納得できない、事業者側に有利な条例の解釈

「止められるかどうかはわかりません」(仁科町長)

2019年9月19日、軽井沢区とダイヤランド区は、軽井沢メガソーラー計画について、事業者側に有利な条例の解釈を行う函南町に対し、条例の適用が「法的に難しいと判断」した、その根拠の説明を求めました。

この解釈が、とても弁護士(小川・重光法律事務所)と相談したものとは思えない私たちは、これが弁護士の見解かどうかの確認を何度もしましたが、一度も明確な回答は貰えず、町は即答を避け後日文書で回答するとのことです。

また、町は町の弁護士と私たちが面会する要望をも拒否。
その理由を「この弁護士は町が法的に訴えられたり法解釈をするようなときのためのも」と説明しました。
しかし、町を上げてこの計画に反対している現在、何ら利益相反していない事例でこの説明には納得がいきません。

広報かんなみ(令和元年9月号)

20190919質問及び要望書

法的根拠を示さず「条例適用できず」?

「納得できない、事業者側に有利な条例の解釈」への3件のフィードバック

  1. 町幹部らは、条例が適用できない理由として「後出しジャンケン」になるとの説明に議員の多くは、この「幼稚な理屈」にスッカリ洗脳され、適用できないものと信じ込んでいます。
    議員は、住民の税金で報酬を得て生活しているのですから、もう少し勉強して欲しいものです。
    軽井沢メガソーラーは1年以上も前から問題になっているのに、多くの議員は、何の問題意識も持たず、何もしてきませんでした。
    函南町のために何の貢献もしていないのに、政治家面だけは一人前、税金で飲み食いするだけの呑気な生活を楽しんでいるみたいですね。
    私欲を捨て、函南町民のために働く意思や志が無いなら政治家を辞めろ!
    口先だけの政治家にはウンザリ。

  2. 法的に適用は難しい
    と言っておきながら、その理由を説明できないって有り得ないでしょ。
    仁科町長おかしいよ
    住民を騙すつもりですか。

  3. 条例を適用したら何か不都合があるのですか?
    住民がこれだけ条例適用を求めているのに、なぜ、仁科町長は条例適用をしたくないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。