条例施行から1年経過、未だ届け出なし。

函南町メガソーラー関連の条例が施行されて1年が経過しました。

事業者のトーエネック、ブルーキャプピタルは、その間、確認されているだけで4回もの函南町からの届け出依頼があるにも関わらず、未だに提出がありません。

事業を早く有利に進めたいはずの事業者がなぜ届け出をしないのか?

それは函南町の対応しだいで事業を撤退せざるを得ないことを、事業者自身が認識しているからです。

しかし彼らは今、届け出をしないまま環境アセスの準備を進めています。

この1年間の主な出来事はこちら↓

函南町メガソーラー問題

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。