メガソーラー直下に活断層

「こんな危険な計画は止めなけらばならない」塩坂邦雄氏

静岡新聞(2021年2月3日版)

審査の過程で「活断層の存在は確認していない」

「丹那の自然と生命を守る会」は1月30日、農村環境改善センターにて地質の専門家である塩坂邦雄氏を招いた勉強会を開催しました。

講演する塩坂邦雄氏

塩坂さんは調整池付近の地下に活断層が走っていることから「断層が動いて地震が起きれば調整池の堤体は崩壊し下流を土石流が襲う。こんな危険な計画は止めなけらばならない」と指摘しました。

現地調査に向かう一行
土石流の被害予想図
朝日新聞(2021年2月2日版)

事業者は「活断層がずれるのは何百年に一度の話」と住民の命を軽視する発言

何百年に一度なら、何故、原発は活断層の上に作れないのでしょうか?
それは、活断層が動くのが何百年先なのか、明日なのか、誰にも分からない、しかし、もし地震が発生した際、取り返しのつかない大被害が発生するから禁止しています。

+9

「メガソーラー直下に活断層」への8件のフィードバック

  1. その理屈なら、富士山は何百年も噴火していないんだから火口に建物を建てても大丈夫ということでしょう。
    住民の命を軽視する会社だと思います。今の時代に、そんな無責任な会社が存在するとは。

    +5
  2. 何百年に一度の話=だから大丈夫
    そんな稚拙な発言を平気で言えることに驚きます。
    こんな会社に、家族や大事な人達の命を預けることは出来ません。
    地域一体となって、活断層の危険性をもっと広めていき、建設中止に追い込みたいです。

    +4
  3. これだけ大人数が反対しているのに、
    いつまでグズグズ言ってるんでしょうかね?
    止めるしかないでしょうコレは。
    強行しても何一つ良いことは無いですよ。
    元々無理な場所なんですから計画中止は自然の流れです。
    そんなにソーラー好きなら自分ちに置きなさい。

    +6
  4. 安全第一とよく言いますが、それが嘘でないならメガソーラー建設を止めてください。
    原発もメガソーラーも危険性は同じです。
    住民の命を軽視しないでください。

    +3
  5. メガソーラー推進派は、陰でコソコソと批判や悪口を言っているのを聞きました。
    地質や地層に何ら知識や経験も無い者が塩坂先生を批判するなど100万年早いわ!
    金儲けしか頭に無い守銭奴め!
    って言ってやりたくなります。

    +3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。