【提言】町民の命や財産を守るため条例適用を!

住民、町議会、商工会、そして町長も全てが反対する函南町メガソーラー。
ところが町長は【法的根拠なし】に条例が適用できないと言い続けています。
正にこの町長の姿勢が、事業者が強引に手続きを進めている理由です。

過日の説明会で「既に事業に着手していますか?」という住民からの単純な質問に、事業者が必死で言葉を濁していたのはこのためです。
彼らは条例適用が可能であることを知っているのです。

関連記事
方法書説明会(6)「書き間違いか、虚偽報告か?」

今はこの奇妙な現状を多くの人が知り理解することが、本当の意味で函南町メガソーラー問題を解決する方法です。

(2021/2/4追記)

ありえない町の選択

9月3日の函南町議会一般質問で、大庭議員の質問に答えた函南町の見解は「条例適用は業者から訴えら得る恐れがあるので、環境アセスメントの課程で対応していく」というものでした。

函南町は「メガソーラーの建設の結果、周辺及び下流地域で大規模水害が発生する恐れ」より「事業者から訴えられる恐れ」を重視しているということです。
みなさん、本当に町民の命や生活を考えているのであれば、あり得ない選択だと思いませんか!

環境アセスで事業は止まらない

函南町は「環境アセスメントを通じて対応する」とのことですが、環境アセスメントで事業を中止させることは不可能です。
なぜなら環境アセスメントは、「環境保全の観点からよりよい事業計画を作り上げていこうという制度」、つまり「事業を実施することが前提になっている制度」だからです。
(環境省の公表している「環境アセスメント制度あらまし」の冒頭記載より抜粋)
環境アセスメント制度あらまし(環境省)

また、実際の調査を実施し対策を検討するのは事業者ですので、事業者は事業を前提に出来ることしか提案しないのは当然のことです。

努力したけど無理でした・・・?

つまり、函南町は自分が業者から訴えられる恐れがある条例の適用を避け、災害等が発生した場合には「県や国への陳情等に加え環境アセスメントでも反対したが、事業を止めることは出来なかった」との言い訳出来るように準備を進めているのです。

函南町民の一人として、「町民の命や財産を守るために、リスクを冒してでも事業者と対決する」ことの出来ない町長や町議会議員に対し、強い不信感と反感を禁じ得ません。

条例を適用しても訴えられることは絶対ない

全国的に条例を適用して訴えられた事例は一件もありません。
その理由は、訴えても「最高裁判所判例」により事業者が勝てないことが明白だからです。

法的措置もやむなしなのか

9月議会では「事業者が環境アセスメント手続きを進めている」ことも説明されました。
このままでは、軽井沢地区での巨大メガソーラー事業は止まりません。
反対運動だけで無く、町長や町議会への法的措置も含めた行動を取らざるを得ないタイミングではないでしょうか。

連載(10)条例が遡及の問題などなく適用可能な理由

+15

「【提言】町民の命や財産を守るため条例適用を!」への24件のフィードバック

  1. 事業者が環境アセスメントの手続きを進めているということは、事業に着手できる確信かそれに近いものがあるのでしょう。

    その気持ちが、どこから得られているか容易に想像がつきます。

    法的措置を取らなければ、懸念しているように「努力したけど無理でした・・・」でしょう。

    法的措置を取る判断は誰が行って行動に起こすのでしょうか?(よくわからないので純粋な質問です)

    このままでは止まらないと思います。手遅れになる前にどうするか。

    +5
  2. 仁科町長は業者の味方ですが、
    中野議長は町民の味方だと思います。
    中野議長のリーダーシップによりメガソーラー建設を阻止して住民を助けてくれると信じています。
    中野議長様
    住民を守ってください。
    信じています。

    +3
  3. 移住先候補地なだけに、景観を損ね災害の危険が有るメガソーラーは全力で阻止してもらいたい。

    +6
  4. 中野議長は条例の適用について可能と公言しているのでしょうか?
    していないならなぜですか?
    公言していないようなら、それについて何かアクションは取っていますか?

