらけです。

    >高台のメガソーラー。住宅地至近の急斜面が崩落し、擁壁未施工のまま5ヶ月放置なう。昨年10月の台風襲来時に崩落。今でも雨降るたび少しずつ法面の土砂が削られ、法面の亀裂に雨水が入るため深層崩落の恐れあり。当業者にやる気ないなら行政代執行せねば住民が非常に危険。静岡県函南町田代字背戸山435

    >発電事業者は当初はCLEAN SANGONERA株式会社→2018年11月、ティーダ・パワー01合同会社→2019年04月、CS静岡田代2合同会社に。このCSとは、中国に拠点を置くカナディアン・ソーラー(中国に生産拠点を置く太陽光パネルメーカー)のこと

    >「太陽電池モジュールの支持物を土地に自立して施設する場合には、施設による土砂の流出又は崩壊を防止する措置を講ずること」という電技解釈の規定に満たないと国が判断した場合、電気事業法第40条に違反していることになり、FIT制度上の買取認定取消し事由になりえます

    以上、ツイッターのコメントより。

    3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。