【問題提起】箱根台バス停前の楓の木伐採について

ゴミステーション改装に伴い楓の木の伐採が計画されています。
しかし、それに反対する意見もあります。

みなさんのご意見をお聞かせください。
こちらの記事へのコメント、または掲示板への投稿をお願いします。

現状を調査し追記しました。 2020/6/14
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

現状
当該のゴミステーションは楓(かえで)の木に覆われた中にあり、ある意味、風情のある風景と言えます。

しかし、中に入って見ると、風とおしは悪く日陰であることも相まって湿気も感じる不衛生な環境です。

屋根の上に積もった楓の葉は特に腐りやすい性質があり、ほっておくとすぐに腐葉土のようになってしまうため、こまめな掃除が必要です。

湿気を感じる不衛生な内部
風通しの悪い構造
屋根にはすぐに楓の枯葉が積もってしまう。
穴の空いた屋根
木の成長は道路にも影響あり 【注意】こちらの桜の木は今回の改修とは関係ありませんでした。
問題の木を伐採しても、特に景観を損なうことはなさそう。

これまでの経過
地元の幹事3名(+旧幹事1名)で話し合いを行い、このゴミステーションの改善をしてもららうようサービスセンターにお願いしました。
サービスセンターは環境を悪くしている原因である楓の木を伐採する改善案を提案してくれました。
地元の幹事たちはこの提案に賛成しています。

楓の木を残したい人の理由
・大きな楓の木は、現在ゴミステーションの屋根の傘となり、真夏の気温の高さを抑えてくれ、ゴミから湧く虫をも食い止めてくれている。
・楓を伐採しても周りに沢山の山の樹木が生きており、風は吹き雨は降りますので枯葉は無くならない。

詳しくはコメント欄をご覧ください。

4+

「【問題提起】箱根台バス停前の楓の木伐採について」への7件のフィードバック

  1. 初めて投稿させていただきます。
    箱根台のゴミステーション改装にあたり
    「枯葉の掃除が面倒」と言う理由で
    立派な楓の木を「根元から伐採」したいと言う電話が
    管理センターから近所のわたくしのところへ連絡が来ました。

    それには、こちらの地区の班長さんからも
    伐採の要望が出されているとの事です。

    あの大きな楓の木は、現在ゴミステーションの屋根の傘となり、
    真夏の気温の高さを抑えてくれ、ゴミから湧く虫をも食い止めてくれているのです。
    「ゴミステーションの屋根に枯葉が溜まるから嫌」とのお話も
    班長さんからも伺いましたが、
    楓を伐採したところで周りには桜や樫、竹、柿木、黒文字、
    沢山の山の樹木が生きており、風は吹き雨は降りますので
    枯葉は無くなりません。

    そもそもここは山であり、別荘地です。
    町ではありません。
    たくさんの樹木が住民に瑞々しい季節の体験や心を体を癒し
    慰めてくれております。

    この楓の隣に桜の大きな樹木もありますが、こちらも
    老木で遠くない将来に朽ちてゆくでしょう。

    ダイヤランド全体を見渡しても多くの桜の木の寿命が近づいていることも皆さん感じておられるのではないでしょうか?

    将来、この大きな楓の木は桜が朽ちた後も散歩をする人に
    重いゴミを運んで来た人たちにも
    必ず一服の清涼剤になってくれる
    ことと思います。

    私は区民の会さんが「メガソーラはいらない!」という署名にも
    賛同しております。
    そんな自然を森を愛している方々と不便はありますが、山の中で過ごせる時間はとても美しいものだとも思っております。

    便利がいい、掃除がラクだ。という理由で安易に
    別荘地の樹木の伐採を賛成しないでほしいです。
    掃除がラクだ!を求めると
    やがてダイヤランドも街と変わらないものとなり、
    「自然と寄り添える特別な価値」が失われてしまうでしょう。