    私には信用できる要素が全く感じられません。

    +7
  5. 中野議長に条例を適用するように仁科町長に言ってもらいましょう。
    そうすれば条例適用してくれるでしょう。
    ようは中野議長しだいですよ。
    皆んなでお願いすれば中野議長は動いてくれます。
    私達は長年、中野議長を応援してきましたから住民を裏切るような無責任なことはしません。

    +3
  6. 最近、建設中止になったメガソーラー
    ・高知県の四万十
    ・長野県の霧ヶ峰
    ・兵庫県の宝塚
    ・三重県の佐久穂町…

    中部電力の社長曰く「コンプライアンスなくして事業活動なし」との事。建設反対の声が大きくなれば、当然社会的責任があります。公共の福祉に反してますからね。

    7月の熊本豪雨被害は決して対岸の火事ではありません。
    知事の「ダムに依らない治水策」の失敗が原因で人災です。

    これを函南町に置き換えて想像してみてください。地盤の弱い土地でディズニーランド1.5倍の木を伐採すればどうなるか? 仁科町長が条例を適用せず、甚大な被害が出れば人災になります。

    これは人の命に関わる大変危険な計画。だから、工事が始まる前に反対しているのです。一部の人が、ダイヤランドが強引に反対運動を進めていると批判的なコメントをしてます。

    冷静に考えてみてください。被害にあうのは下流域です。
    高台のダイヤランドでは多少の土砂崩れはあるかもしれません。
    しかし、浸水や濁流に飲み込まれる事はほぼないでしょう。

    よそ者が地元の人の命や自然を守る為に、 ピュアな正義感だけで活動してます。時には行き過ぎた言動に見られるかもしれませんが、是々非々で意見を述べているに過ぎません。

    影で悪口を言うようなダサい真似はやめて、建設的な意見で一緒に協力してください。地元が立ち上がらない→よそ者が頑張る→頑張るよそ者を地元が叩く、っておかしな話。もう、しがらみ守って命守らずの姿勢に呆れてます。

    誰かに頼るのではなく、自分で自分の大切なものを守るために行動してください。

    8月ブルーが環境アセスに手を出しました。
    仁科町長は建設を止めれる唯一の条例を一年半過ぎた今も適用していません。
    この意味わかりますか? 一刻の猶予もないのです。

    +9
  7. 仁科町長は脅されているから条例適用なんて死んでも言えない立場に追い込まれている?
    疑惑を解明できるのか?
    静岡県警も県民の期待に応える実力のある組織かどうか試されていると言っても過言ではないと思いますが、

    +4
    1. 警察なんてあてになりませんよ。

      正義の皮を被った犬たち。やり方が汚い奴らの集団ですから。

      信頼してません。

      0
  8. 仁科町長は条例を適用すると何が不都合あるのでしょうか?
    法的に遡及適用にならないことは、私も知り合いの弁護士や国立大学の法学部教授に教えて頂きめしたが、最高裁の判例が示すとおり遡及適用にはならないことを教えて頂きました。
    また、その方は函南町の顧問弁護士である重光弁護士が「遡及適用になる」と助言する訳がありません。
    法律家として、恥であり、信用に関わるから、あり得ないと言っていました。
    函南町は、なぜ、そこまでして事業者に有利な主張を続けるのでしょう?
    どなたか書いていましたが、やっぱり業者と不都合な関係にあり、条例を適用出来ないんだろうなあ、、、
    と私も思います。

    +2
      1. 昨日(2月5日)
        仁科町長のスケジュール管理をしている函南町の企画財政課に、
         先月、町長との話し合いの場で、
         町長自ら周辺市町の首長のもとを
         窺い、意見を聞き町長の意見書に
         反映させる旨を説明されました。

         その件について尋ねると、
        ・沼津市長とは、来週中にお会いし
         意見を頂く予定で、それ以外の、
        ・伊豆の国市長
        ・熱海市長
        ・三島市長
        ・清水町長
        は既にお会いして、ご意見を頂いているとの説明を頂きました。

        各市町の長が、
        どの様なご意見を仁科町長にお伝えになったのか?
        また、それを受けて仁科町長は、
        どの様な内容の意見書を県に提出されるのか?
        とても楽しみです。
        期待しています。

