なぜ仁科町長は欠席したのか?

伊豆日日新聞(2020年7月24日版)

この三者会談で明らかになった事実

①副町長以下は、昨年6月4日、県の責任者に「町は不許可にしてほしい訳ではない。地元区さえ合意していれば町は同意していた。」と発言した件については、渋々、その事実を認めるに至りました。

“なぜ仁科町長は欠席したのか?” の続きを読む

3+

函南町メガソーラーで協議 町長は欠席

函南町で計画されているメガソーラーについて、町と地元住民との話し合いが行われ、住民側は、県が計画を認めた際の町の対応に問題があったと指摘しました。

“函南町メガソーラーで協議 町長は欠席” の続きを読む

6+

静岡新聞記事および三者会談のポイント解説

静岡新聞(2020年7月22日版)

【新聞記事】
新聞に函南町のコメントとして、次の一文が掲載されていました。
町は4要件の説明を外したのではなく、開発による支障を証明する手立てがなかった。

【解説】
森林法により林地開発の「許可要件」が定められています。
県が林地開発を許可するためには、次の4つの要件が満たされている必要があります。
つまり、
“静岡新聞記事および三者会談のポイント解説” の続きを読む

13+

【速報】前・建設経済部長、復命書の発言があったことを認める。

「1年以上前のことでよく覚えてないが県の記録に残っているのなら、そのような発言はあったのだと思う。」(前・建設経済部長)

県の公開した公文書により明らかになった前・建設経済部長の発言の有無を問う三者会議で、本人から「話の前後で反対の意思は伝えている」としつつも、発言自体はあったことを認めました。

会議の参加者は、町から3名(副町長、建設経済部長、前・建設経済部長)、県の森林保全課から3名、住民代表(4名)、傍聴者32名でした。

マスコミの取材は、SBS(静岡放送)、静岡朝日テレビ、伊豆日日新聞、静岡新聞などがありました。

復命書でわかった、函南町の本音!

 

4+

近隣メガソーラーの工事が再開されました。

また、工事再開の動きがありました。 2020/7/20

私たちダイヤランド区は2019年9月4日に同意を撤回しています。

20190904同意撤回

“近隣メガソーラーの工事が再開されました。” の続きを読む

0

軽井沢メガソーラー、未だ届け出なし。

トーエネック、ブルーキャピタルは、函南町から条例に基づく届け出を4回以上も求められているにも関わらず未だに提出がありません。

そればかりか「町長同意の対象とはならないのであれば・・・」と条例の目的を無視した勝手な解釈を押し付けようとしています。

“軽井沢メガソーラー、未だ届け出なし。” の続きを読む

3+

函南町「法令に従い軽井沢メガソーラー事業に条例を適用していきます」

昨年10月に函南町から、条例に基づく届け出を求められているにも関わらず、現在なお、未提出のトーネック、ブルーキャピタル。

“函南町「法令に従い軽井沢メガソーラー事業に条例を適用していきます」” の続きを読む

7+

ブルーキャピタル社が住民を批判

「金銭的な保障を要求している様に感じています」原田秀雄氏(ブルーキャピタル社長)

函南町への情報公開請求により、軽井沢メガソーラーの開発事業者、ブルーキャピタルマネジメントの社長が住民を批判する文書を提出していたことが明らかとなりました。

“ブルーキャピタル社が住民を批判” の続きを読む

12+