県常任委員会による集中審査が始まります

2022年10月5日〜7日、静岡県議会、常任委員会(産業委員会)にて、函南メガソーラーに関する集中審査が行われます。

【検証ポイント1】静岡県の認知開発許可の手続及び審査基準について

国の委託事務として行う知事の許可において、どのような基準に基づいて許可がされたのかの検証。

【検証ポイント2】函南の案件にかかわる林地開発許可の申請の審査過程について

函南メガソーラー開発に係る林地開発許可申請についてが審査が行われた過程及び審査の具体的な内容についての検証。

【検証ポイント3】林地開発許可後に発覚した審査の不備について

林地開発許可後に発覚した申請手続の不備について、どのような不備があって、事業者に対してどのような指導を行い、現在、どのような状態にあるのかということを問いただす。

常任委員会の傍聴方法

・委員会の当日に、静岡県庁本館4階各委員会室入り口で受け付け。
・受付時間は、午前、午後とも委員会開始予定時刻の30分前から15分前まで。
・定員は3〜5人。定員を上回る傍聴希望者がある場合は抽選。

委員会モニター室での視聴

・静岡県庁本館4階のテレビモニターで委員会の模様を視聴可能。
・現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、最大30人までに制限。
・受付は、委員会開始予定時刻の15分前。(先着順)

傍聴のご案内(静岡県)

静岡県議会・鈴木啓嗣議員「徹底した議論をしていく」

県の行政手続上の瑕疵はあきらか、それ自体が問題

2022年9月26日、静岡県議会において鈴木啓嗣議員(自民改革会議)は、一括質問方式で質問を行い、その5番目の項目として函南メガソーラーに関する質問を行いました。

“静岡県議会・鈴木啓嗣議員「徹底した議論をしていく」” の続きを読む

いよいよ始まる、県議会による検証

2022年9月21日に開会した静岡県議会で、函南メガソーラーの林地開発許可の手続きに関する検証が行われます。

9月26日に鈴木啓嗣議員(自民改革会議)による「函南太陽光発電事業計画における林地開発行為に対する許可について」の質問が行われ、更に10月5日〜7日に開催される産業委員会でも議論される予定です。

焦点となるのは、申請時に事業者が捏造したことが明らかとなっている河川協議の可否について。

函南町選出の廣田直美議員(ふじのくに県民クラブ)はこの問題に関して「徹底的に検証するべき」と見解を述べています。

関連記事
ひろた議員「県の見解を徹底的に検証します」

また、今回質問する鈴木議員の所属する自民改革会議も函南町の仁科町長と対談するなどしてこの問題を把握し、「正面から議論し、問題があれば正していく」と述べています。

関連記事
自民会派PT「問題があれば正していく」
質問議員・質問項目(令和4年9月定例会代表質問(9月26日))

川勝知事「メガソーラー反対」の嘘

「知事として軽井沢メガソーラー建設は反対です」と住民に寄り添う姿勢を見せる一方で、林地開発許可時の事業者の申請に明らかな虚偽が発覚してもなお、許可を取り消そうとしないのはなぜなのか?

“川勝知事「メガソーラー反対」の嘘” の続きを読む

伊豆の国市長「函南町に全面的に協力していく」

2022年9月5日、伊豆の国市議会にて山下市長は函南町メガソーラーに関する見解を問われ「函南町長が不同意を貫くと公言している。同じ柿沢川流域にある伊豆の国市として、函南町に全面的に協力していく」と答えました。

“伊豆の国市長「函南町に全面的に協力していく」” の続きを読む

函南町メガソーラー関連のマスコミ報道まとめ

2022/8/3更新

これまでの地元メディアでの報道をまとめました。
全国区のマスコミなどへの説明資料としてご自由にお使いください。

函南メガソーラーマスコミ報道2019

函南メガソーラーマスコミ報道2020_6

函南メガソーラーマスコミ報道2021_8s

函南メガソーラーマスコミ報道2022_2 2022/8/3更新

“函南町メガソーラー関連のマスコミ報道まとめ” の続きを読む