        +4
  9. 谷下、桑原、町内のゴルフ場
    メガソーラー建設に向けて業者が暗躍している話も聞きました。

    +3
  10. メガソーラー事業者とは、
    昔は、サラ金で荒稼ぎした業者が社会から批判され衰退しました。
    今は、それに代わってメガソーラーで荒稼ぎしている悪質な業者が沢山います。
    国土が耳障りの良い再生可能エネルギーと言いながら住民を騙し開発に凌ぎを削っています。
    私達は、本来支払わなくてよい電気料金に上乗せされた資金を狙って乱開発している訳ですから。
    日本の国土はメガソーラーによりメチャクチャにされ、更に、災害まで発生させているのが実情です。
    こんなFIT制度は、早く止めて欲しいです。

    +4
  11. 「法的措置もやむなしなのか」と書かれています。
    また以前に質問した時も「既に業者は積んでいる」とのコメントをいただきました。

    実際にはどうなのでしょうか。法的措置で止められるなら、その旨を業者に伝えて、それでもやめなければ法的措置をすれば良いではないかと思ってしまいます。(それ以前に町長の条例適用すれば終了ですけどね)

    ただ、業者もそれを承知で進めています。彼らはメガソーラが実現できるという何らかの確信を持っているのではないでしょうか?それは何なのでしょう。

    +2
    1. 「考える会」の法的根拠は怪しいものです。だから同じことをずーっとやってるんですよ。
      トップが怪しい人ですしね。積んでいるのは「考える会」のほうです。

      僕は「守る会」を支持しています。「考える会」にはこの問題から引いてほしいです。
      森会長も辞任しました。Y会長も進退を「考え」てほしいです。

      +23
      1. 私達は考える会の方を信頼しています。今まで何もしてこなかった方が無責任な批判や誹謗中傷は止めてください。
        多分、この方は丹那の住民?
        疑わしいですね。
        多分推進派の嫌がらせだと思います。

        +4
  12. 「考える会」も「守る会」も、本当に何とかしようと皆のために活動していただいていると思っています。
    心から頭が下がります。
    いろいろとコメントしているかたも思いは同じだと思っています。
    少なくとも心はひとつにしたいと思います。

    私が書き込んだのは純粋な疑問です。
    ・業者は積んでいるのか、やはり抜け道があるのか?
    ・あるのならどのようにしたら止められるのか。(皆の力も重要でしょうがそういう抽象的な話ではなく具体的な方法として)
    ・(完全に)止められる方法が無くて、反対派(我々)が積んでいるのか
    ・業者は今の時点で着工できる根拠をどこに持っているのか(切り札みたいなものか?)

    不勉強でわかっていません。
    もしかしたら、あまり心配しなくて良いレベルなのか(油断はだめですが)、あるいは事態は逼迫しているのか。
    「なぜか」、「どうするか」、「どうなるか」、「だれが」がいろいろ書かれているのを読んでもストーレートではなく理解できないところがあります。(個人の理解力の問題かも知れません)

    +2
    1. 一住民 さま
      コメントありがとうございます。

      軽井沢メガソーラー建設を止める方法は、もう法的な手続きしか他に方法が無いと思います。

      理由は、
      ・軽井沢メガソーラー事業は、約100億
       円の事業であり、それにより2倍(200億円以上)儲かる事業ですから、
       今更、住民が反対と言ったところで
       止める気など微塵も無いと思いま
       す。
      ・一つの事実として、環境アセスに着
       手したことからも明らかだと思いま
       す。
       環境アセスをするためには、専門業
       者に委託する必要があり、約1億円の
       費用がかかります。
      ・その費用をかけたということは、何
       がなんでも建設するという意思表示
       だと思います。

      先日(2月10日)軽井沢地区の集会所で県の局長以下関係課長に来て頂き、様々な説明をして頂きました。

      環境アセス担当の責任者(課長)は、

      ・環境アセスで事業を止めることは
       不可能です。
      ・止めれる可能性はゼロです。

      と説明されました。

      環境アセスの条例で建設を止めさせることは不可能です。

      それでは、建設を止めさせる方法が他にあるのか?

