総務建設委、不同意の請願を不採択

2019年12月6日、軽井沢メガソーラーの問題を受け、函南町議会総務建設委員会は条例に基づく不同意を求める請願書について審議し、賛成少数で不採択とした。
同請願は11日の本会議で採択される。

伊豆日日新聞(2019年12月7日版)

土屋学議員
条例や文言の解釈というのは弁護士の仕事。私たち議員が出来る仕事は住民の声を町政にいかに届けるか。
台風19号で間宮、塚本など各地で生産者の人たちが浸水被害を受けて状況は大きく代わった。町全体の問題としてメガソーラー反対の声が広がってきた。
いま町民の声に応えるためにもひとつアクションを起こしておくべきだ。

植松敦史議員
古村議員が相談した横浜の弁護士は行政に関して見識の高い方だと他の弁護士からもお聞きした。
住民の人たちの条例を適用したいという気持ちはわかる。
しかし、恣意的に適用すると法治国家は成り立たなくなる。
私自身も民事裁判をやっている最中だが、勝訴敗訴の他にも和解という道もある。
裁判にはお金も掛かるし、絶対に勝てるとは言い切れない。

古村高議員
恣意的判断をしているのは町の方ではないのか?
多くの住民のが賛成する条例を適用すべきだ。

関連記事→ 変遷する「条例が適用できない理由」に隠された疑惑

賛成議員
・古村高
・土屋学
・田中正美

反対議員
・植松淳史
・岩城仁
・杉村清
・中野博

不可解な資料回収
委員会の冒頭では古村高議員の配布資料を受け取った議員と、そうでない議員が居たため「原則は議員全員平等」との理由で、その配布資料が回収されるという一幕があった。
しかしその理由であれば、なぜ委員長が議員全員に配布するよう命じることを選択しなかったのか疑問が残る。
各議員も今回の説明に必要と思われる情報を得ることに努力すべきであり、逆に奪われることに異議を唱えなかったことに強い憤りを禁じ得ない。

 

「総務建設委、不同意の請願を不採択」への22件のフィードバック

  1. 9月の一般質問で長澤務議員は以下のような発言をしています。

    「柿沢川には軽井沢地区から丹那に続くところに農業用の堰堤がございます。1つの調整池の水はその堰堤の上流部に入るというのは事前に聞いておるんですが、残りの2つについては堰堤よりも下流側の丹那地区のほうにいきなり入ってくるというふうに聞いているわけですが、大変土石流の心配も日本各所で実際に発生しているわけであります。この地区においても、先ほども申したとおり、急傾斜地が含まれます。ぜひ業者のほうから個別申請が出てきた場合には、十分な検討をしていただきたいというふうに思います。思いますというか、不同意ですので許可するはずがないというふうに私は思っておりますが、お願いをしたいところであります。」

    ここで「許可するはずがない」と述べていますが、県の森林開発許可が出ているものにそれに必要な工事を町の判断で止めることは大変難しいと考えられます。

    そこで必要になるのは条例で不同意しているという法的な根拠です。

    これに限らず、植松議員なども言う「これから様々な方法で計画を止める」にしても、その根拠となるのは条例での不同意です。

    前川建設経済部長も「条例で止まるのなら考える」と答弁していますが、確かに「条例だけ」では止まりません。
    止まらないからこそ訴えられる理由もないのです。

    それでも、条例で不同意の意志を示すことにより、そこから様々な施策を講じることができるのです。

    1. みなさん、町の巧みな話術に騙されています。
      町が「不同意」を県に伝えたのは、森林法による町長の回答期限が過ぎた後に、

      土地利用対策部会では、不同意と決定しましたので報告します。
      と報告しただけです。

      森林法に基づく町長から県への回答は、
      慎重審議
      です。(紙切れ一枚送っただけ。)

      如何に、町長が軽井沢メガソーラー建設を止める気がないか、よく分かります。

  2. 例規委員会で潰された幻の条例案4なら条例適用して止められるが、決定過程を疑問視していて、止められないという現行条例の5案の適用を求める請願は矛盾があるとの話もあったようですが、これで適用できるなら4案でなくても構わないことになります。
    確かにそうであるなら考えなければいけませんね。

    1. できの悪い5案でも、なんの問題もなく、条例は適用できます。

      ただ、町が屁理屈を並べる今回の様なことを考えるなら、元の方が、その様な屁理屈が入る余地が無かったかも、、、

      しかし、推進派は、日本語の文章にならない屁理屈をこじつけるかも知れませんね。

      まるで、どこかの国の言い掛りと同じような気がします。

  3. 岩城仁議員は前回の請願の際は「賛成」をしていたと記憶しています。
    なぜこの短期間の間に翻意されたのか、その理由はなんなのか、非常に気になります。

  4. 植松議員が委員会で行った発言が気になります。
    ・ 法治国家の意味が分っているので
    しょうか?
    ・ 恣意的適用だと、根拠があっての
    発言?
    ・ 植松議員は知り合いの弁護士に頼ん
    で古村議員が相談した弁護士にどの
    様な相談を受けたのか聞かれたので
    しょうか?
    それって、弁護士法違反ですが、、
    ・ それに、委員会が一旦終り、休憩中
    に議員が、傍聴人同士で話していた
    会話に腹を立て因縁をつけ、恫喝す
    る行為は許されるのでしょうか?

