伊東市の「実質的勝訴」と函南町

静岡新聞(2021年5月2日版)

重要なのはメガソーガー事業者が撤退するか否か

この判決で「条例違反である」と認定されたことはとても重要であり、今後、経産省がFITの認定を取り消す場合の根拠となります。
中田次城(静岡県議会議員)

伊東市では、条例施行前に工事が開始していたか否かで行政と事業者の主張が割れていました。施行日前に工事着工であれば条例が適用できないからです。
今回の判決は条例が適用されていることを認めた上で条例違反が認定されるかたちとなりました。

同市で同規模のメガソーラーを計画していたブルーキャピタル社も条例の適用が大きなきっかけとなり撤退しています。
実際にFIT認定が取り消されなくともその可能性が高まれば事業者は撤退せざるを得ないのです。

環境アセスで事業は止まらない
しかし、その前に条例を適用すれば事業は止まる

函南町もまた「行政権の乱用」を心配し、それを理由に条例の適用を戸惑っています。
しかし、その心配が杞憂に過ぎないことがこの判決により証明されました。
あとは仁科町長が英断を下すだけです。

財産権より生存権の方が優先する

 

+3

「伊東市の「実質的勝訴」と函南町」への5件のフィードバック

  1. この頃はまだ何がなんでも条例適用を拒んでさえいれば住民は諦めると思ってたみたいですね.

    +1
  2. 皆さんがずっと言い続けてきた疑惑や裏が本当にあるなら町長の条例適用の判断の変更は絶対にない、いや、できないはずです。

    条例適用の行政義務付け訴訟をすれば、裁判所の裏付けのもと、強制的に条例適用させることができると聞いています。

    また、これらがわかっているなら、なぜ町長が条例適用の英断を下すのを待つ必要があるのですか?
    矛盾していませんか?

    函南町の為にも、町長の為にも、一刻も早い義務付け訴訟による条例適用の司法判断を突きつけて、裏付けのある形で条例適用すればメガソーラー建設をしっかり中止に追い込めるはずです。

    町長判断の変更を待つ意味がわかりません。
    別の目的や背景があるのですか?

    +4
  3. 私もかやくうどんさんと同じように考えています。

    町長が条例適用の判断するのであれば、もっと早い段階でどうにもならない状況がわかっていたので行っていたのではないでしょうか。

    ここで手をこまねいていては思いもよらない手を打ってくることも考えられます。
    何らかの方法で工事を着工させてそれに関わった人間は退職とか・・・。
    そんなことが可能かどうかもわかりませんが、諦めていないということはなにか手を考えているのではないでしょうか。

    手遅れになる前に、先に手を打つ時期だと思います。

    +4
    1. トーエネックには優秀な顧問弁護士が沢山います。
      それに加え親会社である中部電力本社には、更に優秀な顧問弁護士が沢山おられると思います。
      今後の展開について、先の先まで法的対応を熟慮検討されていると思います。
      しかし、この度の高裁判決には頭をかかえているものと思います。
      さあ、どの様な妙手を考えているのでしょうか?
      いずれ明らかになると思います。
      私は早く損切り判断、つまり事業撤退をした方が中部電力グループや株主にとっても良い結果になると思います。
      中部電力の良識ある判断を期待したいと思います。
      今年の株主総会でも問題になるでしょう。

      +1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。