      答えは、2つあると思います。

      1つ目は、
      林地開発の条件を厳格に運用することです。
      林地開発許可には、安全対策に万全を尽くすことが条件として付されています。
      建設現場は、
      ・砂防地と同等の危険性(土砂災害)があることは、県の公文書で明らかとなっています。
      ・更に、約2万4千トンの雨水を貯めるダム(調整池)の直下には活断層があることが、国土地理院の活断層地図で確認されています。
      ・現地確認された地質学者から
      「活断層の上に巨大な調整池を造る
       などあり得ないこと」

      等の評価が専門家からされています。

      その様な理由からも、
      もし、建設されると直下の住宅や丹那小学校や幼稚園は深刻な被害を受けるおそれがありますから、安全が証明できないなら「条件違反として」県には許可の取り消しを含め、厳正かつ厳格に指導するようお願いしています。

      2つ目は、
      函南町が一昨年10月1日に施行しました「略称「太陽光条例」」を適用すれば、建設を止めさせることが出来ます。
      それには課題があります。
      それは、仁科町長が同条例の適用を拒んでいるからです。

      条例の適用を拒んでいる町長らの理由は、
      ・遡及適用になる。
      ・後出しジャンケンになる。
      ・業者から訴えられる。
      と説明しています。

      ただ、この説明は、法的に間違いがあります。

      つまり、町長らが主張する
      「遡及適用」
      「後出しジャンケン」
      「訴えられる」
      との主張には、法的根拠がありません。

      同条例が適用出来る法的根拠は、
      ・東京国立マンション訴訟
       最高裁判判例
      ・関係法令では、事業着手とは、全
       て、工事着手と定義されています。
      ・全国の他市町とも、条例が施行する
       までに工事に着手していなければ条
       例を適用するとしています。

      以上のことは、何方でも、インターネットで検索が可能ですから、興味のある方は、是非、ご確認頂ければと思います。

      函南町の太陽光条例では、
      ・町内でメガソーラー事業をしようと
       するときは、
       「町長の同意を
         得なければならない。」
       と規定されています。
      ・しかし、建設予定地は条例で建設が
       出来ない「抑制区域」に指定されて
       います。

      なのに、町長は条例を適用しようとはしません。

      それについては、
      「広報かんなみ」
      「町のホームページ」
      で公表しています。

      何故、住民の命より事業者の利益を優先するのでしょうか?

      条例が適用出来ないとする理由は、
      ・ 一昨年の5月に事業者が出した
      パブリックコメントを町がその
      まま取り入れて条例を解釈して
      出来ないとしています。
      ・ それは、条例の解釈運用権を逸脱
      した違法な解釈と言わざるを得ま
      せん。

      私達は、
      1年半以上にわたり町長らに条例適用を求めましたが応じる考えは一切ありません。
      そのため、その誤った考えを正して頂くには、司法(裁判所)の力に頼るしか無いと考えています。

      私達は、好き好んで裁判などしたくはありません。
      しかし、
      どうしても住民の命や財産より事業者有利な取り計らいを続けるならやむを得ないと考えています。

      ご意見があれば、よろしくお願い致します。

      +3
      1. Y会長のご盟友のN議長は仁科町長が条例を適用できない理由について、どのように説明をしているのですか。

        それについて教えてください。

        +4
        1. 前に書いた「一住民」と今回書かれた「一住民」の方は、別の人間です。(前に書いた「一住民」)

          更に書き込みをしようとしたら同一名の方がいたのでびっくりですが、考えてみれば皆「一住民」ですね。

          そのため、今後私は「一住民のA」という名前で書き込みます。

          一部の方は、不快に思うかも知れませんが「煙の被害者」という名前でも書き込んでいました。

          0
  13. ほんとに酷い話ですよね。
    町長は条例を適用すべきです。
    町長は町民のことより事業者の利益が大事なのですか?
    考える会の皆様、これからも頑張ってください。

    +3
  14. 「一住民」あらため「一住民のA」です。
    「考える会」様。わかりやすい説明ありがとうございます。

    大筋は今まで自分が理解していた内容だったのですが、それだからこそ尚更今の業者の動きがわからないのです。

    法的措置を取れば、計画を断念せざるを得ないように見えますが、それでも大金をかけて進めているところです。
    彼らは、当然ここを読んでいますし、法的な部分は承知というか熟知の上で進めています。

    前にも書きましたが、これがなぜか?
    なにか、「絶対に着工できる」確信があるのでは無いでしょうか。
    そこを見落とすと拙いと思っています。

    +1
  15. Y会長 N議長は条例適用について賛成なのか? どう説明してるのか? 返事してくださいよ。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。