細野豪志「そろそろ行政プロセスの勝負」

県がきちんと見解を出してくれれば、農水省林野庁や資源エネルギー庁への働きかけの準備はできている。

(FMみしま・かんなみボイスキュー「宝島大作戦!」2021年5月28日放送より)

細野
それでさっきの話に戻るんですけども、さっき近藤さんがご説明いただいたとおり、もう林地開発許可が出ちゃってるんですよね。これはちょっと異例で普通はアセス(環境評価)をやって、アセスが終わってから林地開発許可が下りるんですけども、元々のルールとか計画に齟齬があったりして先に林地開発許可が出ちゃってる。
それでアセスでその林地開発許可時のプロセスがおかしいんじゃないかとかですね、十分なアセスが出来ていないんじゃないかということで今いろんな意見が出ているんですね。
それでおそらく・・・。難波さんとはこの話を何度もしているので予測できるんですけども、林地開発許可は簡単にはひっくり返せないと言ったでしょう?

近藤
ええ。

細野
その上で、伊東市の方でメガソーラーの計画があってですね、それが止まったんですね。そのやり方が河川の開発許可をしないと。河川をしっかりなんらかの加工を加えないとできないということだとすると、それを止めるというのをおそらく県として考え出しているんだと思うんですよ。
私はもう難波さんとは何度も部屋で1時間ぐらいやり取りをしたので彼が考えていることはおおよそ分かるんですけども。
それで、私が聞きたいのは感触はどうでしたか?やりそうでしたか?

近藤
河川の方ですか?

細野
いや、副知事として、まぁ、副知事がキーパーソンであることは間違いないから。
ようするにもう、なかなか(函南町の)条例適用というのが今のところ函南町の見解では難しいので、静岡県がやるしかないんですよね。それで副知事の感触はどうだったかなと思って。

近藤
ストレートに言いますと、副知事さんは伊東市の判例のことを出してきまして、函南町もできることはあるよねっていう中で、どちらにしても危険性を積み上げて町の住民の反対意見を積み上げていく、その先に道が見えてくるんだということを強く仰ってましたね。
それから、町にしろ県にしろ、働き掛けるにはもっと地元の声をという気持ちが伝わってきました。

細野
う〜ん、でももう地元の声は十分、アセス意見書で上げていただいているので、私はもうそろそろ行政プロセスの勝負になってきていると思ってまして、こうなると政治家の出番なんですね。
ですから、私はもう明確に自分の意見は表明しているし、県にも国にも言っているので。
県がある程度きちっと見解を出してくれれば、それを持って林地開発許可を担当している農水省林野庁であるとか、あとは資源エネルギー庁ですね、再生可能エネルギーという意味では、そこに働きがけをするもう準備だけははできているので、県がしっかり見解を出してくれるのを今、待ってる状況なんですよね。

細野豪志議員からのメッセージ

近藤
そうですね、もうじきに県知事さんの意見が出ますので、それで来月には第三回めのアセス審査会もありますので、また私、傍聴に行って注目して聞こうと思っています。

細野
アセスの審査会ね。
それで、アセスの審査会では計画は止まらないんですよ。だから森林審議会という林地開発許可に関する審議会があるので、そこに持って行ければ展望が見えてくると思うんですよね。

丹那の自然と生命を守る会

細野豪志氏からのメッセージ2

+7

「細野豪志「そろそろ行政プロセスの勝負」」への9件のフィードバック

  1. 細野さんは、軽井沢メガソーラーは、河川不許可で止まる?
    との考えですか。
    森林法による森林審議会で止める?
    それで農水省や資源エネルギー庁に行く?
    どちらで止めるのか意味がよく分かりません。
    もう少し詳しく教えてください。

    +1
  2. 何度も聞き直しましたが、細野議員の話は支離滅裂では?
    意味が理解できません。
    林地開発許可を取り消させる方向で動かれてる?
    それとも河川の許可、これは町長の権限では?
    細野さん、やっぱりあなた方言っている意味、分かりません。
    どちらなんですか?
    友達の間で話題になっています。

    +2
  3. 細野議員がFMボイスキュウの番組内で話された説明に関して、私の方にも、意味が分からない旨のお問い合わせを複数の方から頂きました。
    正直、私も細野議員が説明された意味が理解出来ませんでしたので、無責任な説明をする訳にもいかず、その方達には、
    ・ 番組内の限られた短い時間の中で
      の説明ですから十分な説明が出来
      なかったのではないかと思いま
      す。
    ・ 細野議員に補足説明をして頂けな
      いかお願いしてみます。
    等の説明させて頂きました。