    皆様にもどうか優しい気持ちで考えて頂きたいと願っております。

    1+
  2. 箱根台のゴミステーションの改装に伴う、楓の木の伐採の可否。双方とも言い分はあるかと思いますが、
    ここは、現実を踏まえて結論を出すべきでしょう。
    二十年前は目立たなかった桧木(ひのき)や杉の木が今や巨木化して、富士山を眺めることもできなくなっつた、桧木が公道に横向きに倒れかかりそうになり、電線にも枝葉が接触しそうになっている・・等々
     余談ですが、私の住まいの近辺にも数多くの老朽化しっつある巨木が存在します。
    多くは土地だけの所有者・・・管理センターとしては事故等、よほどのケースでなければ対応に限界があるとのことです。

    6+
  3. 別荘地であればこそ環境や景観が美しくあって欲しい
    そしてここで毎日暮らす人にとっても美しい街であって欲しい

    0
  4. ゴミステーションは明るく清潔に感ぜられる事が大切!
    暗い所は段々と捨て方も乱雑になりどんどん悪循環が起こっているように感じます。
    このステーションだけでなく、全てのゴミステーションを明るく綺麗にして欲しいです。

    5+
  5. 木について私自身の意見でございます。
    ご面倒でしたら、飛ばして結構です。

    最近、ダイヤランドを含めて、数十年前に植林された木が大きくなる事例が増えています。

    私の地区では、木が大きくなりすぎて、電柱の高圧線に接触して、消防車の出動する自体がありました。
    やはり、木はどうしても成長はいたします。
    それを、手を加えるか、加えないかでご意見が別れると思います。

    ゴミステーションの使用に差し支えあるのであれば、例の楓の木を根本から伐採するのもありでしょう。
    しかし、“落ち葉が問題”と、いうのであれば、伐採という極論に達しなくても、大胆に、ゴミステーションに問題がなくなる程度に“枝打ちををする”というのも手です。

    皆さんがおっしゃるように、ダイヤランドは自然を大切にする意味で、良い別荘地だと思いますが、何を手を加えないと様々な問題になります。
    例を挙げるのであれば、公園ですね。手入れをしないと草ボウボウで、単なる荒れ地になります。

    楓の木がどのような管理なのか私は現地に行っていないので、わかりませんが、何も手入れしていないのであれば、やはり、問題になると思います。
    それは、例の楓の木ではなく、私有地の大木も一緒です。
    お隣の木の葉っぱが、自宅の庭やベランダに溜まる。良く聞きますし、私のところでもあります。

    様々なご意見が飛び交う中、私は、中間点の、
    『しっかりと手入れをして、共存させる。駄目なら新たな対策を練る』
    を提案を致します。

    以上、某地区の者からの意見でした。

    2+
  6. 毎日利用できるゴミステーションが暗くジメジメしています
    原因は屋根の上の積ったゴミで光が届きません それと風通しも悪いのかもしれません
    入口付近は苔があり濡れている時は滑ります
    4地区会議を行い 改修についてはその事も考慮して頂くようお願い致しました
    自然と寄り添える特別な価値は失われないと思います

    2+
  7. 理想はしっかりと手入れして自然を残す、でしょう。しかし、先ずそれを全うするのは金銭・労力を必要とします。限られた範囲の中でやっていくにはどうしても優先順位を決定していかねばならないのは何事に於いても同じでしょう。楓の件と同じように他にも考えねばならぬ事はこの山には、山とあります。口火を切った一件の事に定常的にコストを掛け続ける事になるのなら、涙を飲まざるを得ませんが伐採という選択肢もありでしょう。
    自然を愛してここに来たのはみな同じでしょうが、同時に、ここにいるという事は自分が自然をそれだけ壊しているという事です。命が大切といいながら人間は様々な命を食しています。綺麗事だけでは問題は解決できません。
    他の方も書かれているように、ここは問題が起こっている場所がゴミステーション、使用する人々にとっての安全で快適な恒久的な利便性を保つ維持費、その他要求との費用対効果の公平性等、バランスをとりながら現実的に対処して行くしかないと思います。
    楓はゴミステーションの壁と区民の会掲示板の間に存在し、管理会社の所有だそうです。従って管理会社に決定して頂くのに疑問はありませんが、これも住民にとって、各自の不平不満に終わらせる事なく全体を見渡して、人任せにしない問題意識を喚起する良い機会と思います。

    5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。