いつまで「検討中」なのか?函南町のコンビニ交付

今どき、できて当然の住民票や印鑑証明のコンビニ交付。
函南町では3年半もの間「検討中」のままです。

私たちは2016年12月の「町長と語る会」の中でその実現を要望として出しています。

その後に函南町からは文書で「すぐできる 検討する」の回答がありました。
しかし、それから何ら進展も報告もないまま約3年半が経ちました。

先日、オンブズマン函南町は、この件を含む「マイナンバーカード普及と利活用の場拡大の要請書」を提出。
その回答の中で、函南町は以下のように書いています。

2.証明書等のコンビニ交付サービスについて
【回答】
コンビニ交付については、これまでマイナンバーカー ドの普及率が高くないことら事業に向けた優先順位も町の 限られた財源の中では高くはありませんでした。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、3密を避けるた めの方策として有効であり、その導入についての検討しています。

▲函南町の回答

そもそも既にコンビニ交付を初めている多くの市町村では、そのサービス開始の理由を「住民サービスの向上と事務処理コスト削減のため」としています。

財源はいつまでも実現しないことの何の理由にもなっていません。

マイナンバーカード普及と利活用の場拡大の要請書(オンブズマン函南町)
要請書の回答について(函南町)

オンブズマン函南町

光通信網の整備(他)函南町からの回答と、それに対する区民の会の見解

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。