    昨日、細野議員の事務所に電話をし、
    ・ 番組内の発言に疑問を抱かれてい
      る方が私を含めおられます。
    ・ 補足の説明をして頂けると助かり
      ます。
    と秘書の方にお伝え致しました。
    秘書の方は、
    快く、細野議員に伝える旨の返答を頂いております。
    補足説明を頂き次第、皆様方には、このダイヤランドニュース等によりお伝えさせて頂きたいと思っています。
    よろしくお願い致します。

    +2
  4. 最近、また数名の方から私にご質問を頂きましたが細野議員からまだ回答を頂いておりませんので、皆様方にお伝えできない状況です。
    私なりに調べたことをお伝え致します。
    ・ 森林審議会とは、
    森林法に基づき知事
    の諮問機関として設
    置されるも
    のです。
    ・ そこで、諮問機関に権限があるのかが
    問題となります。
    諮問機関は、知事の諮問に応じ意見
    (答申)を行いますが、知事はその
    意見に拘束されません。
    つまり、諮問機関の意見とはいえ、
    それは参考意見でしかありません。
    ・ この様な理由から、細野議員が説明
    された「森林審議会に持って行けば展
    望が開ける」とのことですが、、
    私には、
    それ以上の意味が分かりません。
    細野議員から回答があり次第ダイヤランドニュースでお伝えしますので、もう暫くお待ちください。
    よろしくお願い致します。

    +2
      1. 匿名さま

        回答ありましたか?

        の質問にお答え致します。
        残念ながら、まだ、ありません。
        昨日(6/11)細野議員の秘書に電話でお返事頂けるようお願いしておきました。

        +2
  5. 細野豪志衆議院議員と山口雅之函南町メガソーラーを考える会代表とでオンライン討論会をしてはどうか。書面ではなく直接議論のほうが有意義だ。司会者は両人をよく知る塩崎敬子氏がしたらいい。塩崎氏は県議会議員選挙の候補者であり当時細野氏が推薦者であったと記憶している。考える会としても活躍し町役場の会合出席も新聞等で見た。また丹那で無理な頼み事もしていると聞く。こういう時に役目を果たすべきだろう。細野氏も県知事選挙の間は街頭演説もできず暇だとTWITTERでつぶやいたのを見た。やるなら今だろう。オンラインなら会場費も不要だ。両人をよく知る塩崎氏が調整役となればすぐ実現するのではないか。県の何をどうすればいいのかがわかれば県知事選の候補者を選ぶ材料にもなる。すぐに調整して実現してほしい。

    +8
    1. 匿名さま

      コメントありがとう御座います。

      細野議員には、今まで数時間にわたり複数回、軽井沢メガソーラー建設の危険性を裏付ける客観的資料をはじめ、建設を阻止することが出来る方法やその法的根拠(判例含む。)などについて詳しく説明させて頂いております。

      細野議員は、お忙しく直接お伝え出来ない情報などは、適時、細野議員の秘書に電話や資料の提供などにより行っていますので、必ずしもZOOM会議が不可欠と思いませんが、その話し合いを皆様方にもご覧頂けるという意味では、意義があると思います。

      ZOOM会議により、皆様方に問題の本質を正確にご理解頂けるのではないかと思います。

      細野議員さえ良ければ、私はいつでもZOOM会議に参加させて頂きますので、よろしくお願い致します。

      余談ですが、静岡県知事選挙が終わり新しい知事が誕生したら、是非、知事とお話できる機会があればと思っています。
      ただ、県幹部が、林地開発許可の審査ミスの一部を、先日、私達との話し合いの場でようやく認めましたが、私達が知事に会うことを県幹部らは阻んでいるという情報も得ております。

      県幹部の責任問題と住民の命、どちらが大事なのでしょうか?

      言わずもがな話ですよね。

      +3
      1. 細野豪志は山口さんに論破されるのを恐れて逃げているのでしょうか。丹那の会のラジオで話していたことよくわからかったので、山口さんボイスキュウのゲストになってはいかがですか。細野さんに必ず会えますよね。近藤さんが出演できて山口さんが出演できない理由はないと思います。潮崎さんと近藤さんと山口さんの3名で出演してはどうですか。

        0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。