軽井沢区が請願書を提出

2019年7月31日、軽井沢区はメガソーラー建設に関する請願書を函南町議会に提出しました。

・軽井沢メガソーラー建設計画に対して、議会で反対決議をしてください。
・住民の不安を一日でも早く払拭するために、函南町議会として「函南町自然環境等と再生エネルギー発電事業との調和に関する条例」施行と同時に株式会社トーエネックに適用するように町長に要請してください。

 


函南町役場には、この提出を支持する応援者が約50名集まりました。

20190731軽井沢請願書

函南メガソーラー「反対姿勢 明確に」

「軽井沢区が請願書を提出」への2件のフィードバック

  1. 65haの敷地には18ホールのゴルフ場が3ヵ所が出来る広さです。
    その面積にガラス張りをしたならばどの様になるのか想像がつかないです。
    3ヵ所のゴルフ場を作ると言ったならば反対しませんか。
    河川の下流の町に危険を及ぼす事はまちがいありません。

  2. 情報公開請求により函南町から頂いた資料を詳細に分析した結果、

    函南町の新規条例の適用対象は、

    ○ 株式会社トーエネックではなく、ブルーキャピタルマネージメント社であることを確認しました。

    ○ ただし、表に出ない企業間の契約内容によってはトーエネックである可能性もありえます。

    ○ したがって新規条例の適用対象はブルーキャピタルとトーエネック双方に届け出を求める必要があります。

    ○ 仁科町長も先日、新規条例の適用対象はトーエネックと話されていましたので、適用対象を双方に行うよう、月曜日にお伝えしようと思います。

    軽井沢メガソーラー建設計画を中止させるには、当然、住民パワーが大切ですが、その前提は、仁科町長が条例が施行する10月1日にブルーキャピタルマネージメント社に条例に基づく届出を求めることが不可欠です。

    先日、仁科町長に陳情に行った際、
    町長から、「届出は求める。」とはっきり明言されましたので、仁科町長は有言実行されることを信じます。

    住民の命を守るため、必ず、実行してください。よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。