軽井沢メガソーラーの計画地そばで起きた土砂崩れ

赤丸内は、水を逃がす“はず”の排水パイプ

先日の台風19号で軽井沢メガソーラーの計画地のすぐ近くで土砂崩れが起きました。

現場のすぐ上には2017年2月から運転を開始したメガソーラーがあります。
地元の人の話では、何十年も何もなかった場所で土砂崩れしました。
皮肉にもそのメガソーラー自体は無事でした。

軽井沢の計画よりはるかに小さい規模のメガソーラーでもこれだけの影響があるのです。

「軽井沢メガソーラーの計画地そばで起きた土砂崩れ」への7件のフィードバック

  1. 町長や町議員の皆さん、それから役場の担当者の方々に、現地を視察していただきますようお願いいたします。

    今回のこと 私たち町民が主権者であるものの「手が出せない」状態になっています。本当におかしい。
    正しい判断をしていただくために、実際に何が起こっているのか視察をしてください。そして、視察をした上で「何を感じて」「どう判断するのか」町民に説明をしてください。お願いいたします。

    町長も、町議員の皆さんも、役場の担当者も、主権者である私たちから権限を託されて「仕事」としてやっているのですよ。その責任を果たしていただくことを切に願っています。

  2. ブルーキャピタル社が大人しくしているのは、町長が条例を適用しない姿勢を貫いているからでしょう。
    もし、条例を適用するとなればブルーキャピタル社は黙っていないでしょう。
    様々な利権や汚職が暴かれるかもしれませんね。
    町民の命より、そんなに利権が大事なのかと悲しくなります。
    将来、土石流や水害で住民の生命や財産が奪われたら、明らかに条例を適用しなかった町長をはじめ町の幹部職員、それに町の説明を盲目的に信じ、無責任な言動しかしなかった議員のことを記憶と記録に残して起きましょう。
    軽井沢メガソーラーにより災害被害が発生したり被害が拡大した場合、この方々に責任があることを。

  3. この土砂崩れは自然からの教訓ですね。
    仁科町長はどう思うのでしょうか?

    函南町ではメガソーラー、箱物、競争入札95.1% 全て事業者有利で進んでいます。

    町の発展は開発ありきではありません。

    別荘地には、日本全国の都心部や海外から移住する人が後を絶ちません。それはなぜか?
    自然が残されているからです。
    多少不便でも何もないのが魅力なんですよ。

    立派な建物が次々と建設される一方、
    待機児童は多い、道路もガタガタ。
    丹那はバスも通らず、簡易水道。
    税金の使われ方、優先順位が異常です。

    自然を守り、教育に力を入れ、若者がイノベーションを起こせる環境を作れば町は発展します。その事に早く気づいてください。

    都市部から移住しましたが、町民としてこの時代錯誤で中身のない政策が恥ずかしいです。今まで甘い蜜を吸ってきた、年寄りの議員とそれに迎合する議員が好き勝手やってきたのでしょうね。

    函南町の保育園は待機児童が多くても、幼稚園は定員に満たない。若者が定着しない町の未来はないと思います。

    学校の裏山にメガソーラーなど作れば、尚更過疎化が進みます。推進派には想像力がない人が多く残念です

  4. 函南町議会を支配しているのは昔から清風会です。
    小さな町でお山の大将気取り。
    函南町が発展しない理由はここにあります。
    住民のことより自分たちの利益を優先する人達ですから。

  5. 仁科町長、函南町の幹部の皆さん
    田代にあるメガソーラーが台風19号の豪雨で山林が崩落しましたよね。
    調整池は機能しなかったようですが、函南町として、今後、原因究明や再発防止のために具体的にどの様に指導するつもりですか?
    まさか、そこのオーナーが町の幹部職員だからといって、手心を加えることはないでしょうね。
    私達、函南町民は、見ていますよ!
    函南町の姿勢を

  6. S氏は、手入れしていない山より、調整池を作って管理した方が、よっぽど安全性が高まるって言ってませんでしたか?
    ご自分のメガソーラーの足元が崩れたことをどう言い訳するんですかね。
    自らの誤りを素直に認め、補強工事をどうするか、今後、第三者に被害が及んだら賠償するなどを説明し約束しないと、もうあなたの言葉を誰も信用しませんよ。

  7. これが軽井沢メガソーラーだったらと思うと、ゾッとします。
    仁科町長は建設を止めるアイデアが無いなら早く辞めてください。
    無責任な町長はいりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。