当ホームページに寄せられるコメントについて

当ホームページは基本的には個人のブログサイトです。
誰に頼まれたわけではなく、一個人が自分のお金でドメインを取得し、レンタルサーバーを契約し、そしてブログを運用しています。その一部は善意で地元自治会の情報を載せています。

さてそれを踏まえまして・・・。

最近、当ホームページに寄せられるコメントについて、「あれはまずいのではないか」「消した方がいいのではないか」といったアドバイスをいただくことが増えてきました。

私はインターネット上の民主主義。すなわち、誰もが自由に発言できる権利。
それを読む権利、読まない権利、無視する権利、反論する権利、同調する権利。
そういったものを大切にしたいと思います。

もちろん、個人的誹謗中傷は当然ながら削除いたします。
しかし、行政や公人に対する批判等に関しては、圧倒的に力の差のある一般庶民が権力を批判する唯一の手段とも言えるインターネット上の発言の自由を守りたいと思います。

私個人の意見と違うものであっても(実際、その方が多いのですが)できる限りそのコメントはそのまま残したい。
もし、自分と違う意見があるのならば、ぜひ反論していただきたい。もちろん、無視するのも自由です。

そんなわけで、あのコメントを消してくださいと、こっそり私に個人的に連絡してきてもそれにはお応えできません。
私はそういうところは意外と頑固なんです。

「ほんとうの調和というのは、お互いに意見をぶっつけ、フェアにぶつかりあうこと」(岡本太郎)

投稿者: 吉原

会長の吉原です。

「当ホームページに寄せられるコメントについて」への1件のフィードバック

  1. 町長や議員は、今の地位や立場があるのは、住民の信頼があればこそであり、その信頼は、今、失われつつあることを自覚すべきだと思います。

    権力者が権力に溺れ、自らの利益のために権力を濫用し、過去、どれ程の多くの権力者が汚職などで逮捕されたことか、、。
    今も後を絶たないのが現実です。

    その様な現実を踏まえ、権力者に権力を濫用させないために、行政機関は情報を原則、公開するよう定めた情報公開法や条例が作られ、行政の意思決定の過程がガラス張りになりました。

    しかし、函南町は、いまだに不都合な情報公開請求には、真っ黒に塗り潰した文書で住民に回答したり、文書の存在自体が無いなどと平気で嘘言ったり、隠蔽をしようとしている疑いがあります。

    また、権力者に対する批判の声ですら、素直に受け止めるどころか、様々な人を介して圧力をかけてくる始末です。

    権力者が法やルールを無視したり、住民の「言論の自由」に圧力をかけるやり方は中国や北朝鮮と同じだと思います。

    こんなことで函南町は発展するでしょうか?
    この機会に腐った権力者側のウミを出さない限り、函南町民は安心して暮らしていけなくなると思います。

    権力者達には、批判が事実無根だと言うなら、その説明責任を住民に果たして頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。