川勝平太「メガソーラーが森を破壊する」

函南町においても、まちの人たちが反対に立ち上がっている。

きょうは中部地方の真ん中にいるが、たとえば東部の伊豆半島で伊東市の市民のみなさま方が、メガソーラー建設の反対に立ち上がった。
下田では、ものすごい大きなメガソーラーがつくられようとして、下田市民、近隣の人たちが反対に立ち上がった。

あるいは函南町においても、まちの人たちが反対に立ち上がっている。なぜか。

それは、メガソーラーが森を破壊するから。森を破壊すればどうなるか。川が汚れる。川が汚れるとどうなるか。漁場がやられる。森は海の恋人というのはその通りであって、森を壊してはならない、川を汚してはならない。

だから、東部から中部を流れる富士川、なぜサクラエビが、世界で唯一、美しいサクラエビを産する漁獲が減ったのか、それは富士川が汚れたから。
富士川の上流、支流で、採石等々をして、山を壊している。それが、なんと、凝集剤で、生命を破壊するようなものを使っていたということまで分かった。これが、海を汚し、川を汚す原因になっている。

2021年6月3日、静岡県知事選 川勝平太氏の第一声より。

知事選討論会レポート

+3

「川勝平太「メガソーラーが森を破壊する」」への1件のフィードバック

  1. 函南町軽井沢メガソーラーの最大の問題は、建設現場は、県のハザードマップが示すとおり、土石流危険渓流等に指定されるなど、地元住民の命の危険が深刻であることに加え、その被害は下流域にも甚大な被害が及ぶことは、過去の災害から明らかです。

    その危険性が、川勝知事は、どこまで深刻に理解されているのでしょうか?

    リニア問題と同じ姿勢で住民の不安に寄り添って頂けることを望んでいます。
    しかし、川勝知事の姿勢を見ていると「リニアばかり」多くの方々は、川勝知事の姿勢はダブルスタンダードだとの批判の声が高まりつつあります。

    誤解であるなら、川勝知事は自ら選挙を通じて説明してください。
    私自身、川勝知事に対する信頼感が揺らいでいます。

    岩井候補にも、伊豆半島のメガソーラー問題にお考えを聞きたいと思います。

    私達は、一部の県民だけでなく、静岡全体をしっかり視野に入れ、それぞれの地域が抱える問題を県民(住民)に寄り添い解決に尽力して欲しいと切望しています。

    全ての県民の命と生活を守るために、本当に「嘘偽りなく」取り組んで頂ける方に投票したいと思っています。

    有権者の多くは、相手候補の悪口は聞きたくないと思います。
    聞きたいことは、具体的に何をどの様にしていく考えなのかです。

    もっと、正々堂々と具体的な政策で闘ってください。

    +3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。