    しかし、良いこともありました。

    議員の発言を聴いていて、
    どの議員が住民のために責任を果たしているのか、そうでないのか、よく分かりました。

    私達住民(有権者)は、住民の命や財産を守るため頑張っている議員を応援します。
    そうでない議員には、早く辞めて頂きたいですね。皆で、函南町を良くしましょう。

    1. 傍聴者同士の会話?
      大きな声の捨て台詞が、ドアが開いてた外まで筒抜け。
      挑発されてアツくなる議員も議員だが、役場の職員は全てわかってますよ。
      本当の事を、、

      1. 私、知り合いから委員会が終わった後の状況を録音していた方が居たみたいで、そのときの様子がよく分かりました。
        傍聴人が、岩城議員に請願に反対した件について、住民に説明責任を果たせ、と厳しく批判された状況。

        植松議員が、いきなり、
        「三流弁護士とはなんだ!」
        と傍聴人に食って掛かっている状況

        よく分かりました。

        また、議会事務局長の対応状況も一部始終、聞かせて頂きました。

        議員が傍聴人の会話に因縁をつけ、傍聴人である住民に罵声を浴びせるのはどうかと思います。

        会話が録音されていたから、言い訳はできませんよ。反省しなさい。

          1. 隠し撮りしてるのがわからないのですかね。
            録音がダメだってわかってるからしないだろうと言うことで脇が甘いのか?
            証拠としての録音は当然のことなのですよ。
            録音がダメだとわかっているから隠し撮りするんで、見事にハマる奴が悪い。
            でもさあ、録音しちゃいけないなんて言われても守る奴なんていないだろうのもわからないのかね?
            我々は正しいことをしているんですから、それを止めることはできないのだよ。

          2. 私も気になります。
            真実を知りたい。
            住民に恫喝する議員ってあり得ないと思います。
            これって有耶無耶にしていいのでしょうか?
            議長も委員会の委員長もその場に居たみたいでから、知らないでは済みませんよね。
            有権者は本当のことを知りたいです。
            住民に説明責任を果たしてください。
            もし、真実なら、そんな議員は許せません。

        1. 「三流弁護士」と聞こえるように言って、見事に怒って住民に楯突く証拠の隠し撮りに成功。
          ナイスです。

          引っ掛かる奴が悪いが、これも請願に反対したからだよ。

  5. 軽井沢メガソーラー建設は、反対だ。
    でも止める方法が無い。

    条例適用出来ないとする町長や一部の議員は、じゃあ、どうやって止めるのか?

    その答もなく、
    ただ、反対だ! 条例適用は出来ない!

    その姿勢は、世間では「無責任」という。
    本当に建設を止めなければ住民被害を防げないと考えているなら、評論家気取りの安っぽい議論をしていないで、法律の専門家や住民と一緒に議論すればいいだろう!

    まあ、反対を装っているだけの議員は、その様ことはしたくないから、反対するだろうけど、住民は見ているよ。

    そんな議員一人一人の言動を

  6. 岩城議員は9月議会の際は、請願の紹介議員となり、町長に軽井沢メガソーラー建設に条例適用を求めておきながら、12月議会の委員会では、まさかの条例適用を反対しました。

    まさに、住民の信頼や期待を裏切る行為を行いました。

    なぜ、前回、賛成しておきながら、反対をするようになったのか、その説明責任を果たすよう、厳しく迫られると、
    岩城議員は、
    ⚫️ 前は条例適用を全部求めたけど、
    ⚫️ 今回は一部だから、、、
    と、
    意味不明な理由を言っていたことを聞いています。

    この方は、委員会の数日前から、この度の請願には反対するとの噂があり、それを知った方々が岩城議員に確認すると、

    ⚫️ 軽井沢区長達が挨拶に来ないから、、

    えっ、、そんな理由で、、?

    と、その方々が驚いた話を聞きました。

    その後、
    岩城議員のところに、軽井沢区長が自ら訪問し、挨拶に伺わなかったことを謝罪するとともに、請願に賛成してください。
    とお願したと聞きました。

    そんなことがあっての、この仕打ちです。

    私は、つくづく、議員とは、そんなに偉いのか? と、

    選挙のときは、あれほど、住民の声を町に届けますなどと、ニコニコして住民に投票を求めておきながら、当選して議員になると、この始末です。

    最低の議員だと思います。
    もう誰も信頼も信用もしていません。
    まさに住民の裏切りものです。

    軽井沢区長に謝罪すべきです。
    それも出来ないなら、人として人格を疑います。

    様々な方々から、岩城議員は清風会の一員であり、清風会から請願に反対するよう圧力があったとの情報もあります。

    それが事実なら、正直に、地元有権者に真実を伝え、謝罪するのが、人の道であり、議員としての責任ではないでしょうか?

    誰でも間違いを犯すことはあります。
    大事なことは、その間違いを素直に認め、謝るべきは謝り、正すべきは正す。

    それが出来ないようなら、岩城という人物は、そういう方だとなるでしょうね。

  7. 函南町が条例適用出来ないとする理由を整理すると次の2点に集約されます。

    1 軽井沢メガソーラーに条例適用する
    と不遡及の原則に反する。

    2 条例を適用すると業者から訴えられ
    る可能性がある。
    ※ 東京都国立市マンション訴訟で
    市が訴えられ負けている。

    1点目について
    条例は「遡及適用」出来ないとする
    理由や根拠として、函南町は、
    「東京都国立市マンション訴訟」
    を挙げています。

    この裁判は、
    マンション建設工事に着手した後に国立市の条例が施行されており、その建設を規制することは遡及適用になるとの事例です。
    裁判で示されたのは、
    【不遡及の原則】
    ・ 一般に法令の改正等で新たな規制が
    決められる場合、その規制は工事中
    (着工済み)の建築物には適用されな
    い。
    ・ 建築確認後であっても、工事に着手
    する前に新たな規制が定められた場
    合は、これに従わなければならな
    い。

    この裁判では、
    ・ 工事の着手がいつか、という点が
    争点になっていました。
    ・ この部分の解釈は建設省が判断基準
    をだしており、判例でも確定したた
    め、現在は「根切り工事」が工事着
    手とする解釈が定着しています。

    ※ 詳しくは、インターネットで
    【東京都国立市マンション訴訟】
    を検索すると、ご覧頂けます。

    2点目の説明
    函南町が、業者から訴えられる理由
    も根拠もありません。
    その主な理由は、
    ・ 条例は適法に制定し施行している。
    ・ 条例の適用に違法性が無い。
    ※ 条例第10条
    抑制区域内の事業計画には町長は
    同意しないものとする。
    と条例で規定されているので、
    不同意の意思決定に違法性は無
    い。
    ・ 業者が先行投資をした損害は自己
    判断に基づくもので、自己責任で
    ある。
    ※ ただし、函南町が業者と密約など
    不正なことをしていたのであれ
    ば、その方々は訴えられる可能性
    はあります。(犯罪の可能性も)

    函南町は、条例を制定する前から、
    ・ 条例はブルー社には適用できない。
    ・ 遡及適用になる。
    ・ 業者から損害賠償で訴えられる。
    など、、

    まるで業者の代理人かの様な説明や根拠の無い言い訳のような理由ばかり。

    そこには、
    住民の命や財産を守る言葉は無く、
    あまりにも業者の利益を優先し、住民に不利な条例の解釈しています。

    条例を適正に適用しようとしない、その偏った姿勢こそが、行政権の濫用、いやそれ以上の行為ではないかと思います。

    いったい、住民の命や声を無視してまで、なぜ、業者を守ろうとするのでしょう。その動機は何なのでしょう❓

    他の市町では汚職で逮捕されるなど、住民を裏切る事例が、度々、マスコミ報道されていますが、函南町は大丈夫なのか、、、
    いずれ、真相が明らかになると思います。

  8. 岩城議員の寝返りは、丹那の住民にとって許しがたいことです。
    清●会がそんなに怖いですか?
    住民の声を無視した結果の方が、よほど恐ろしいことになるとの理解はないのでしょうか?
    目を覚ましてください。
    まだ間に合います。
    どうか懸命なご判断を。

  9. 岩城議員が住民を裏切る!
    植松議員が傍聴人の言葉に腹を立て
    恫喝!

    傍聴人は住民です。
    有権者です。
    会社で言えば株主です。

    気に入らない言葉を耳にしたからといって、いちいち傍聴人に食って掛かっているのは議員として、それで良いとでも?

    うやむやにしてはいけない問題だと思います。

    植松さんは、議員になって自惚れているのですか?
    ガッカリしました。
    もう二度と投票したくありません。

    住民の信頼や期待に応えられないなら早く辞めなさい。あなた達の代わりは他にいますから。

  10. 自分が怪我をしないよう若い議員を使い、自分は何もわからぬふりをしてただ町長に忖度する老人議員たち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。